『クリオネの灯り』第七話「祭の賑わい」より、ミノリと友だち

クリオネの灯り「祭の賑わい」改

           友だちって、なに?

      ただ、暇な時に一緒に遊ぶだけの存在?

       それとも、つらい時や悲しい時に

     親身になって、相談に乗ってもらえる存在?

       「私にはお友だちがいないから…」



『クリオネの灯り』テレビアニメ好評放送中!

見ていると、他人とは思えなくて胸が痛くなる…
本当の友だちって、なんだろう…




『クリオネの灯り』は、ナチュラルレインによる
日本のオンライン小説作品。2012年に書籍化された。
2005年に舞台が上演され、2017年7月には
10分枠の短編テレビアニメが放送。

ミノリ/雨宮実(あまみや みのり)
声 - 松村沙友理(乃木坂46)
本作の主人公。両親を早くに亡くし、伯母の家で過ごしている。
体が弱く、また金銭的に自由がきかない等の理由で
いじめの標的とされてしまっていた。

タカシ/碧井方(あおい たかし)
声 - 大平峻也
杏子の幼馴染。実を助けたいと思っているが、
なかなか行動できないでいる。

キョウコ/月橋杏子(つきはし きょうこ)
声 - 原奈津子
タカシの幼馴染。実のことを気にかけている。


(関連記事引用)



イラストは第七話「祭の賑わい」より、
ミノリと友だちのイメージ
(ミノリのタンクトップとサンダル、
キョウコの靴はミノリの靴に変更している…なぜでしょう)

キョウコが持っているのはクリオネ
実際はこんなに大きくないけど
ホンモノは小さすぎて見えないので…

実は、作中では
金魚すくいはしたけど、ダメだった
それではさみしいので
クリオネを持たせてみたわけやな

ミノリが抱いているのは
タカシが射的でゲットしたぬいぐるみ
フグなんだけどこんな景品があるとは
めずらしい…(馬関祭りか?)

で、
このお話は、いじめが本筋となる道徳作品なんだな

そして、この3人は友だちなんだけど
そもそも友だちとはなんだろう?
やだ一緒にいるだけ?
それだけで友だちと云うなら
私には大勢のお友だちがいるコトになる
偶然かもしれないけど
いじめる側もたいてい3人組である
その3人はお互いをどう感じているのだろう?
私は人をいじめたコトがないので
なにが楽しいのかわからない
ゲームをするような感覚なのかな?

まあ、とにかく今日は
そんなイヤなコトは忘れて
ミノリたちとお祭を楽しみましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数