『七つの大罪』テレビアニメ新章突入!バンとエレイン、至福の時…

七つの大罪バンデット・バン改

    「この時が、永遠に続いてくれたなら

         私は、ここで一生を過ごしてもいい」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『七つの大罪』テレビアニメ新章突入!!
その記念番組が昨年末に放送された
私の最も好きなエピソード
バンとエレインの出会い…そして別れ




『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。

バン
声 - 鈴木達央
「強欲の罪(フォックス・シン)のバン」。
悲惨な生い立ちを持つことから、
生命の泉を「楽しく生きるため」に奪おうとしていたが、
事件の内実は不死の泉の番人エレインと懇意になり、
彼女とともに過ごしていた時に魔神族の襲撃に遭い
瀕死の重傷を負ってしまった際、
エレイン自らに泉の水を託された。

エレイン
声 - 小岩井ことり
妖精族の姫。生命の泉の番人を任されていた。
見た目は子どもだが非常に長寿。
妖精王である兄が国を捨てて以降は長い間生命の泉を
孤独のままに守り続けていたが、
ある日やって来たバンとの語らいの中で孤独を和らげ、
絆を深めていった。
魔神族の襲撃にあった時に自らの身を顧みず
バンに生命の泉を与え不死の身にし、直後に息を引き取った。


(関連記事引用)



イラストは
バンとエレインのイメージ

どこで仕入れたのか謎であるビン入りアルコール飲料
中身はおそらくビールの類…
この森にはトルネコでもいるのか?
そんなコトを考えていたら感動できないので
イラスト制作中は考えないようにした

ラッパ飲みはお行儀が悪い…
なんて風習はそっちのけ
私も缶チューハイをこんな感じでいただいているので…
さすがにビンはなぁ…
おったまげ~!

で、
イラストに添えたセリフは
エレインのもの…つーか、心の声

このエピソードの悲しい結末は
その後のバンの処分だな…
妖精を殺害した罪で死刑

主人公メリオダスもそうだけど、
そんなの流行ってんのか!
冤罪じゃろーが!
『レ・ミゼラブル』のジャンがそんなキャラ
だったけど、市長になれた経緯が描かれていなかった…
つーか、人はそんな簡単には変われん
ジャベールが正解!
っと、話が逸れたけど
この番外編が本編より良すぎたので記事にした

イラストのシーンは
私の好きな晩酌
小瓶で酔うわけもなく…
が、しかし…
エレインの…
バンと暮らしたい気持ちは
アルコールでごまかしてほしかった
私の知り合いに妖精はいないので
よくわからないけど、
人間と同じ心を持っているのだろうか…
妖精がこの世にいるとすれば、だけどね

沸騰しそうなほどに赤面したエレインは
本編のあの人(ヒロイン)もかすんで見える
サイコーに生きているキャラなので
本当に死んでよかった!
思い出だから美しいのだ…
なんて思うのは、これが現実ではないからだな
この時(最良の時)が永遠に続くコトはない
誰かの記憶に残りたいのならば、
どこで花を咲かせるか、だな
エレインはその役割を大いに果たした
美しすぎる結末に、酷すぎるバンの結末

つーか、オレ、不死だから、死ねねぇーんだよ

そこが救いか?いや、むごすぎる

「団長、オレを殺してくれよ」

永遠にあの悲劇が記憶の中で
続いているのだと思うと殺して欲しくもなるだろう…

とにかく、
前回のラストではなく
このエピソードを放送したと云うコトは
ま、
そう云うコトなのだろうな

『七つの大罪』の原点だからな


次回は団長メリオダスのエピソード
が描きたいな…(あくまで願望にすぎないので)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数