『たまこまーけっと』第6話 「俺の背筋も凍ったぜ」より、かんなとキフネちゃん!

俺の背筋も凍ったぜ改

      「火の玉と血まみれのサラリーマン…

             それ、私です…」

 
        
今年も半分すぎたな…
酉年の記事を書くのもあと半年…
で、
今回もデラ
彼はニワトリさんではないけど

恒例の『たまこまーけっと』イラスト
第6弾は第6話、季節は夏…

夏…納涼といえば
やっぱ肝試しでしょ!

デラとはぐれ、一人歩くたまこが
無意識のうちに足を運んだ
昼間なのに、人気のないうさぎ山商店街…
みな、死に絶えてしまったのだろうか?




『たまこまーけっと』は、
京都アニメーションの制作による日本のテレビアニメ、
およびそのノベライズ作品。
テレビアニメは2013年1月より3月まで放送された。全12話。
2014年にはアニメ映画による続編
『たまこラブストーリー』が公開された。

デラ・モチマッヅィ
 声 - 山崎たくみ
とある南の国から商店街にやってきた鳥。
オウムまたはインコのような風貌をしている。
鳥の本には載っていない。
国の王子のために后(きさき)を探しにきた王家の使い。
人間の言葉を理解し話せる。餅が大好物。
なお、一部の人間からはニワトリと呼ばれることもあるが、
ニワトリ扱いされると激怒する。

牧野 かんな
 声 - 長妻樹里
たまこと同じ高校の同級生。
うさぎ山中等・高等学校の建物の設計をするために
高等部より入学。バトン部に所属。
名前の由来は大工道具の「鉋(かんな)」から。
マイペースで掴みどころのない性格だが、策士なところもあり
真夏の暑さで客入りが少なくなっている
うさぎ山商店街を盛り上げるため、デラに
「好きな人と一緒にお化け屋敷に入ると仲良くなれる」
と吹き込んで、デラをうまく利用した。
デラのことは「鳥さん」「鳥の人」などと呼んでいる。
鳥アレルギー持ち。
会話の節々に敬語を使うことがある。
たまこほどではないが、泳ぎが苦手である。

キフネちゃん
お化け屋敷用に、たまこの作った呪いのわら人形。


第6話 「俺の背筋も凍ったぜ」
慣れた覚えたと思っちゃいても、時折目にする、
奇妙なふるまい、ワザ、言葉。
知れば知るほど、妙ちくりん。解せない不可解奇々怪々。


(関連記事引用)



「ミーンミンミンミーン」
「ジー、ジー、ジー」
冒頭シーンから蝉時雨
なんともわかりやすい演出であろうか…

イラストは
第6話 「俺の背筋も凍ったぜ」より、
かんなとデラ、そしてキフネちゃんのイメージ

かんながキフネちゃんに与えているのは
わらび餅なんだけど、人形さんは食えんよな
ちなみにこの季節のおもちらしい…

あ、
このおもちは本編には登場していない
なぜかはわからん
おもちあっての『たまこまーけっと』かと思ったけど
そうでもないと云うコトやな…


この回は、
怪談ネタが多数出てくる

血まみれのサラリーマンなんて
都市伝説にしてもいいくらい
いいネーミングだな

なにより町を上げてのオバケ屋敷
という発想が好き!
今時、聞かない…というか、あるの?
文化祭で作った程度の?
たまこのそれは、本格的で
キフネちゃんも体を張っての
素晴らしい内容だった…と本人たちは納得しているので
ヨシとしよう

人間の作ったオバケ屋敷(屋敷って云うのなぜ?)が
怖いわけはないけど
オバケ(怨霊)は確実に怖い
まあ、私のように
うしろめたいコトしている人間のみなんだけど
心に直接語りかけるこいつらは厄介である
夜中にトイレに行くのが怖い
(子供の頃とは違う意味での)
ろくろ首とか、のっぺらぼうが怖いわけではない、という意味

なんにしても、気にしないコトが大事だと云う
「こっちを見ろォォォォ」
呼ばれても決して振り返ってはならない…
(ジョジョ第4部のあの場所ではない)

怪談は好きなので、この回はさすがだと思った
恒例のデラの言葉もよかったな・・・


すったもんだの大騒ぎ。終りよければすべてよし。
今は眠るよ、ひたすらに。
 ―デラの言葉より―
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数