『笑ゥせぇるすまんNEW』が最終回???

私はアイドル改

        「全力クリームソーダ~♪」



テレビアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』が最終回
と云うコトで描いてみた




『笑ゥせぇるすまん』は、藤子不二雄による
日本のブラックユーモア漫画作品。
アニメ化、テレビドラマ化もされた。

『笑ゥせぇるすまんNEW』
第11話「私はアイドル」
間々野 亜里 (36)・ステージママ(声 - 井上 喜久子) -
間々野 夢与(14)・亜里の娘(声 - 井上 ほの花)

井上 喜久子(いのうえ きくこ、1964年9月25日- )は
日本の女性声優、ナレーター、歌手。
本名:熊谷 喜久子(くまがい きくこ、旧姓:井之上)。
身長164cm。特技:華道(池坊師範)。
資格・免許:中学国語教員免許・図書館司書教諭免許。
所属事務所はオフィスアネモネおよび
ベルベットオフィス(ナレーション部門のみ)。

井上 ほの花(いのうえ ほのか、1998年2月9日- )は
日本の声優、歌手。オフィスアネモネ・ジュニア所属。
愛称は、ほったん。神奈川県出身。実母は井上 喜久子。


(関連記事引用)



第11話「私はアイドル」は
アニメオリジナル作品であり
この回の被害者が私の好きな
井上 喜久子さんだったので…

実在する親子でアイドル(声優)だなんて
スタッフの遊び心か
物語自体はいつもどおり
なんだかよくわからないラストだったけど
そんなコトは問題ではない

ひたすらアイドルを目指す母・亜里の姿に感動

娘・夢与はアイドルになりたくないなんて云ってるけど
そんなものなのだろうか?
たしかに子供の頃はずっと遊んで暮らせたらな
なんて思っていた
けれど、遊んでばかりじゃ飽きてしまうからな~…なんて
ちょっと違うけど
夢があるのはいいコトだ
とはいえ、
起きているときに見る夢はいつまでも見続ける
わけにもいかん

「私の夢はアイドルになるコト!」

ブラウン管に映るアイドルの振り付けを真似ていた…
少女の頃、誰もが経験あるのではないだろうか


さて、ここで問題
「私の絵で母・亜里はどちらでしょう?」
答えは…フフフ、こっちを見ろォォォ


そして、
ついにやってきたチャンスの時
永遠の17才・亜里は
夢をつかむコトができるのだろうか…



それと、カンケーないけど
かつて『ママはアイドル』というドラマもあったな…

そういえば、
昨日は父の日?やったな
私はちょっとだけ父のお手伝いをしたけれど、
『笑ゥせぇるすまんNEW』第11話「私はアイドル」
の放送が母の日を大幅にずれていてよかったぜ!
全国の母親をナメんなよッ

ところで、
『全力クリームソーダ』と『渚の予感』の
CD(日本コロンビア)は出ているの?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数