『赤毛のアン』テレビアニメ好評放送中!第15話「秋の訪れ」より、アンとダイアナ

秋の訪れ改

       「あたしが作ったの!

     …もちろんマリラが手伝ってくれたんだけど」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)


世界名作劇場『赤毛のアン』
テレビ東京系にて好評放送中!




『赤毛のアン』は、フジテレビ系の
「世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。
放映期間は1979年1月7日から同年12月30日で全50話。
厚生省児童福祉文化賞受賞(1979年)。

アン・シャーリー
声 - 山田栄子
生まれてすぐに両親を病気で失い、
トマス家・ハモンド家とたらい回しされ
子守同然にこき使われたあと孤児院に送られる。
愛に飢えた寂しい子ども時代を過ごした女の子。
髪は赤毛でそばかすだらけ、目は大きくやせっぽち。
自分の容姿にコンプレックスを持っているが
格好のいい鼻を持っていることになぐさめを見いだしている。
感受性が豊かで、おしゃべり。
悲しいことも得意の想像力で喜びにかえていく。

マシュウ・カスバート
声 - 槐柳二
アンを引き取ったおじいさん。
農業とアベイ銀行に預けた蓄えの利子で細々と暮らしている。
内向的で無口で気が小さく、特に女性が苦手という性格のため、
60歳を過ぎても独身。

マリラ・カスバート
声 - 北原文枝
マシュウの妹。独身。共に暮らす兄とは対照的に、
てきぱきとした女性。男の子を引き取る予定だったのが、
手違いでやって来たアンに驚かされた。

ダイアナ・バリー
声 - 高島雅羅
読書好きな優しい少女。
アンと出会って意気投合し「心の友」としての誓いを立てる。


(関連記事引用)



「嗚呼!心の友よ」

ダイアナが結婚したら
自分はひとりぼっちになってしまう!
なんて想像して
大泣きをするアンに大笑いするマリラ

今回は
第15話「秋の訪れ」より、アンとダイアナのイメージ

アンが初めて作ったブラウニーを
ダイアナに試食してもらうシーン

マリラは70点、お手伝いのジェリーは90点、
マシュウは100点…
ダイアナは何点をつけるのかな?


お菓子作りの回、マリラに教わり
初めてのブラウニー作り
云われた通りに卵をあわ立てる…
普段、空想に耽ってばかりのアンだけど
現実のコトに夢中になっている彼女はあまり見られないので
なんか新鮮なエピソードだった


「お料理は結果がダメだったらなんにもならないんだよ」

マリラのセリフはきついけど
なぜか温かい


そして、こちらは
第6話「グリーン・ゲイブルズのアン」より、
カスバート家のティータイム


グリーン・ゲイブルズのアン改

 「食事中に立ち上がるんじゃないよ、アン・シャーリー」

     「だって、とっても素敵な朝なんですもの!

         マリラはなにも感じないの?

       のんびりと座ってなんていられないわ

              ね?マシュウ!」

            「そうさのう」


ドーナツとパイ
いつも、おいしそうなお食事が魅力のこのお話
ドーナツはオールドファッション
うちでもよく作っていたけど、パイは
作ったコトはないな…

第15話「秋の訪れ」では、
プディングソースの壷に○○○ネズミさんが
入っていた…それをお客様にお出しした時の
真っ赤になったアンとマリラは滅多に見られないので…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数