FC2ブログ

『妖怪人間ベム』誕生50周年!「早く、人間になりた…~い…!」

階段を這う手首改

     「この女は少々痛めつけてやらないとね」

        「人間を殺してはイケない」


誕生50周年!
と云うコトで、放送されている『妖怪人間ベム』




誕生50周年を迎える名作ホラーアニメ『妖怪人間ベム』が
リブート! 「妖怪人間ベム50周年プロジェクト」
『鷹の爪団』『貝社員』でおなじみのDLE が手がける
新作ショートアニメ『妖怪人間ベム』も枠内で放送中!

『妖怪人間ベム』は、1968年10月7日から1969年3月31日まで
フジテレビ系列にて放送されたテレビアニメ。全26話。

ベム
声 - 小林清志
50歳くらいの男性の姿を仮の身体とした妖怪人間。
3体の妖怪人間の中では一番年長者で、強い正義心と力、
深い洞察力を持つ。正しい人間を守り、
人間社会に尽くすことが自分たちが人間になれる
唯一の道であると信じている。

ベラ
声 - 森ひろ子
27~28歳くらいの女性の姿を仮の身体とした妖怪人間。
強気で短気だが、情にもろく、面倒見が良い。

ベロ
声 - 清水マリ
主人公。8歳くらいの男児の姿を仮の身体とした妖怪人間。
好奇心旺盛で遊び好きな、どこにでもいる子供である。
それだけに友達が欲しく、一番人間になりたがっている。


(関連記事引用)



イラストは、第2話「階段を這う手首」より
3人の妖怪人間と、ゲストキャラ(名前はない)
左上がベラ、その下がベロ、右がベムのイメージ
いずれも真の姿

「階段を這う手首」は放送当時、あまりに
怖くて話題になったらしい…
まあ、どの回も怖いのではあるけど…

廊下のほうから物音がして、様子を見に行く女性
燭台のローソクに火を灯し音のした方向を探る
階段のほうに気配を感じて、そちらを照らすと
そこには…

ぎゃあああああああああああああ!!!!!
妖怪人間、怖ぇ~!!


元々、悪いのは人間のほうなのだけど
ここまでやると、どっちが悪者なのかわからなくなる
結局、見た目で判断している自分が情けない
ちなみに、私の姿は一般の方が“妖怪人間”と
呼んでもおかしくないレベル(?)である

で、お話に戻るのだけど、この奥様、
なんたって我が子を殺そうとした
血も涙もない人間だからな…
それでも、人間の味方をしたくなるなんて!
私は自称“妖怪人間”…!人間から見ると
それ以下の存在なのだけど、
すべての種族に、それぞれ愛するべき者がいて
それぞれの主張があり、万物はその連鎖の中で
生きている…

なんか親近感をおぼえるベムたち…
善行(人間を助ける行為)を繰り返していると、
いつかは人間になれる…
毎回、そんな感じで強きをくじき弱きを助けている
わけなんだけど、ベムに対する
「なんのためにそこまでする必要があるんだい?」
というベラのセリフは視聴者のためのものだな
死んだら人間にはなれんよ…


同じ枠内で放送されている新作アニメ
DLEの『妖怪人間ベム』も面白い!

ベムのキャラちゃうやろ!!なんでギャグアニメやねん!?
最初はそう思っていた私も
そのギャップにハマってしまった…
恐るべしDLE!


私も以前は
「早く、人間になりた…~い…!」
なんて思っていたけど、
このままでいたほうが幸せだと気づいたので…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数