『ピアノの森 -The perfect world of KAI-』テレビアニメ好評放送中!

ピアノの森・マリア改



『ピアノの森 -The perfect world of KAI-』
NHKにてテレビアニメ好評放送中!
アニメーション制作は、
『新世紀エヴァンゲリヲン』で有名なガイナックス
最近、『龍の歯医者』を制作していたな…
あれは『ナウシカ』を思わせる良作だった
ただ、残念ながら
記事にする前に終わってしまったけど…




『ピアノの森 -The perfect world of KAI-』は、
一色まことによる日本の青年漫画。

町外れの「ピアノの森」で育った少年カイの物語。
はじめは楽譜すら読めないカイが周囲を取り巻く人々により
ピアニストとしての才能を開花させていく過程を描いている。

2007年にアニメーション映画化された。

(関連記事引用)


修平と再会した海(マリア)のイメージ
バックは森のピアノ
ちなみに海は男性である
よく女性と間違われるらしいけど、私も一時そう思って
観ていた
アニメで海の奏でるピアノを弾いているのは
誰なのだろう…
あれが原作での海のピアノなのかはわからないけど
流れと雰囲気で私にもそう感じられた

ウチにはピアノがないので本当の絵が描けないのが
残念だ

今回のイラストは
普段の海ではなく、変装した海である
最初は修平とセットで描く予定だったけど
ピアノを弾く人物画はピアノが大きすぎて
人物が見えないほど小さくなってしまう
ピアノのない絵って『ピアノの森』ちゃうわな

型破りのピアニストといえば
『のだめカンタービレ』とか
樹崎先生の読み切り『ff(フォルテシモ)』を思い出す
天才とは誰にもできないことを
無意識のうちにやってる的なイメージがある
海の超天才ぶりは標準的な天才である修平の存在があるから
わかりやすい
それを認める者が規則やらなんやらに縛られて
本当にいいもの、音楽のよさを主張することができない
当たり前の世界…不思議なお話だ
わかる人にはわかる…
私はわからない方なので

原作を知らないのであまり云えないけど、
子供時代が、あっという間に終わってしまった、的な
私としては、人生にとって
一番大事なところが省かれてさみしい気がする
料理は食べるコトが大事
けれど、
完成するまでの経過も面白いのではないだろうか…
いきなり大人になる意味がわからない

というわけで、
次は誰にでもわかる“便所姫”のイラストだな!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数