『あした天兵』より、街中が甲子園…今年も熱かった、高校野球!

あした天兵2017改

         宇宙の“天”に兵士の“兵”

     云ってみればガンダムの息子みたいなものさ!


街中が甲子園…!!

今回は
『あした天兵』より、
真田天兵と沢井洋子のイメージ



ある夏の日、この物語は始まる。
真田天兵は、メチャメチャ明るい純情活発な中学三年生。
今夏、甲子園に出場した関東学館のエース、村雨透とは、
沢井洋子をはさんでの恋のライバル。
そして、翌年の春――
野球嫌いの天兵は野球部監督に誘われ夢島学園に入学、
廃部寸前の野球部を立て直すべく行動に移るが…

(関連記事引用)



高校野球には、
プロ野球にないものがある
それは、青春
これが若さか…(またしても、クワトロ大尉のセリフ)


イラストの説明

まず、左が沢井、右が天兵
って、当たり前やけど…逆やったら怖いわ
単行本表紙を参考にした
あと沢井のユニフォームは
第2話の扉絵が元になっているが、
作中に、この姿で登場するコトはない


イラストに添えたセリフは天兵のもの
監督に自分の名前を説明するシーン
「いい名前だ」
たしかに私好みの名前だけど
さすがガンダム人気といったところが気になる
(かつて私の書いた小説の主人公に“天空人”と云う名前が…
さあ、なんと読むでしょう?答えは、いずれ機会があれば…
シュラトやないで!)


物語では、
最初、極端に野球が嫌いだった天兵…
その理由としては、私と同じだな
周りが騒ぎすぎると、どうでもよくなる
人間嫌いの私

クラスメートの本八幡が渋くて好き!
天兵と同じく野球嫌い
機会があったら描きたいけど
彼は唯一、野球と無カンケーの登場人物なので…
(頭文字Dのなつきのような存在)
木原はチビでメガネで○○なところがいい
天兵の剛速球を受けるコトができるのは
彼のみ…
リトルリーグの黄金バッテリーの復活

かれらは甲子園に行けるのだろうか…

才能、運、そして、なにより大事な要素…
それは執念(南斗聖拳のシンが云うところの)
私には才能と運がないので
努力するしかないのだが、
すでに気持ちで負けている


天兵とは久しぶりに会ったけど
やっぱええな~
元気になれる
能天気、楽天家、なんて云えばそれまでだけど
努力あっての天才(?)なので…

高校野球、結果なんてどうでもいいと思う
ただ、みんな頑張っているので○(まる)!



香川の三本松…残念やったね
いつも思うコト
東京小さいのに、ふたつも出場するのはズルイ!
(北海道ならわかる、10チームでても許せる)
ひとつ目は勝ったのに、さすがに連勝はムリやな
勝てば官軍やったのに…賊軍になってもうた
まさに『ひぐらしのなく頃に』のレナ状態や!
東京は勝って当たり前やからな~
ま、それもつらいかも…
現在のホークス状態やな
目立たん存在が一番、楽かもしれん
人間、欲があるからそれもムリか

「今年の夏は終った」
甲子園を去るチームの心境だけど、

「夏は終らねェ!!!」

暑くて夜眠れんわ!
日本の夏、暑すぎ!!
やっぱ慣れん
体中の水分が汗となって
干からびそうな、
そんな、24時間をなんとか生きている状態やな

夏の高校野球も優勝(初優勝)が決まって
優勝校に「おめでとう」を云いたいところだけど
広陵は私の住むウエストサイドのチームだし、
地元のチームが早々負けているので…

とにかく、
みんな、
頑張ったね!

3年生には来年はない
セミさんを思わせて
なんだか悲しくなった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数