『宇宙戦艦ティラミス』テレビアニメ好評放送中!

宇宙戦艦ティラミス改


     人々が生活領域と欲望を宇宙まで拡大させ、

     やがて宇宙へと移り住むようになってから、

     人類は地球を脅かす存在へと変貌していった。


     宇宙暦0156年。地球連邦政府が祖母星

     グランマーズから「4th note」を受けたその時、

     宇宙移民との抗争が本格化する。


     メトゥスの民を名乗る宇宙移民達の脅威の前に、

     地球連邦議会は「4th note」のデータを基に

     極秘裏に兵器を建造する。


     一人の天才パイロット『スバル・イチノセ』と

     彼の専用機『デュランダル』を乗せた『ティラ

     ミス』は人類の希望の方舟となりうるのか……


   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『宇宙戦艦ティラミス』テレビアニメ好評放送中!
と云うコトで描いてみた…
宇宙、ナメんなよ!




『宇宙戦艦ティラミス』は、
原作:宮川サトシ、作画:伊藤亰による日本の漫画作品。
本作は「人類が宇宙へ進出した時代、
二国家間で宇宙戦争が繰り広げられている」
という設定や硬派な絵柄からシリアスなSF作品に見えるが、
実際は戦闘ロボットのエースパイロット主人公
スバル・イチノセと仲間・敵対人物たちの奇行や
日常を描いたギャグ漫画である。

(関連記事引用)


『機動戦士ガン○ム』やないで!
なんかわかる!
『銀魂』より、少し高度なギャグ漫画
なにより、キモイキャラがおらん
つーか、まださわりしか知らんので
深く語るコトができん
ただ、スバルがまっすぐな人間で、
ロボットが出る、基本、戦闘漫画なのだが
そんなコトカンケーねーほどわかりやすい

私の絵ではスバルが裸で、
うしろのメカ(“ガン○ム”ではない)に
搭乗している…そんな姿でか!?…的なお話なので、
視聴するときは、覚悟してほしい

ちなみに、アニメ版第1話では、
スバルが、その一糸まとわぬ美しい体を全国、いや、
全宇宙(?)に晒している…

出撃前のわずかな時間に
コックピットで串カツを食する変態癖のある彼は、
最初から宇宙服なんて着る必要があったのかい?
戦闘中のコックピットで着用していた
お気に入りのシャツをやぶりすてた心境は…


なにより、ナレーションが大物声優である
大塚明夫さん…というのが
ある意味ありえなくて、アニメならでの
ギャグを演出している

『宇宙戦艦ティラミス』め!
串カツ、食べたくなった…
と思わせる作品じゃろーが!


最後に、
伊藤先生ごめんなさい~
デュランダルのカラーリングを某人気ロボットの
配色にしてしまった~って
胸を青に、胴とつま先を赤にしただけやけどね…

とにかく、
アホ過ぎて…
スバルに惚れてしまった

一番大事な(?)ティラミス描けんかったな
え?
ティラミスって何かって?
スイーツ…もとい、地球連邦軍の戦艦だな

映画『ス○ーウォーズ』のような出だしで
始まったこのお話…最初のテロップは
早すぎて読むコトができんかった
今回イラストに添えた文字はそれである
3秒間で、このメッセージは消滅するので、
特に読ませる気はないようだ
というか、本編とはなんのカンケーもない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数