『機動戦士Ζガンダム』第24話「反撃」より、新OP「水の星へ愛をこめて」

水の星へ愛をこめて改

    「もう、泣かないで♪

      いま、あなたを探してる人がいるから

               お前に逢いたいよ、と♪」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『機動戦士Ζガンダム』
衛星無料放送にて好評放送中!
物語も中盤に差し掛かり、OPが一新




『機動戦士Ζガンダム』は、
日本サンライズが制作した『ガンダムシリーズ』の
テレビアニメ。
名古屋テレビを制作局として、
テレビ朝日系列で1985年(昭和60年)3月2日から
1986年(昭和61年)2月22日まで全50話が放送された。
物語は1979年 - 1980年に放送された
『機動戦士ガンダム』の続編にあたるが、
設定はその劇場映画版3部作から連なるものとなっている。
略称は「Ζ(ゼータ)」。

カミーユ・ビダン(声-飛田展男)
 主人公。エゥーゴのモビルスーツパイロットで、
宇宙世紀を舞台とするガンダムシリーズにおいて
史上最高のニュータイプ能力を秘めた少年。
続編『機動戦士ガンダムΖΖ』などにも登場する。
血液型AB型。公式設定は身長168.2cm、体重59.5kg。

フォウ・ムラサメ(声-島津冴子)
 主人公カミーユがホンコンで出会ったサイコガンダムの
パイロット。日本のムラサメ・ニュータイプ研究所から
派遣された少女。フォウとは実験体第四号を示す
コードナンバーである。


第24話「反撃」
 ティターンズ艦隊の情報収集のためフォン・ブラウン市に
潜入したカミーユは、ジェリドに発見される。
カツがその窮地を救うが、アーガマとティターンズの
戦闘が始まり…。

「水の星へ愛をこめて」(第24話 - 第50話)
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - ニール・セダカ
  編曲 - 馬飼野康二 / 歌 - 森口博子


(関連記事引用)



前回も触れたけど、
第24話自体、あまり面白いお話ではなかったので
やはり、このOPを持ってきたタイミングは
悪かったようだ…


今回は
『機動戦士Ζガンダム』の新OPより、
フォウのイメージ

梅津氏が作画を担当されたこのOPは
基本的に前OPのカットを使いまわししているが
なぜか、シャア(クワトロ)のグラサンを外すシーン
など、誰も気づかんのに描きなおしている…
よほど気に入らんかったのか

で、私の描いたシーンは
このOPで一番、梅津氏を感じさせたカット
フォウが、原作とはまるで違うキャラとして
描かれていたあまりに有名な問題の作画

あ、このカットがあったから
私が梅津氏を好きなのだろうな…

とにかく、このアニメーションを描ける人は
他にはいない
漫画家ならいるだろうけど
一連のシーンを何もないところから動かすんやからな
まあ、アニメーター自身スゴイのやけどね…

絵に添えたセリフは、「水の星へ愛をこめて」の
さびの部分である
歌詞の意味はわからんけど曲に合っていると思う
(意味わからんのに合っているとは意味分からん!)


なにより、梅津氏が
キャラ設定を無視して描いたこの
誰かわからんフォウが私は好きだ
まず、服装が違う、色が違う、顔は違いすぎ!
で、別人や!


こちらは、更に
そのOPに近づけた主線なしバージョン

水の星へ愛をこめて2改



『シティハンター』に、こんなキャラいたよな…
異国から来た殺し屋だったっけ
ある意味、フォウもカミーユにとっての殺し屋だから
そう見えても不思議はないか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数