『シン・ゴジラ』に見る怪獣のあり方『シーゴラス対ジラース』

シーゴラス対ジラース改

          シーゴラス対ジラース

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



衛星有料放送にて『シン・ゴジラ』を視聴した…




『シン・ゴジラ』は、
2016年(平成28年)7月29日公開の日本映画。
総監督・脚本は庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣。
東宝製作のゴジラシリーズの第29作であり、
『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの
日本製作のゴジラ映画である。

ゴジラ
正体不明の巨大生物。
本作の序盤では、放射性廃棄物を食して
エネルギー源とする生物だと考えられていたが、
終盤で「熱核エネルギー変換生体器官を内蔵する混合栄養生物」
すなわち水や空気だけで生存・活動ができる
生物だという推測に至った。
劇中では、4つの形態が確認されており、短期間で急速な成長、
進化を遂げていき、それに伴いより強大な存在となっていく。


(関連記事引用)



『シン・ゴジラ』…
ゴジラは基本的に怪獣映画なので
なんかイメージが違っていた

怪獣映画=パニック映画 のはず

色々なゴジラ映画を観てきたけど
これは初めてだな…
基本的にふたつの映画を同時に観ているような
錯覚を覚えた
それと、エヴァしてるな

 第六話 EPISODE:6    「決戦、第3新東京市」

   第5使徒
         ラミエル
 加粒子砲で攻撃する正八面体の使徒

ヤシマ作戦を思い出したのは私だけだろうか…

ゴジラのホーミングレーザーはどう見ても
パリでのνノーチラス対レッドノアだな
まあ、元は巨神兵なのだろうけど…
FFのアレキサンダーや、クロノのラヴォスなども
その影響を受けているのは一目瞭然
それを見てぞくぞくするのはなぜかな

ゴジラ映画には2種類あって
ひとつは
“人類 対 未知の生物”
もうひとつは
“怪獣 対 怪獣”

私が見たいのは後者である
と云うコトで、
シーゴラス対ジラースを描いてみたわけだけど
ゴジラ描けよ!
って、
実はジラースはゴジラの着ぐるみが使用されている
イギリスのネス湖生まれのジラースという設定もいい
対するシーゴラスは西イリアン諸島に生息する、云々…
どちらも私の好きな怪獣

で、
この怪獣たちが対決するお話は
どこにも存在はしない

ただ、
こうして対峙しているだけで戦っているような錯覚を受ける…
のは私だけ?

ジラースは放射能を吐かないし、
シーゴラスは妻であるシーモンスがいないと本領を
発揮できないので地味な戦いになりそう…

“人類 対 未知の生物”

なんにしても、人類が敗北する構図は存在しないので
頭脳戦という展開になり、面白くなるはずなんだけど
そこはインドミナス・レックスとは違うところ
もう少し、ビックリさせて欲しかったかな


ところで、
ゴジラ対エヴァはいつ公開されるんだったっけ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数