『りゅうおうのおしごと!』テレビアニメ好評放送中!あいと銀子

りゅうおうのおしごと改

         「牙の鋭いほうが勝つ!」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『りゅうおうのおしごと!』テレビアニメ好評放送中!
最近、ブームなのだろうか?
私の好きな将棋が流行っているようだ…




『りゅうおうのおしごと!』は、
白鳥士郎による日本のライトノベル。
イラストはしらびが担当している。
GA文庫(SBクリエイティブ)より
2015年9月から刊行されている。

(関連記事引用)


イラストは、小学生のあいと銀子の対局シーンのイメージ
あいは前傾姿勢だな…
まあ、小さいからしょうがないか
天井にカメラがあって、その中継は控え室で見れる
盤に後頭部の映る棋士もいたっけ…

座布団の位置は自由に動かせるので座る場所は
決められていない…(競技かるたと違う)
とはいえ、あまり盤から離れていると、
敵陣にいる駒まで手が届かない
持ち時間の少ない棋戦(NHK杯など)では
見ているほうがドキドキする
私の知るところ、切れ負けしたプロの方は1名…
滅多にないと云うコトだ
駒台の駒を取って、盤上に指す時に駒が盤から
滑り落ちた棋士も知っているけど
あの時は
(なんで、そんなぎりぎりで指すの?)
なんて思った

プロの棋士の方で、
盤から思い切り離れて指す棋士が
イラストのあいより遠いところに座布団を敷く、
逆に近い棋士は銀子くらいの位置

それと、体でリズムを取る棋士の方
私も将棋を指す時は、首を上下に小刻みに動かす
羽生さんとかも、されている(無意識のうちに?)
それでも、対局中に喋る方はいない
場合によっては、失格、反則、とみなされるから…
ぼやき「あっ」「しまった」「あ~あ」「まずいか」
程度なら、相手の邪魔にはならない…というか
まるで問題ない
意識して対局相手に話しかけるのは反則…
歩夢!リアルなら退場や!(実は心の声なのか?
声に出てるぞ!夢想癖…お前は五代クンか!?)


勝つか負けるか、引き分けはない将棋
その例外である千日手や、長手数での
引き分けの場合、後日、先後逆で指しなおしがある


今回のイラストの盤と駒台、駒は
私の部屋にあるものを参考にした
いちおう栢の○寸盤である(6寸盤に描いてしまった…)

道具がいいと、いい結果が出せる…
ような気がするのは私だけなのだろうか?






おまけのひと言…

イラストに添えたセリフは
『キリングバイツ』のラーテルのものなので…
(ある意味、すべての競技において云えるコト)
「牙の鋭いほうが勝つ!」
云いかえれば、
「実力を生かせた者が勝つ」かな
なんたって超ベテランのタイトルホルダーが、
プロになったばかりの中学生棋士に負ける世界やからな~
世はまさに、“大海賊”時代!!
実力さえあれば、海賊王、もとい
竜王になれる…
プロアマ問わず、誰でも…
なんつータイトルや!
赤ちゃんでもなれるゆーコトや!
今期の竜王はイクラ竜王「バブー」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数