『エロマンガ先生』より、兄妹の夏 ―海編―

妹と…夏の浜改

   「この世界には、もう私とお兄さんしかいないの?」


ここは無人島、航路から外れた絶海の孤島
船が難破して流れ着いたのは私たちだけ
なんて、
映画『青い珊瑚礁』ではない…

今回の絵は、
『エロマンガ先生』・・・
私のお世話になっているブロガーさんが
記事にされていたので描いてみた




『エロマンガ先生』とは?

『エロマンガ先生』 妹と開かずの間 (電撃文庫) Kindle版

伏見 つかさ (著), かんざき ひろ (イラスト)

高校生兼ラノベ作家の俺・和泉マサムネには、
引きこもりの妹がいる。 和泉紗霧。 
一年前に妹になったあいつは、まったく部屋から出てこない。
今日も床をドンドンして、俺に食事を用意させやがる。
こんな関係『兄妹』じゃないぜ。
なんとか自発的に部屋から出てきてもらいたい。
俺たちは二人きりの『家族』なんだから――。
俺の相棒・担当イラストレーターの『エロマンガ先生』は、
すっげーえろい絵を描く頼りになるヤツだ。
会ったことないしたぶんキモオタだろうけど、
いつも感謝してる! ……のだが、衝撃の事実が俺を襲う。
『エロマンガ先生』は、俺の妹だった!
一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、
あの、えっちなイラストを描いていた!?
そして俺達兄妹の関係に、
超売れっ子美少女作家のライバルも加わって、
大変動が起こる!新たなる兄妹ラブコメディ!


(関連記事引用)



今回は『エロマンガ先生』より、紗霧
夏の海のイメージ

このお話の絵を描く予定はなかったけど
ブロガーさんの記事に刺激を受けたので…

で、絵の説明・・・
海の家で買ってもらったオムそばを食べながら
兄と歩く誰もいない海
マサムネの視点から見た妹

なぜ、オムそば?
その理由は私の好きなメニューだから…

早い話が、広島風お好み焼きのコト
玉子焼きと焼きそば、
この組み合わせは最初は衝撃だっただろうな
なにより、マサムネの料理を最初に見たのが
オムライスだったから、というのもあるので…
それと、今年は酉年や!
オムライスと親子どんぶりはなんか似ている
しかし、私はオムライスは好きやけど親子どんぶりは
あんま好きやない…なんでだろう?
それは、玉子焼きが好きやからや!
卵の話は置いといて…
なんか紗霧が食べそうやったからオムそばやねん

なんにしても、
まあ、この姿の紗霧は原作ではありえんのやけど
部屋にこもっている彼女を描いても
絵にならないので…
合成写真のようなものだな
いや、お母さんが亡くなる前ならあるか

家から一歩も外に出るコトのない
引きこもりの紗霧
まるで私のようだな…
私の場合は日に当たると死んでしまうので…


作品タイトルと内容が一致してない
このお話はなんか『オレ妹』に似ていると
初めて見た時そう感じた
それと、私は作者など気にしないので
事実を知った時も、ああやっぱり、という程度で
驚きはなかった


ところで、
夏の絵といえば
海と山、どちらがいいだろうか?
私は山のほうが好きだけど、夏の山なんて
描いてもわからんな~
というわけで、海ばかり描いている今日この頃

今回も紗霧の背景をなににしようか
色々考えた末にこうなったのだけど
彼女の場合は部屋以外には考えられないので
結局、想像になる
夏祭りとか花火とか、あと街でショッピング
など、私のやらないコトをさせてみたかった
いろいろ考えてもそのうちのひとつしか描けないから
悩んだな…どうでもいい悩みだけど
紗霧の場合、外に出ても
まわりには誰もおらんのじゃな
人のうじゃうじゃいる場所なんて似合わん過ぎ
って、一体どんなヤツや!?私か…
これほど夏の似合わんキャラはおらんな





オマケのひと言

私の描いた絵、
紗霧がこのまま浜を海沿いに歩いていくと
そのうち、ある建造物に遭遇するコトとなる
その建造物は、時に『マクロス』の
プロメテウスのようでもあり
アメリカ自由の女神像のようでもある
ヒカルとミサ、テイラーの嘆きが聞こえてくるようだ…
“誰もいない海…”
実際、プランクトンとか、うじゃうじゃいて
人間の目に触れていないだけなのだけど
“誰もいない…”その響きは、なんか好きだな
引きこもりの部屋から出ると、外の世界は死んでいた…
異常気象か核戦争(映画『風が吹くとき』)か、
はたまたゾンビウイルスの所為?
「この世界には、もう私とお兄ちゃんしかいないの?」
紗霧は最後の人類になれそうな気がして
(鉄コミュニケーションのハルカみたく)
そんな想いも篭めて描いてみた今日この頃の絵
人類に汚される前の地球に戻りたい
って、お前も人類じゃろーが!
それでも、兄はたったひとりの妹のために
オムそばをつくる…???
私、これ、あんまり好きじゃない
なんて云われても新メニューに挑戦し続ける兄の
健気な姿は必見の価値あり!
『オレ妹』だと、
めんどくさいヤツだな、お前は…と
なんか流されそうで…
それでも、かまってくれる兄はぜひ欲しい
けど、ホントのやさしさってなんだろう?
「一緒に住んでるだけで家族だなんて思わないで!」
それは単なるわがままなのだろうか…
そんな気持ちをぶつけられる相手がいるだけで
幸せだと、私は思うのだが・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ!
片P先生は、エロマンガ先生の描く様なイラストを
描かないんですか??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ファミマの貴公子さん、コメントありがとうございました。

エロマンガ先生?そんな人知らない!(紗霧のセリフです)
私には、そんな絵は描けません…

No title

片Pさん、こんにちはorこんばんは。

エロマンガ先生の登場ですね!(^o^)!

紗霧ちゃん、片Pさんのおかげで外に出れましたね。
たまには外に出ないといけません。良かった良かった。

でも、世界の終わりかもしれないのですね。
それでも最後はオムつながりのオムソバを食べる
あたりは紗霧ちゃんの一貫性が感じられて良いですね。
箸を短めに持っているところがより可愛らしいです。
黄色のリボンが夏らしくていいですね。

夏空と海の景色に制服姿というのも何か訳ありの
ストーリーを想像させるかなって思って観たら、兄と
ふたりの人類設定だったのですね。
最後に着る服が制服姿っていうのもある意味、個人的には
好きですのでGood!(笑)

食べ終わった後はぜひエロマンガ先生にエロい絵を
最後に描いて貰いたいのですが、ストーリー的には。

あっ、でもそのようなお願いをするとやっぱり言われて
しまいますよね、きっと。
「そんな恥ずかしい名前の人は知らない」って。

片P先生の想像の世界をこれからも具現化してくださいね。
楽しみにしています(^_^)



コメント、ありがとうございました。

○○様。
お世話になります。

今回は、
絶対に外に出る事のない紗霧が、学校に行く決意をして
間もなく世界の終わりが訪れるという設定は
100%私の想像なのですけど、
物語の流れからすると番外編で
これもありかな?と、
勝手に創作してしまいました!的な絵です。
かつて、さいとう先生の『サバイバル』を
読んだ時の気持ちが蘇りました…
基本的に『エロマンガ先生』はギャグ漫画に
位置すると思います。
なので、さいとう先生には失礼ですけど
『サバイバル』をパロったつもりもあります。
私が外に出る事は滅多にないので、
(特に浜は)
砂浜の足跡のつき方が不自然かもしれません。
そこは、軽く流してくださいね。

では、この度もありがとうございました。
プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数