映画『中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』好評上映中!

中二病「黄昏の…上級契約」改

      1月4日の東京ドームで決着をつけてやるよ
     
      そこで思い知るんだ…お前が、どれだけ、

          弱いかってコトをな~

       恥を晒す前に、ジャパニーズどげざで

         試合を辞退してもいいよ

          「トランキーロ!」

           「あっせんなよ」



映画『中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』
1月6日より、劇場公開中!

気になる勇太と六花の恋の行方はいかに?




映画『中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』

大学受験も見えてきた高校3年間近の春休み、
富樫勇太と小鳥遊六花らの日本全国を舞台にした逃走劇!

『中二病でも恋がしたい!』は、
虎虎による日本のライトノベル。
イラストは逢坂望美が担当している。
略称は中二恋、中二病、中恋。
元・中二病で高校1年生の富樫勇太と、
同学年で現役・中二病の小鳥遊六花を軸として
周囲を巻き込みながら展開していく学園ラブコメディ作品。
2012年10月から12月までテレビアニメの第1期が放送され、
2013年9月14日に劇場版が公開された。
2014年1月から3月までテレビアニメ第2期が放送された。
2018年1月6日に完全オリジナルの劇場版第2作が公開。

小鳥遊 六花(たかなし りっか)
声 - 内田真礼
本作のヒロイン。
現役中二病患者で、無口無表情キャラにして
「邪眼(イービルアイ)」になりきる
「邪王真眼の使い手」である。
「魔力を宿し、金色に輝く右目を普段は封印する」
という設定で装着した眼帯の下には、
金色の瞳を演出するカラーコンタクトを着けている。
また、左腕には「刻まれた紋章を封印する」という設定で
包帯を巻いている。アホ毛がチャームポイント。


(関連記事引用)



イラストは、テレビアニメ放送第2期より
六花のイメージ

なんだかよくわからない設定が面白い『中二病』
誰もが子供の頃に経験しているので
なんか、来るものがある

私の描いた「邪王真眼」は
完全ではなく最終決戦に挑むコトは自殺行為である
あ、
なんか内藤さんとオカダさんが
闘る(※)コトになって、盛り上がっていたので
内藤さんの
「あっせんなよ(焦るなよ)」
お借りしました
本来なら、待ち遠しい時に使用されるものだけど、
六花のポーズが挑発的だったので、
つーか、彼女にとっては日常茶飯事!
(※)テレビ放送は未定

今回、劇場版では
京都、兵庫、和歌山へと移動し、
東京、青森、北海道、暗黒の聖域(…ってどこや?)
へと進む
私の住む田舎はやはり出てこんな…
京都はアニメ制作会社のあるところなので
舞台として当然出てくる
ただ、
地名を出すお話は好きくない
特に東京が舞台のお話はムカつく
九州が舞台の、あのお話は地方というだけで
人気がなかった(アニメ放送は打ち切り)…っと失礼

まあ、六花のアホさを劇場で晒すもよし
少しは成長した姿を見せて欲しいのではあるけど…




ちなみに六花は中学生ではないので…

右目の弱い私は時々右目を封印(?)する
両目を開く時、それはすべてが無に帰するとき…
「霊力解放!」(ヒミコのセリフ)
見た目は大人だけど頭は子ども
“永遠の中二病”だな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数