クールなあの子にあっちっち改

     「北白川さんにありがとうって伝えてください」

   「それは自分で云った方がいいに決まっているだろ?」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます) 
         

酉年…

と云うコトで今月も『たまこまーけっと』
第3弾は第3話、季節は4月
桜餅の季節だな…




『たまこまーけっと』は、
京都アニメーションの制作による日本のテレビアニメ、
およびそのノベライズ作品。
テレビアニメは2013年1月より3月まで放送された。全12話。
2014年にはアニメ映画による続編
『たまこラブストーリー』が公開された。

デラ・モチマッヅィ
声 - 山崎たくみ
とある南の国から商店街にやってきた鳥。
オウムまたはインコのような風貌をしている。
鳥の本には載っていない。
国の王子のために后(きさき)を探しにきた王家の使い。
人間の言葉を理解し話せる。餅が大好物。
なお、一部の人間からはニワトリと呼ばれることもあるが、
ニワトリ扱いされると激怒する。

朝霧 史織(あさぎり しおり)
声 - 山下百合恵
たまこの同級生。4月2日生まれ、血液型A型。
バドミントン部に所属。
実家はペットショップを経営。クールな人物だが、
内面は繊細かつ恥ずかしがり屋で引っ込み思案な性格。
2年に進級した際にたまこと同じクラスになる。
1年のころから、バトン部のたまこたちが
楽しそうに話をしている姿を羨望の眼差しで見ていて、
たまこと友達になりたいと思っていたが、
その性格から言い出すことが出来ず、
たまこに対して素気ない態度で接していた。
だが、デラを通じてたまこと交流したことがきっかけで、
想いを打ち明け友人となる。


第3話「クールなあの子にあっちっち」
 言葉は時にむずかしい。言葉は時にもどかしい。
伝えたい思いはいつも空回り。だけどいつか届くはず。


(関連記事引用)



桜満開、春爛漫

花の咲く頃、道端につくしみつけてはしゃぐ季節かな

ウ~ン春だなぁ~


イラストは
第3話「クールなあの子にあっちっち」より
史織とデラのイメージ
(大きな桜餅を拾った少女の絵ではない)

イラストに添えたセリフは
この回で最も印象に残った会話

たまこにお世話になったお礼を直接伝えるコトができず
デラに伝言を頼む史織…
それに対してのデラのアドバイスはもう鳥さんとは思えない!


で、
史織は初描き!

バトン部の仲良し3人組の、かんなより先に番が回ってきたか
ちなみに、かんなは
『リトアカ』のスーシィに似ている…


ラケットケースには私の好みが入っている
うさぎ山の名前とキャラは学校のジャージの柄
元はシンプルなデザイン


さて、この回のテーマは
“肥えた=ダイエット?”
初登場時よりかなり肥えたデラ

最初の彼と今の彼、どちらも同じデラ
焼く前と焼いた後のもち…とは、たまこのセリフ

重すぎて飛べず、空から落ちた

そして、
恋に落ちた…

ダイエットでもするか


進級して、
みどりとクラスが変わってしまうたまこはショック
そこで、史織と自然に近づく展開…

髪を解いたたまこと史織
銭湯のシーンはたまことくりそつで(あんこも)
3人姉妹に見えるほど

まあ、とにかく、史織が
『けいおん』の澪とあずにゃんを合体させたキャラなので…


しかし、恋多き鳥さんデラ
毎回楽しんでいるな
人間に恋するだなんて、種族を超えた愛!?
彼の言動が冗談にしか感じんのは私だけなのだろうか…




ところで、私の住んでいる街には
まだ、桜らしき景色が見当たらない
今年は例年より寒いのかな…
たしかに朝はムッチャ寒い!
ジャンパー要るじゃろ…的な
頭の中はいつでも春だけど…
スポンサーサイト
アーシュラ先生はシャリオだった…改

        「シャリオのショーが始まるよ!」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『リトルウィッチアカデミア』好評放送中!
で、今回はセンセー!




『リトルウィッチアカデミア』は、
TRIGGER制作による日本のアニメ作品。
2013年3月2日に『アニメミライ2013』の一作として
劇場公開された。
2017年1月からは、
テレビシリーズ『リトルウィッチアカデミア』が放送中。
こちらはこれまでの続編ではなく、
改めて最初から描き下ろされた完全新作となる。


アーシュラ先生
声 - 日髙のり子
ルーナノヴァ魔法学校の先生。
黒い長髪にメガネの目立たない風貌でおっちょこちょい。
気苦労が絶えないが、いざというときは
持ち前の魔力と臨機応変さを駆使し、
アッコたちをサポートする。
魔法を使うときは髪が赤く輝く。

シャイニィシャリオ
声 - 日高のり子
アッコが子供の頃、シャイニィロッドを手に
ド派手な魔法ショーを精力的に行い世界的な人気を博した魔女。
ルーナノヴァ魔法学校のOGだが、
見た目優先のショー活動が魔女に対する
間違ったイメージを広げたとして魔女界では評判が悪い。

アツコ・カガリ(アッコ)
声 - 潘めぐみ
ヨーロッパの魔女育成名門校『ルーナノヴァ魔法学校』の
魔女見習い。主人公。

ロッテ・ヤンソン
声 - 折笠富美子
メガネをかけたアッコのルームメイトで親友。
暴走気味のアッコに対して、しばしば冷静な突っ込みを入れる。

スーシィ・マンババラン
声 - 村瀬迪与
アッコのルームメイトで親友。歯に衣着せぬ毒舌家。
魔法薬の扱いが得意で、よくアッコを実験台にしている。
冷静沈着で大人びたところがあり、どんな時でも
落ち着いて対処している。


(関連記事引用)



第11話「ブルームーン」より、
シャイニィシャリオのイメージ…?
手前、左からロッテ、アッコ、スーシィ
もちろんバックがシャリオである
もちろんアツコの夢(寝ている時に見る)なんだけど…


シャリオではなくアーシュラ…う~ん、
センセーはいついかなる時でも眼鏡を掛けているけど
実はダテめがね…
私もダテめがねを掛けていた頃があったな
ワンピのクロネコ海賊団の影響やね
丸めがね最強―!

眼鏡のキャラは真の能力を隠している設定をよく見る
『名探偵コナン』『ブリーチ』他…


『リトアカ』は悪い敵集団と戦うお話でも
友情が大切だとかいう高尚なお話ではないと思う…
それでも、興味をそそる要因はアッコのキャラにある

アホなんだけど、憎めない
そして、そんな彼女が唯一熱く語る伝説(?)の魔女シャリオ!

憧れのシャリオが冴えないセンセーだったなんてサイアク~
もっと早く気づけよ!的なところはあるのだけど
そこがアッコだから許せる
(コナン君や、金田一少年だったらありえん)


イラストの虹の効果は
ちょっと勘違いしたわけなので…
(原作にはない)
プリズムは美しい、フフフ

以前も書いたけど私が一番好きなのはスーシィ
設定資料で唯一表情が要らないキャラ
番組中で(私の描いた表情のみ)一切顔の変わらない
能面人間、というか実は多重人格者(彼女の深層心裏より)
なので…
『政宗クン』にもそんなキャラが出ているな…
あれもいいなぁ
『エヴァ』の綾波とか『ハルヒ』の長門
『僕だけがいない街』の雛月、『たまこまーけっと』のかんな
そんなんが好きなんかい!
感情を表に出さない…というか他人と交わりあいたくない
不器用な人間と人は云うけれど
私もそのひとりだから…


で、
この間、声優ベスト100にランクインされた
『タッチ』の浅倉南役の
日高さんがセンセーの声優さんを担当されているのだけど
私の知っているイメージだと、ロッテ役のほうが
合っているかな…と

アッコ役の潘めぐみさんはこれ以上ないハマリ役
『双星の陰陽師』の紅緒での潘さんの独特のしゃべりが
やみつきになる~ウン、スーシィと『ムーミン』の
リトルミーが重なって見える…とか

そのキャラを生かすも殺すも、
声優さんはアニメに命を吹き込むなにより大事な役割だ!
「最初は違和感があったけど、ずっと見ていて
最近この声優さんの声がやっと慣れてきた」なんて
よく聞く話なので…
「それはベジータのことか―――――っっ!!!」
っと堀川さんのファンの方、ごめんなさい!



ところで、
話とはカンケーないけど
アツコのルームメイトはロッテとスーシィ
ロッテのルームメイトはアツコとスーシィ
スーシィのルームメイトはアツコとロッテ
同じように見えてそれぞれ考え方の違う
“ルームメイト”という響き…
私にもいたらいいな…って、ン?ルーム?
家族はルームメイトとは云わんな
3人の中で一番親しみ(?)を感じるキャラは
ロッテか、私はロッテなので
スーシィとアツコがそばにいてくれると
それだけで満足、というかいい人生が送れそう!
毎日が漫画のような…もとい!ドラマのような…

まさに、シャリオに憧れているアツコの人生だ!

        「マンガ家」②
          (前回の続き)

36p10.jpg
36p11.jpg
36p12.jpg
36p13.jpg
36p14.jpg
36p15.jpg
36p16.jpg
36p17.jpg
36p18.jpg
36p19.jpg






こちらは、今回のキャラ設定

36設定





皆様こんにちは。

漫画『霊少女ヒミコ』の

進行役を勤めさせていただいた

麻摩ソウシロウです。

『霊少女ヒミコ』中学生編も

引き続き、私が皆様とお付き合いさせていただきます。



 ―『霊少女ヒミコ』中学生編―




まず、ヒミコの読んでいるマンガ。

週刊少年キングはヒミコが買っている物ではなく、

お友だちのひずるクンが毎週買われて

ヒミコのために持ってきてくれているのです。

ひずるクンはそんな友達思いの子なんですけど、

ヒミコにとっては下僕の一人でしかないようです…



で、私の読んでいる新聞の4コママンガのタイトルは…なんと

『ヒミコちゃん』!?

内容は、ヒミコの何気ない日常を描いたもので、

とは申しましても私たちの出演している

『霊少女ヒミコ』とはなんの関連性もありませんので…



さて、ヒミコが突然「東京へ行く」と云い出した時は

あまりのショックに白髪化するところでした。

ウチから東京までは新幹線でも半日はかかりますし、

なんといっても旅費が大変ですから…



漫画家の先生の現場を生で見るコトは通常はできません。

しかも、先生のデスクで原稿用紙に絵を描く体験が

できるなんて、ヒミコはなんと運のいいコトでしょう…


ヒミコは一枚の絵を描くのに3分かかったそうです。

私には絵は描けませんので、その所要時間が長いのか

短いのか判断できませんが、ひずるクンに云わせれば

「早っ!」

…だそうです。


ここで、皆様のために

抽象画のようなヒミコの絵の解説をさせていただきます。


これは、アシスタントの志乃さんのお話ですが、

「絵を描く上でもっとも大事なコト、それは人物画であれば

当然、人物を描かなくてはなりません。彼女の絵の場合は、

中央にメインとなるふたりの人物が描かれています。

左が女性、右が男性…だそうです。

空にはお星様、地面には夜空の明かりに照らされた部分が

ふたりの足下に円として描かれています。

トーンがあれば貼りたかった、と彼女は云っていますが

ベタでもなく残しでもない中間色は、漫画の場合

アニメと違ってカラーではないので、表現が難しいですね。

彼女の絵の場合は周りを暗く見せたかったと云うコトなので、

人物とお星様、足元の円以外をすべてベタ入れすれば

よかったのではないでしょうか?メリハリをつけるのは

とても重要なコトですよ!」



それと、道具さえあれば誰でも漫画家になれる

可能性があると、ヒミコが云われたそうですけど

絵心のない私にも彼女の絵が将来有望の漫画家の絵とは

思えないですね…っと失礼。




というわけで

第三十六話 「完」


機会があれば、また

お会いいたしましょう!



    (ナビゲーター:麻摩ソウシロウ)




※実際、インクが乾くまで消しゴムはかけられないので
3分でペン画を完成させるのは不可能である
        「マンガ家」①

36p1.jpg
36p2.jpg
36p3.jpg
36p4.jpg
36p5.jpg
36p6.jpg
36p7.jpg
36p8.jpg
36p9.jpg








『霊少女ヒミコ』の登場人物


主要人物

天照 秘巫(あまでら ひみこ)
 主人公。中学生(連載当初は小5)。六命市六命町、
鳳命寺のお隣の六命神社に住んでいる。
誕生日が12月24日なので、誕生祝いとクリスマスの
ケーキやごちそう、プレゼントが一回で済まされるコトが
不幸だと思っている。
本人も理解していないが、
彼女の体は霊界への入り口になっているらしく、
霊を自分の体に封印する能力を持つ。
彼女の見た初夢(夢の中で特定の人物を食べる)
が現実になる能力を持つらしい。
五年生の時は同級生の順平、今年は優理華…
その年に起こる悲しい出来事をあらかじめ知っていれば、
その連鎖を止めるコトも可能なのかもしれない。
好物は塩せんべいと総士郎が入れたお茶(?)。
とにかく食いしん坊。
基本的にイヤなコトはしない(お手伝いや勉強とか)。
テレビゲーム好きで時々、渡部と勝負している。
「来世招来(らいせしょうらい)」は秘巫の大技。
この力によって現世と霊界をつなげるコトができる。
十種神宝(とくさのかんだから)の力を使うコトもできるが、
本人もその用途を熟知していないため、本来の使い方とは
異なるようだ。
秘巫がたまに着用する正装。
彼女が正装になるのは自身が本気になった時と、
父親のお客に挨拶する時であるが、生まれた時に
この装束を身につけていたらしい。
成長して体の大きくなった秘巫が今でも
着るコトができるのは、彼女の成長に合わせて
服も成長しているのでは、と考えられている。
自分にわからない外来語を極端に嫌う。
秘巫の霊術「色、唯識(しき、ゆいしき)」は、
本来あるべきものすべてが
一般人にも見えるようにする高度な術である。
霊術「護法開眼(ごほうかいげん)」は
悪と感じる存在を探し出すと同時に
低級の悪霊なら調伏させるコトができる術。
霊術「十悪滅相(じゅうあくめっそう)」は
「護法開眼(ごほうかいげん)」の上位術で、
業火により霊を成仏ではなく消滅させる。
秘巫が封印した霊はこの世に
魂の霊玉(いのちのたま)を遺す。
ビー玉ほどのサイズで青い玉は喜び、
赤い玉は悲しみを表しているらしい。
なお彼女の数珠はこの霊玉を繋いだものである。
泳ぐコトは好きなようだが、現代人とは感覚が違う。
水泳というものは、生活のために自然に身についた能力だろう。
魚を素手で捕らえるのも彼女にとっては当たり前のコトである。
秘巫の前世は謎だが、彼女には本人にすら解りえない
能力がある。自然の植物のコトを熟知しているのは、おそらく
彼女が前世において生活していく上で必要としていた
最低限の知識なのだろう。
絵を描くのは好きだが絵心はない。
秘巫が好きな人が本編でそれとなく知らされたが、
おそらく一番は優理華。次に総士郎。
自分に利益をもたらす者が優先されている。
持ち物を大事にする心は持ち合わせていない。
ただ、優理華に撮ってもらったお気に入りの写真は
大事にしているようだが…


麻摩 総士郎(あさま そうしろう)
 六命神社の宮司だが、普段それらしい行動はしていない。
秘巫の家に居候している。秘巫のよき理解者。
雪にイヤな想い出があるらしい。
天照家の家事全般を引き受けている。
この漫画のブログ進行役も務める。

天照 我王(あまでら がおう)
 秘巫の父親。鳳命寺の住職。
高僧らしく、陰陽術をはじめ
様々な術を使いこなす。
秘巫の誕生日には必ず呪詛の贈り物をする。
その真意は…

渡部 恭一(わたらべ きょういち)
 秘巫のご近所の友人で幼なじみ。身長180㎝以上の長身。
秘巫より、ふたつ年上の中学二年生。誕生日は11月29日。
心臓に持病を持っているため、生まれつき体が弱く
過激な運動ができない。

渡部 優理華(わたらべ ゆりか)
 恭一の姉。料理が得意。写真家になるのが夢。
総士郎に淡い想いを抱いている。
秘巫の誕生日(12月24日)には
必ずお誕生会の料理を作ってくれている。
トンネル事故の際、秘巫を庇い帰らぬ人となる。
その心の清らかさから霊獣孔雀が宿っていた。
いつも身につけているヘアバンドは、今は亡き母親の形見。

荒巻 瑞絵(あらまき みずえ)
 小学生の時秘巫に出会い、
同じ塾に秘巫が来たコトで友だちになった。
そのコトがあり
わざわざ秘巫と同じ中学を選んだ。
成績優秀でクラス副委員長も務める。
本番で実力を発揮できないタイプ。
そのコトもあって塾では最下位の成績だった。
オバケが大の苦手。かなづち。ヒミコ曰く「耳がでかい」
現在はヒミコの下僕のような存在…

勝呂 秀流(すぐろ ひずる)
 優等生。秘巫のクラスメートで級長。
おっとりとした性格。
秘巫に好意を持ってはいるが、霊の存在は信じていない。
ごくフツーの人間。
有名な漫画家に知り合いがいる。

江西 薫(えにし かおる)
 秘巫のクラスメート。
オカルト好きで心霊写真を集めている。
秘巫の能力を知るひとり。
悪霊に憑かれた時に秘巫に命を救われた。

九尾(キュービ)
 いわゆる九尾のキツネ。
霊獣の一種で常人には見えない。
以前の宿主ナツの魂が秘巫に封印されてからは
秘巫の守護霊として一緒に生活している。
寝床は秘巫の部屋の屋根裏らしい。

麒麟(キリン)
 霊獣の一種で常人には見えない。
秘巫の守護霊として彼女の体の中にいるらしい。
韋駄天足と呼ばれる駿足が能力だが、殆ど眠って過ごしている。


今回の登場人物

春日はらみつ(かすが はらみつ)
 秀流の知り合いで有名な漫画家。なかでも
有名なのが『異少女探偵みらーじゅ』である。現在、
週刊少年キングに連載中…らしい。




漫画『霊少女ヒミコ』は
かつて漫画用紙に描いていたものを
ブログにアップするために
パソコンのCGソフトで編集したものである

なお、セリフは原作のものと変えている




―扉絵の解説―

春日はらみつセンセーの人気漫画
『異少女探偵みらーじゅ』の主人公みらーじゅ。
異少女とは異世界と同じような意味。いわゆる
“フツーの少女ではない”という存在なのだろう…
漫画の内容はギャグ漫画だけど、お涙頂戴のシーンもある。
私が好きなタイプの漫画だな!
ファイナルファンタジー(カオス)改

 “この世 暗黒にそまりしとき 4人の光の戦士あらわれん”

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『ファイナルファンタジー』発売より30年…
正確には12月なので、カウントダウンだな
今月から1作品ずつ描いていく予定

今回はその第1弾『ファイナルファンタジーⅠ』

すべての原点はここにある!




『ファイナルファンタジー』は、
1987年(昭和62年)12月18日にスクウェア
(現スクウェア・エニックス)から発売された
ファミリーコンピュータ用ゲームソフト。ジャンル種別はRPG。
『ファイナルファンタジーシリーズ』の第1作。

光の戦士
本作の主人公でプレイヤーキャラクター。
コーネリアに現れた4人の人物。それぞれが
クリスタルを持っている。

セーラ・コーネリア
コーネリアの王女。ガーランドに誘拐される。


(関連記事引用)



イラストは『ファイナルファンタジー』
ラストダンジョン最深部にて
ラスボスと対峙する主人公とセーラのイメージ

ゲームで登場するカオスは
腕は2本、足も2本、顔はひとつ
私のカオスは創作が入っている
頭部は土のカオス、胴体と腕は火のカオス、
脚部は水のカオス、背中には風のカオスを取り込んでいる
映画『ブロブ』や映画『リヴァイアサン』を参考にした
金色の部分が元のカオスの体

主人公はゲームのファミコン版パッケージイラスト
セーラは天野氏のFFイラスト集を参考にしている
(PSP版パッケージイラストは主人公がこちらを向いている)

RPGはラスボスとの戦闘が最終目的なので
イラストもやっぱラストバトルになるわけやな
原作は4人の戦士が戦うわけだが
姫を描きたかったのでこのような構図になった
残りの3人…主人公はもちろん剣士、…で
イラストに描けなかったメンバーは忍者、格闘家、
魔法つかいがオーソドックスなパーティー編成?…なのかな
(後のFFシリーズに必ず出てくる基本的な職業※)
※FFⅡ・Ⅴを除く


ゲームの感想としては
ひと言、ムズイ…

カオスの回復魔法ケアルガは全回復するので鬱陶しい
HPは2000なのでたいしたコトはなさそうに聞こえるけど
主人公たちの与えるダメージがそれ以下(最高3桁)なので
何回も倒さなくてはならない気分?
更に攻略が難しい理由は、
土火水風のカオスを倒さなければラスボスに会えない
土のリッチ、火のマリリス、水のクラーケン、風のティアマット
それぞれがラスボスより強い…
4人いる主人公陣がひとりずつ減っていき
ラスボス戦で1対1の戦いとなる場合もある
ジョブによっては勝負にならないけど
モンクとか忍者なら一撃で倒せる可能性もある
要するに、条件さえ揃えば
エンディングが見れると云うコト

で、
4体のカオスを合体させてみたわけやな
(七英雄かい!)
いくら合体しても1ターンに最大1回攻撃なので
カーリー神のようなマリリスの腕もまるで意味はないな
ドラクエならそのビジュアルで4回攻撃がありそうだけど…


雑魚戦がボス戦以上にきびしかったFFⅠ
そのシステムが受け継がれたのはFFⅡまで
それは画面いっぱいにあらわれる集団の敵
後ろの敵は手前の敵を倒さなくては魔法効果も半減する…

それと、ダンジョンの中にある部屋
そのドアを開けたが最後
一歩歩くごとにエンカウントするので
必要最低限の動きしか許されない
実際プレイした方ならその恐怖はご存知だと思う


とにかく音楽好きの私にとって
“ガーランドとの因縁”のBGMサイコー!
ラストバトルで使って欲しかった
(実戦ではザコ戦の曲でカオスと戦うので、なんかしらける
ドラクエで云うところの、スライムと戦う曲で魔王と戦う的な)
などと、さんざ文句を云ったけれど、
カオス(混沌)との戦いを制すると
感動のエンディングが待っている

RPGの醍醐味やな
そこでなにも得られんものは二度とプレイするコトは
ない…とはいえ、Ⅱは何度エンディングを見たか
思い出せんほどやっとるな~



最後に、私が疑問に思っているコト
なぜ、ファミコン版の戦闘画面の地面は真っ黒なのだろうか?
ダンジョンのほとんどの床もそうだけど…
(黒以外の場所もあるので別にプログラム上の問題ではない)
色を入れると単に容量を食うといったところか…
闇(黒)と光(黒以外の色)の強烈なコントラスト…
視覚的効果で印象に残るといえば良い言い方なのかも
人間だけが感じる、黒の背景の白は目立つ感覚
(闇に感じる恐怖、オバケが怖い理由?)
今度、自分のイラストで試してみるかな?
これってラブ!?華麗なるキュアショコラ!改



カワイイ?orカッコイイ?

『キラキラ☆プリキュアアラモード』より
いちかとあきら…



『キラキラ☆プリキュアアラモード』は、
2017年(平成29年)2月5日よりABC・テレビ朝日系列にて
放送されている東映アニメーション制作のテレビアニメ。
「プリキュアシリーズ」の通算14作目にして、
12代目のプリキュアに当たる。通称は「プリアラ」。
キャッチコピーは
「つくって!たべて!たたかって!
元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!」

宇佐美 いちか(うさみ いちか) / キュアホイップ
声 - 美山加恋
本作の主人公。スイーツが大好きな、
明るくお調子者の中学2年生。
うさぎショートケーキのプリキュア
「キュアホイップ」に変身する。
思い込みが激しいところがあり、
隣に引っ越してきた剣城あきらを男子と勘違いして
一目惚れしてしまい、その影響で
あきらの女性的な言葉遣いが耳に入らず、
プリキュアに変身した姿を見ても気づかなかったが、
源一郎の「お姉さんができたみたいで良かった」、
あきらの「よく(男子に)間違えられる」の言葉で、
ようやくあきらが女子であることを知り、
ショックのあまり絶叫した。

剣城 あきら(けんじょう あきら) / キュアショコラ
声 - 森なな子
やさしくボーイッシュな高校2年生。
いぬチョコレートのプリキュア「キュアショコラ」に変身する。


(関連記事引用)



なんか宝塚だな…


『プリアラ』初イラスト!
今回はいちかとあきらのイメージを描いてみた
第6話「これってラブ!?華麗なるキュアショコラ!」
(3月12日放送)
での、ふたりのデート(?)姿を参考にした

いちかの手のひらのスイーツはこの回のもので
“いぬチョコレート”

初登場時から、あきらは女性にしか見えなかった
もし男性だとしたら、それは『カードキャプターさくら』の
雪兎さんのコトもあるので
視聴者としては別に問題もないけど
いちかとしては、そのほうがよかったように見える…

プリキュアの本気の恋愛はなかったので
実は期待はしていたのではあるけど…
プリキュアが揃ったのはうれしいけど、もう少し
このネタを引っ張って欲しかったかな?

で、
この回でよかったと思うところ
いちかのチョコが形を変えて
あきらの力になれた
絶妙のタイミングで現れるビタード
いちかの作ってくれたスイーツは絶対に守る!とあきらは
プリキュアへと覚醒する

キュアショコラ、変身後の姿でも男性として
いけそうだと思ったのはいちかと私だけなのだろうか…
『魔法少女育成計画』では、男性でも魔法少女に
なれるけど、“少女”ではないじゃろーが!
プリキュアは少女とは云っていないから
あきらが男性のままでよかったのになぁ~なんて


番組本編後の1分間クッキングは
本格スイーツアニメ『夢色パティシエール』を
思い出すな
スイーツ王子たちよかった~
スイーツサイコー!
スイーツの国行ってみたい

とにかくこれからが楽しみな『プリアラ』
第7話は“ペコリンドーナツ”
おいしいペコ~
完成したお味より大切なコト、それは楽しく作る過程…
それが、食べた人をより幸せな気持ちにするのだ
次回はどんなスイーツを見せてくれるのだろうか


『プリアラ』も登場
映画『プリキュア ドリームスターズ!』
大ヒット上映中!!

それでは、
「元気と笑顔をレッツ・ラ・まぜまぜ!」
チキラ改

          「すぐおいしい~♪」

          「すごくおいしい~♪」


酉年だな~
今回はひよこちゃん&私の好きなラーメンのひとつ
チキラ!
チキラとは「チキンラーメン」の略である

どんなに有名になっても
ラーメン屋では絶対にないメニュー
チキラ!

ベビースターラーメンみたいにバリバリかじっても
おいしく召し上がれるのだろうか?
なんか辛そうやな…

そもそもラーメンってなんや?




ひよこちゃんは日清食品のインスタントラーメン
「チキンラーメン」のシンボルキャラクター。
オスの黄色いひよこを意匠化している。
従来の男の子のキャラクター「ちびっこ」に代わって
1989年に登場した。

2001年には生誕10周年を記念して、12羽の仲間が誕生した。
13羽合わせて「チキラーズ」と呼ばれる。
現在は全員でチキラー島という架空の島にある
チキンタウンに住んでいるという設定になっている。

2010年、play set productsが手がけるデザインに変更。
1991年の誕生以来初めて。


プロフィール

性格:明るくて前向き。好奇心が旺盛で正義感も強いが、
ひょうきんな一面もある。
好きなもの:友情とラーメン。
嫌いなもの:のびたラーメン。

チキラーズメンバー

ひよこちゃん - ♂(オス)
タマピー - ♂
げんきくん - ♂
テンテケくん - ♂
イケテルくん - ♂
チキンシュタイン - ♂
チョビタ - ♂
なんぼくん - ♂
タカピー - ♀(メス)
ひめちゃん - ♀
モモピー - ♀
ピヨ - ♀(ピコと一卵性双生児)
ピコ - ♀(ピヨと一卵性双生児)

チキンラーメンは、日清食品が販売している
インスタントラーメンの銘柄。
親会社である日清食品ホールディングスの登録商標。
「日清チキンラーメン」ともいう。


(関連記事引用)



イラストは
ひよこちゃんとチキンラーメンのイメージ

インスタントラーメンのなかでも
他に類を見ない独特の麺で有名なチキラ

子供の頃はキライだったチキラだけど
なぜか今は大好き

突然、なんとなく食べたくなるときがある…



それにしても、
ひよこちゃんの仲間は知らなかったな
CMで見かけたらぜひ描いてみたい
問題は名前だけど…
ひよこちゃん以外は投げやりのような命名だな

…なんだかんだ云っても
全員ヒヨコちゃんなのに
総称で呼ぶと
ひよこちゃんと被ってしまう
それはそうだけど、
もっとカワイイ名前はなかったのかな?
片Pとか…ン?いや、キョロちゃん?


ひよこちゃんの好きなものは友情
チキンラーメンのスープに仲間が使用されていたら
私のイラストのような呑気な顔ではいられなくなるだろうな
(殺センセーや大魔神を想像してしまった)
汁を吸ってのびたラーメンはたしかにおいしくない…
のではあるけど、
チキラはのびてもおいしいと思う
ひよこちゃんにとっては嫌いなものらしい…


そして、
酉年記念にチキンラーメンビッグカップが登場!

5つの鶏素材が入っている
①チキンスープ
②エシャロット香る特製鶏油
③炭火焼チキン
④たまご
⑤ひよこちゃんナルト


酉年記念とは…
やるな、日清!
金太郎飴みたいなナルトがいい
エシャロット香る特製鶏油の味がよーわからんかった~

スープと麺、
お味は袋麺とまるで一緒やな…
とはいえ、
お肉はカップヌードルの合成肉の比ではない
ちなみに、カップヌードルの…あれは何の肉なのだろうか
日清の技術は世界一ィィィィィィィィィ!!


とんこつ好きの私は
鶏がらスープのラーメンは好みではないけど
ここまで来ると、もはや
別の食べ物として考えるしかない
そもそもカップにお湯を注ぐだけでラーメンになるはずはない
麺自体が別物というのもある

まあ、“おいしければよかろう”の感覚だな

で、ヌードルとラーメンの違いは…?



最後に、


ひよこちゃん…




可愛すぎ!!!
プロレス総選挙2017改

         レジェンド・プロレスラーたち

         何人お分かりになるだろうか?

           答えは、下のイラストにて

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)




『プロレス総選挙2017』の放送が先日あった

現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!
プロレス総選挙

史上初の国民投票!

力道山、ジャイアント馬場やアントニオ猪木ら
“レジェンド・プロレスラー”と
オカダ・カズチカ、棚橋弘至ら
“現役イケメン・レスラー”の
どちらの人気が高いのか大いに気になるところ

なんといってもスゴイのが、伝説のレスラーがこの番組に
出演していると云うコト
現役レスラーはもちろんのコト、
スタン・ハンセン、アントニオ猪木、ほか
現役を引退したレスラーも大勢出演する


20位からの発表なので
私の好きな人が入っているか?
それだけが心配だった

私が好きなレスラーはタイガーマスクや
獣神ライガーといったアニメから生まれたキャラ

キラー・ザ・ブッチャーというキャラが
『ザンボット3』に登場する
アブドーラ・ザ・ブッチャーは人気のレスラー
(『北斗の拳』のハート様の元となったのもブッチャー)
プロレスとはまるでカンケーないロボットアニメに
レスラーをパロったキャラが出てくる…しかも
ラスボス…
当時、どれだけプロレスの人気があったのだろうか…


で、総選挙の話、
ランクインしたレスラーの中で最も衝撃的だったのが
アンドレ・ザ・ジャイアント
カプコンのアクションゲーム
『ファイナル・ファイト』でもアンドレ兄弟として登場する

アンドレ・ザ・ジャイアントは
身長が223センチもあったそうで
最近の人で云うとチェ・ホンマンに匹敵する
革命的な大きさ…「人間なの?」まるでクマさんだな
(クマさんにしては小さい)
“人間山脈”
“現代のガリバー旅行記”
“一人民族大移動”
なんて呼ばれていたらしいけど
あんまりやな

ところでアビゲイルというレスラーはいるのだろうか?
『ファイナル・ファイト』でアンドレ兄弟より強力な敵なので
『バスタード』(萩原氏の人気漫画)に登場する敵参謀の名も
アビゲイル


余談だけど、
プロレス好きの女子は“プ女子”と
呼ばれるのか…知らんかった
(なんかバカにされてるような…ッ誰が考えるんだ)


こちらは解答編
キャッチフレーズ&名前入りイラスト
プロレスファンの方、似てなくてごめんなさい!


プロレス総選挙2017名前あり改



馬場さんは『グラップラー刃牙』の馬場さんっぽくなった(?)
猪木さんは『ONE PIECE』の魚人アーロンを参考にした…?
ホーガンは『北斗の拳』で出てたな…それをイメージした
ハンセンは『キン肉マン』か…ン?
タイガーマスクはなぜかアニメのマスクと
まるで異なるマスクである(それはまんまなので)
ライガーさんはアニメとタイアップでできたキャラなので
アニメと共にそのマスクは進化する
私は初代がよかったな







そして、新日本プロレスでついに実現!!

NJPW旗揚げ45周年記念試合 30分一本勝負
オカダ・カズチカとタイガーマスクWとの対戦が3月6日に
大田区総合体育館で行なわれた

ゲストに
『タイガーマスクW』の声優陣
八代さん(タイガーマスクWナオト役)
三森さん(高岡マネージャー役)
真壁さん(真壁役?)を招いての試合は
プロレスファン、アニメファン共に興奮させる
熱い内容となった

3次元対2次元、次元を越えたキャラの対決を
制するのはどちらか…
試合開始直後はこの夢の対決に胸躍らせたけど
見ているうちに、これはナオトではないという
気持ちが出てきた
2次元は所詮2次元であって
アニメと実写の合成映像で見るしかない
かつて、そんなものを数多く見てきたけど
洋画『トワイライトゾーン』とか
イヤなものまで思い出してしまった

オカダ・カズチカとタイガーマスクW戦
いい試合だとは思ったから
今度はマスクを外して登場して欲しい
本当のプロレスファンには
マスクの下が誰なのかはわかっているのだろう
体を見ればわかる
現役レスラーで名の知れた人物…
棚橋さんの体はマスクをしていてもわかる
ま、そんなもんだな


「闘いたい相手がいます…タイガーマスクW(ダブリュー)」
タイガーマスクWに挑戦状をたたきつけた前回の放送

「オイ!タイガーマスクW(ダブリュー)!
こうやって云うとな、会社に怒られるんだよ!
もう知ってるよ…タイガーマスクW(ダブル)!」
試合直前のオカダさんの謝罪の言葉が印象的だ

私を含め
『タイガーマスクW』ファンが引っかかっていたところが
解消された…

アニメではこのふたりのガチの試合はない
そしてアニメで登場するオカダ・カズチカというキャラの
声優さんはオカダさんではない

他、現役登場レスラーの声も
プロの声優さんである…
アニメとプロレス好きのファンを喜ばせてくれるのは
真壁さんぐらいか…
そのタッグパートナーの本間さん(こけし)が
怪我で現役復帰まで時間がかかるらしい
新しいパートナーと組めば済むコトなのに
真壁さんは彼が完治するまでタッグ戦には
エントリーしないそうだ

友情?仲間?
そこまで他人のコトを考えられるものなのか…
私にはない感情だけど
なぜか胸が熱くなった



オカダさん、会社に怒られる前に
『タイガーマスクW』見て欲しかった…
(ダブルの意味がわかるから)
実はヴァンガードファイトもCMのみなのだろうか?
ミラ・ジョボビッチとのカードは合成?
大砂嵐関17年春場所改

               一礼




3月12日(日)から始まった
17年大相撲春場所

稀勢の里関が横綱になってから初めての場所
先輩横綱たちが序盤で次々と星を落とす…
先場所と同じような展開に

4横綱で始まった春場所も
白鵬関が途中休場となり
今場所も少しさみしい場所となった


私のひいきの力士
大砂嵐関は番付を落としての出場…
今場所は調子がいいのか悪いのかわからないような
取り口にみえる



さて、
イラストは大砂嵐関のイメージ

礼に始まり礼に終る
それは相撲で一番大事なコト
勝ち負けはそれからのコトなんだけど
心からお辞儀をする力士がいなくなった
相手に、相撲に、敬意を表する礼儀という行為
頭を下げるフリなら最初からしないほうがいい

で、最近
大砂嵐関もあまり頭を下げなくなったような気がする

それもさみしい原因のひとつなので
礼のイラストにしてみたわけやな
ちなみに豊真将関は腰を直角に近く曲げ
深々とおじぎをする
ただただその美しさに見とれるばかり…
彼はその諸作法だけで
相撲をとらなくても
すでに相手の力士に勝っていると私は思う
ユーリ×ヴィクトル改

          「キミはボクの天使だ」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『ユーリ!!! on ICE』
お世話になっているブロガーさんの記事に刺激されて
描いてみた



『ユーリ!!! on ICE』は、
久保ミツロウと山本沙代の原案による日本のテレビアニメ作品。
2016年10月よりテレビ朝日、BS朝日ほかにて放送された。

ユーリ・プリセツキー
声 - 内山昂輝(幼少時 - 古城門志帆)
本作の「もうひとりのユーリ」で15歳。身長163cm。
シニアデビューを控えたロシアの選手。
「ロシアの妖精」の異名を取る金髪の美少年だが、
リンクを下りれば柄が悪く態度の大きいヤンキーと化す。

ヴィクトル・ニキフォロフ
声 - 諏訪部順一
ロシアの選手で27歳。身長180cm。
世界選手権5連覇を成し遂げた
「リビング・レジェンド(生きる伝説)」と称される
フィギュアスケート選手。


(関連記事引用)



イラストはユーリとヴィクトル
“妖精と貴公子”のイメージ
(宝塚のスターを参考にさせていただいた)

スケートではペアの演技でいかにも軽そうに
相方を抱えているように見える
なにかコツでもあるのだろうか?


さて、
前回は主人公、勇利のイラストだった
本当に描きたかったふたりを描いていなかったので…
(ちなみに原作でこんなシーンはない)

それぞれが
独創的な演技でとにかく強く美しい印象を受ける


今回は、純粋に
ただこの絵が描きたかっただけ

内容についてはもう終った作品なので
特に云いたいコトはない…



ウン、
今回、ふたりの衣装はユーリが原作のもの
ヴィクトルは私の創作である
“氷上の貴公子”
のイメージでデザインした
背中に白鳥の翼を描こうかなど考えたけど
現実、そんな衣装で演技するコトはありえないので
自重した(イメージならありかもしれないけど…)


ユーリは小柄で華奢な選手
「ロシアの妖精」とはよく云ったもので
その容姿だけで魅了される

私がこのお話で最も好きな選手は勇利だけど
それを引き立ててくれる各国代表の選手
すべてにそれぞれの魅力がある

その国独特(?)のスケートスタイル…
機会があれば
他の選手も紹介したい

オネアミスの翼改

         「あなたは神を信じますか」



『王立宇宙軍 オネアミスの翼』公開より30年…
私とはまるで縁はないけど
『エヴァ』で有名なガイナックスの
初期作品と云うコトで描いてみた




『王立宇宙軍 オネアミスの翼』は、
ガイナックス制作のSFアニメ映画。
1987年(昭和62年)3月14日に劇場公開された。
純制作費は3億6000万だが、
ハリウッドでのプレミア上映などプロモーションにかかった
宣伝費などを含む総製作費は約8億円に対し
配給収入は3億4700万円。
ガイナックスは本作で生まれた赤字の補填の為に
『トップをねらえ!』を制作する事となった。


シロツグ・ラーダット
声 - 森本レオ
宇宙軍士官第2期生で、階級は中佐。宇宙飛行士候補。
21歳。身長171cm、体重62kg。
中流家庭で平凡に生まれ育つ。学業の成績に鑑み、
水軍パイロットへの夢は諦め、仕方なく入った宇宙軍で
漫然と過し、同僚の殉職にも無感動であった。
歓楽街でリイクニから宗教勧誘のビラを
受け取ったのをきっかけに宇宙戦艦パイロットへ志願し、
様々な訓練やトラブルを乗り越えながら史上初の宇宙戦艦
(有人人工衛星)パイロットとなる。

リイクニ・ノンデライコ
声 - 弥生みつき
17歳。身長165cm。
不仲な両親にないがしろにされ、
熱心な宗教家の祖母に育てられた。祖母が外国系のクォーター。
心の在りようを現実世界ではなく、
外国系の信仰の世界に置いており、
歓楽街の路上で布教活動を行っている。

マナ
声 - 村田彩
5歳。身長108cm、体重22kg。
不仲な夫婦の娘。夫婦の経営する飲み屋の洗い場で
働いていたリイクニが、喧嘩の絶えない家庭環境を見かねて
強引に引き取り同居させている。人見知りが激しく、
人と付き合う術を知らない。
女の子だがシロツグは最初この子を男の子と思った。
極端に無口で、作中でも台詞は「お星さま!」
と「あっち?」のみ。
シロツグとリイクニの言い争いに驚き泣くことも。
徐々にシロツグに懐いてゆき、
宇宙へ赴くシロツグを笑顔で見送った。


(関連記事引用)



イラストは
お星様になった(?)シロツグと
地上で平穏に暮らす(?)リイクニ、マナのイメージ

王立宇宙軍の意味はよくわからないけど
政治的なものか…
聞こえはカッコイイな
中身が腐っていても一般大衆には
流れる放送こそがすべて

成功率の少ないロケット打ち上げの隊員に志願するとは
よほどリイクニにお熱のシロツグ
正気の沙汰ではないな…
カッコいいところが見せたい!のレベルを超えている
要は世界すべてが自分の思うものではない
そこに、彼女からの洗脳が相乗効果を増しているのだろう

精神状態が弱い
「次になにをすればいい?」
自分の意志が欠落している

シロツグの場合は
いつも呆けているのに、リイクニが関わると
目の色が変わる…ヘンなヤツ
けど、捨てて置けない
彼はやる気がないのではなく
周囲の環境が彼をそうさせているのだ

宇宙にはなにもない
誰もいない
死と隣り合わせの世界

なにかを賭けるなら
そんな
一般人の入れない聖域
前人未到の圧倒的自己満足に浸れる場所…

感無量のシロツグに
そんなものを感じてしまった…
私も愚かな“人間”と云うコトだろうか

前編を通して考慮すると(娯楽作品として)お世辞にも
全く面白くなかった『王立宇宙軍 オネアミスの翼』
ではあるけど、人間ドラマの描写は高く評価すべきである

アニメーションの技術?
においてもこれは群を抜いている!

ただ、お子様の見るアニメとしては一般受けせんな
(アニメはいくら進んでも一般の大人の見るものではない)

大人の一般受けするアニメの代表作は
『サザエさん』『トムとジェリー』『笑ゥせぇるすまん』
最近では『おそ松さん』が有名
(いずれも脳を空にして見れるものばかりだ)

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』は
少々酔っている私でもなんとか見れるお話ではある
最近視聴している作品で
酩酊状態で絶対見れんのは『幼女戦記』くらいか…
別に高尚な番組というわけではない
(ハルヒ、エヴァ状態という意味)

『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』が
一般受けする理由はそういったコトだな…

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』にしかないもの
それは、どうしようもなくゆっくりと進む
どうしようもなく現実に近い世界観を間近で感じている
割と精神的に余裕のある状態の自分だな
(時と場合による検証である)

アホなお話は置いといて
『王立宇宙軍 オネアミスの翼』だけど
面白くないけど見て時間を損したとは思わない
そんなコト、1話切りしたアニメやドラマ、映画を
思えばかなりマシな作品だ
だから、イラストまで描いたわけで…

ガイナックスの当時の技術をアニメ関係者は認めている
それは作品としての評価ではない
私の好きな作品とは…

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』はつまらないのに
好きな作品である…
矛盾しているようでそうではない
“はい”と“いいえ”しかないアンケート用紙に
“どちらでもない”を選びたくなる…
そんな状況を作り上げているのは誰なのだろうか



余談ではあるけど、
森本さんはNHK人形劇『ひげよさらば』の
ごついネコちゃんヤドナシ役もされている…
あの眠そうな喋りでピンときた


私のイラストでは
リイクニが明るい未来を見つめているような笑顔に見える
子供は正直だとはよくいったもので
マナの表情がリイクニ(表面を装った大人)の本当の心である
シロツグが純粋にバカなのがこの物語の救いだと
感じている私もバカなのだけど…
果たして、このお話での成功者は唯一
シロツグだけだったのかもしれない
神にすがるのではなく自身が
人が神と呼ぶべく存在になってしまった
そう考えれば
すべてに納得のいくラストに仕上がっていると思う


「地球は青かった」(某宇宙飛行士談)

私も云ってみたい
ジェリドとエマ(ティターンズ)改

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『機動戦士Ζガンダム』が衛星無料放送にて好評放送中!




『機動戦士Ζガンダム』は、日本サンライズが制作した
『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。
テレビ朝日系列で1985年(昭和60年)3月2日から
1986年(昭和61年)2月22日まで全50話が放送された。

ジェリド・メサ
 声-井上和彦
地球連邦軍の精鋭部隊ティターンズに所属する
モビルスーツパイロット。
親友のカクリコン・カクーラー、エマ・シーンとは同期で、
彼らと同じく階級は中尉である。年齢は24歳。
些細なことからエゥーゴのエースパイロットである
カミーユ・ビダンとは因縁浅からぬ関係となり、
幾度となく対峙した。

エマ・シーン
 声-岡本麻弥
『Ζガンダム』開始時の年齢は24歳。階級は中尉。
軍人家庭に生まれ、ティターンズ配属までは地球で暮らす。
基本的に柔和ながら実直な性格。典型的な軍人気質で、
規律重視で杓子定規に判断する傾向がある。
規律を破ったカミーユ・ビダンやファ・ユイリィに
「修正」と呼ぶ体罰を下すことにも躊躇はなかった。
しかし理性的な面も備え、
手段を選ばないティターンズを離れた。


(関連記事引用)



何も知らないティターンズの若き将校たち

イラストはそんな彼らのイメージ
ジェリドとエマ

エマは最初に被っていたベレー帽着用姿
この姿は二度と見れん

毎度、調子に乗っているのか
必ず戦いに敗れて帰還するジェリドは
『Ζガンダム』版のシャアのはずなのだが
戦闘能力も著しく低いため
ティターンズがエリートだとは思えない

そのティターンズの
トップが元凶らしいが
それをおかしいと思わない兵隊はもっとヘンだ
戦争というものは人を狂わせる
いや、集団か…

なので、敵側のティターンズが人間的に
最低の存在として私の記憶に刻まれた

敵と味方をどこで判断するかの基準は
主人公がどちらのサイドにつくかだな
(主人公は神か?)

なので、このお話は
敵味方の入れ替わりが目立った点で
自由に立場を入れ替えるコトができるのだという
コトを知らしめた

転職は軍人でもできるんだ~


ジェリドに関わった女性たち
そして彼女たちの死
すべてはジェリドの弱さが招いた結末
それでも、誰も彼を疫病神とは云わない

イケメンだからかな

ジェリドとエマには
同じティターンズ軍人としての立場以外まるで接点はない
そこが他と違って新鮮味があるという錯覚を
受けているのだろう
実際はそうでもないのだけど…

今回はライラ
エマの部分をライラに挿げ替える的なイラストは
あんまりかもしれない
とはいえ、ジェリドを見ているとそうとしか思えない
ライラのあとはマウアーだったっけ?
私の次のイラストはジェリドの背中に誰がいる?
エマは早めに転職していて難を逃れたが…
彼女はニュータイプだったのかな?

ちなみに、ガンダムの世界で云う
ニュータイプは若者で、オールドタイプとは年配の方、
という意味ではないので…


キャラクターデザインの安彦さんが
ジェリドのキャラ設定を描く時に
富野監督から
“あまりカッコよくしなくていい”
との指示を受けたそうだけど
私にとっては十分カッコイイと思う

エマはなんかララァの髪型(前髪)に似ている
全然カンケーないのではあるけど…

私もいろんなキャラクターをデザインしてきた
男性キャラは額を出していたほうが好みだな
(年齢にもよるけど)
女性は全般、額は隠している…
まあ、単なる好みの問題なので
自然と絵に出るんやけど
設定を無視して描くわけにはいかんからな~




最後にひと言

ティターンズの制服はカッコイイ!
私も着てみたい
鋼のエド錬金!改

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)


やっぱエド、ええな~
『鋼の錬金術師』のDVDを見たので描いてみた




『鋼の錬金術師』は、荒川弘の漫画
『鋼の錬金術師』を原作としたボンズ制作の
日本のファンタジーアニメ。
テレビアニメ作品として2003年10月4日から
2004年10月2日までMBS製作・TBS系列ほかにおいて放送された。

錬金術が科学として発達した世界にある軍事国家
「アメストリス」。そこで、幼い頃から共に卓越した
錬金術の才能を持っていたエドワード・エルリック(エド)と
弟のアルフォンス・エルリック(アル)は、
病気で亡くした母を錬金術で最大の禁忌とされる
「人体錬成」によって蘇らせようと試みるが失敗し、
エドはその代償として自らの左脚を、
アルは自らの全身を失ってしまう。
エドはとっさの判断で自らの右腕を代償に
アルの魂をその場にあった全身鎧に定着させ、
なんとか弟を死の淵から救い出す。
しかし、エルリック兄弟が失ったものはあまりにも大きかった。


(関連記事引用)



イラストは『鋼の錬金術師』より、
エドのイメージ

私はこのポーズが好きでつい真似もしてしまう…

錬金術とは魔法のコトではないけど
このお話の中では魔法のような存在である

とにかく暗いお話だが
アルのキャラがカワイイ!

そして、
オープニングテーマ「メリッサ」がいい!
テンポのよさがこの物語のイメージにピッタリ

私のイラストもこの曲を聴きながら作成した


「メリッサ」が今年度
歴代主題歌ベスト100ランキングに入っていた


DVDは持っているので
確認したけど『ハガレン』の
すべてのオープニング・エンディングテーマの中で
「メリッサ」がやっぱ一番ええわ

誰が選んだんかよくわからんけど
私と同じ感覚をもつ存在があると云うコトか…

夷川の娘・海星改

    「い~湯だ~な、い~湯だな、アハハン♪」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)


ふたりで銭湯中…

『有頂天家族』テレビアニメ
第九話 「夷川の娘・海星」
で初登場(?)の海星を描いてみた




『有頂天家族』は、森見登美彦による日本の小説。
森見作品の中で「五男」、「毛深い子」と呼ばれる。
幻冬舎より2007年9月25日に刊行された。
森見作品初の、動物が主人公の小説。
3部作となる予定の「たぬきシリーズ」の第1部に当たる。

2013年と2017年にテレビアニメ化された。


下鴨矢三郎
声 - 櫻井孝宏、能登麻美子(幼少期)
主人公。下鴨家三男。父の残した
「面白きことは良きことなり!」の言葉を身上に
勝手気ままに暮らしている。

海星
声 - 佐倉綾音
早雲の娘で金閣・銀閣の妹。一時期矢三郎の許嫁であり、
四兄弟の母からも気に入られていたが、総一郎の死後、
早雲によって縁談は一方的に破棄された。
なぜか矢三郎の前に姿を現そうとしない。弁天が大嫌いである。
非常に口が悪く矢三郎にはいつも罵声を浴びせているが、
父親や兄たちと違って性格はよく、
文句を言いながらも何らかの形で矢三郎たちに
力を貸すことが多い。そのせいか過去の出来事で
夷川家を憎んでいる筈の下鴨兄弟の母も、
彼女のことだけは今現在もお気に入りのようである。
その姿は原作では明確な描写がなされていないが、
アニメでは化け姿が描かれた。


(関連記事引用)



イラストは
第九話 「夷川の娘・海星」より、
矢三郎と海星のイメージ

アニメ版での銭湯で入浴のシーンを参考にしている
海星はアニメ版オリジナルの人間姿らしい…

元絵は混浴ではないし、露天風呂でもないので…
絵の真ん中にしきりの壁がある
ドイツの壁は壊されたがこの壁が壊されるコトはない
ウチとお隣さんとの間にも2メートル近い高さの壁がある
アメリカとメキシコにも壁ができるのだろうか?
まあ、壁の話はこれくらいにして
銭湯シーン、
湯船に浮かんでいるのはゆず
私は銭湯に行くコトはないので知らないけど
冬至に風呂屋でゆずを浮かべるものなんだな
温泉ならいいけど
ゆずは長時間入れていると果汁が出て
お湯がぬるぬるになるのが難点

このふたり、
なんかほのぼのして見えるけど
この時の会話は心温まるものではない

「このトンチキ野郎!アニキたちをバカにしたら
     しょーちしねぇぞ!」
ちなみにこれは海星のセリフである

そして、このシーンに銭湯が使われた理由は
私にはわからない


このお話で一番不思議なコト
それは、
矢三郎は海星の姿を見たコトがない
と云うコト

テレビの視聴者のみ海星の姿を見るコトができる
コミックや小説ではありえない
アニメというメディアのみの特権だ!


タヌキさんを食べる人間はひどいコトをする
とタヌキさんに思われている
フライドチキンを食べる下鴨家のタヌキさんたち
ニワトリさんを食べるタヌキさんはひどいコトをする
とニワトリさんに思われている(?)
食べられる側の気持ちはわからんけど
人間を食べる巨人のような生き物がこの世に
存在すれば面白いとは思う…


『有頂天家族』テレビアニメ再放送は
衛星無料チャンネルで放送中!

神のみぞ知るセカイⅡ改

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)


神すぎる…

『神のみぞ知るセカイ』より、神降臨!!




『神のみぞ知るセカイ』は、若木民喜による
日本のラブコメディ漫画作品。ならびにその派生作品。
『週刊少年サンデー』にて2008年19号から2014年21号まで
連載された。

桂木 桂馬(かつらぎ けいま)
声 - 下野紘 / 小林沙苗(子供時代)
本作の主人公。私立舞島学園高等部2年B組。
自他共に認めるゲーマーで幼い頃から
四六時中ゲーム三昧の生活を送っており、
特にギャルゲーをこよなく愛する。
その能力を見込まれ、エルシィの「協力者」として
現実の女子を恋に落とし、攻略する羽目になる。

エルシィ/エリュシア・デ・ルート・イーマ
声 - 伊藤かな恵
地獄の冥界法治省極東支局の
「駆け魂隊」の1人である「新悪魔」。
桂馬を「協力者」として駆け魂捕獲を行う。
人間界では桂馬の同年齢の妹として
「桂木エルシィ」を名乗っている


(関連記事引用)




神すぎる…

“神ってる”とは違う意味だな
とはいえ、造語なので正式な訳はない
辞書やネットで調べても意味はわからん

「神」と聞くとなにか神々しいもの、って
すでに神という文字がふたつも入っている…

そもそも、
『神のみぞ知るセカイ』を
見るようになったのは
なにより神的なELISAのオープニングテーマがいいからだ

まさに、
神すぎる…のだが


こちらは、&エルシィバージョン


神のみぞ知るセカイ改

         「あにさま~かみすぎる~」



ドジッ子がいるとこんな感じ
異物混入して
なんか絵の質感が落ちたような…
っとエルシィファンの方ごめんなさい!


神はいろんな形で人の前に姿をあらわす
それは人のような時もあり、獣のようでもある

ひとりひとりが持つ、何者にも代えられない
心にある形、それが神である



ちなみに、今回の記事に何回
“神”という文字が入ったのかな?



答えは19回

・・・・・・・・・


ルウリィのティータイム改



特になにもないけど
『スプーンおばさん』より、ルウリィとルウを描いてみた
なんかいい感じのふたり




『スプーンおばさん』は、
1983年4月4日から1984年3月9日まで、
NHK総合テレビで放映されたテレビアニメ。
原作は、ノルウェーの児童文学作家
アルフ・プリョイセンによる童話シリーズ
Teskjekjerringa 。

ルウリィ
声 - 島本須美
森に住む不思議な少女。おばさんと大の仲良し。
おばさんの秘密を最初から知っていた。
車より早く走る、一瞬で消える等、不思議な力を持っており、
人間ではないことを示唆するような描写があるが、
どんな存在であるか明言されてはいない。
また動物が好きで、いつもミンクのルウを首に巻いている。
8歳。アニメオリジナルキャラクター。

ルウ
声 - 横沢啓子
ルウリィのペットのミンク。おとなしい性格。


(関連記事引用)



イラストは
ルウリィとルウのイメージ
ルウリィの持っているスプーンは
スプーンおばさんのもの

原作にはいないこのふたりだけど
アニメでは欠かせない存在


飯島真理さんの歌う
オープニングテーマ「夢色のスプーン」がいい
(作詞/松本隆 作曲/筒美京平)

夢色とはどんな色なのだろうか…

とにかくオープニングを見るだけで
幸せになれるアニメ
(飯島さんのエンディングも元気が出る歌である)

島本さんが歌わなくて良かった…
(めぞん一刻の響子さんの歌はサイアク…)
っと失礼

本編の内容より歌のコトばかり云ってんな
実際そうかもしれない…
ン?


そういえば、おじさんとおばさんは描いたコトがないな
別に描かんでもいいけど一応
主役やからな…
いや、主役は動物さんたち


とにかく、動物さんが好きな方にはお勧めの作品…
だと思う
わさっちキティ改



キティちゃんが可愛かったので描いてみた




Yamayoshi『わさビーフ』
わさビーフ&ハローキティ ハッピーキャンペーン

A賞:ビーズクッション
B賞:トートバッグ

キャンペーン期間は昨年11月28日で終了しているので…



わさビーフでおなじみのキャラクターに
名前がついた

“わさっち”


と云うコトで、イラストは
キティちゃんのわさっちバージョンのイメージ
(ビーズクッションのデザイン)

それにしても、
よくかぶりものをするキティちゃんだな…
わさっちとはどういったカンケーがあるのだろう

ちなみに、応募してないのでウチにこの子はいない

棚橋×内藤改

           “100年に1人の逸材”

                対

           “制御不能なカリスマ”



強い男たちがいる!

『ワールドプロレスリング』放送中!




棚橋 弘至(たなはし ひろし、1976年11月13日 - )は、
日本の男性プロレスラー。岐阜県大垣市出身。
新日本プロレス所属。身長181cm。体重103kg。
遠縁として木瀬部屋所属の元幕下・稲葉丸がいる
(本名は棚橋弘貴)。

内藤 哲也(ないとう てつや、1982年6月22日 - )は、
日本の男性プロレスラー。東京都足立区出身。
血液型AB型。新日本プロレス所属。身長180cm。体重102kg。


(関連記事引用)



イラストはワールドプロレスリングより、
棚橋×内藤のイメージ

なんか目立っているこのふたりは
『タイガーマスクW』にも登場している
残念ながら声はご本人ではなく声優さんが担当

人気のレスラー
オカダさんがタイガーマスクWとの試合を実現させたいと発言
私としても、それは絶対見たい


個人的には田口監督のキャラが好き
強いのか弱いのかその実力は未知数である

監督曰く、
“セイシをかけた”
熱いバトルがぜひ見たい!


ところで、
プロレス番組を見るようになって気づいたコトがある
レフェリーはなんのためにいるのかな?
ダウンのカウントをとるため?
「ワン、ツー、スリー」
そのカウントは時計で正確に計っているのだろうか…
ダウンして3秒じゃないよな

御堂筋クン(弱虫ペダル)改

             「キモー!」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



弱虫ペダル NEW GENERATION(第3期)放送中!

「キモ、キモ、キモー」
キモを連発する御堂筋クン




御堂筋 翔(みどうすじ あきら)
声 - 遊佐浩二 / ゆきのさつき(幼少時代)
京都伏見高校1年生 → 2年生。1月31日生まれ。
水瓶座。血液型AB型。
脚質については作中に明記されていないが、
非常に能力の高いオールラウンダーとして描かれている。
愛車は軽量という観点から小さめのフレームサイズに、
長めのシートポストとステムをセッティングした
デ・ローザ(アニメ版では『DE LOSE』に変更)。
驚異的なスタミナ・瞬発力・精神力を備えている。
コースや相手チームのデータなどを徹底的に調べ
レース状況全てを計算して戦略を立てる、頭も切れる実力者。
本気で走る際には異常なほどの前傾姿勢を取る。
元々運動全般が苦手であったが、
「何があっても前に」との亡き母の遺言を胸に、
勝利のための努力を只管積み重ね、
同年代の中でも群を抜く実力を運動性能・知略の両面で
身に着けるに至った。


(関連記事引用)



イラストは
バトル中の御堂筋クンのイメージ

ブレーキがついていないな・・・
軽量化のため?なわけねーだろっ!競輪なめんなよっっ!!
(自転車は省略。自転車好きの方ごめんなさい)

第6話より、
鳴子クンとのバトル

登場人物はみなクセを持ったキャラ
そのなかでも御堂筋クンは目立っている
最初はただのヘンな人と思っていたけど
お母さんとのエピソードから好きになった


御堂筋クンがなぜ「キモキモ」云うのか
いつ云い出したのかそのきっかけが
よくわかんないけど
そこがなんかいいのだよな


体型は人型兵器エヴァンゲリヲンに酷似している
人間だと『るろ剣』の八つ目!
『北斗の拳』に拳王偵察隊シーカーというのもいたっけ…


御堂筋クンが京都の高校というのが
納得いかないけど
とにかく、もっと出番を増やしてほしい
頭文字D・ハチロクとなつき改

        「拓海クンって、運転上手だね」


峠バトルが熱い!

新劇場版『頭文字D 』三部作
『頭文字D Legend1-覚醒-』(2014年)
『頭文字D Legend2-闘走-』(2015年)
『頭文字D Legend3-夢現-』(2016年)
衛星放送にて一挙放送があったので視聴





『頭文字D』は、しげの秀一による日本の漫画作品、
またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。
通称「イニD」。
峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、
走り屋の若者たちを描いた作品である。

漫画は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、
1995年30号から2013年35号まで連載された。
単行本はヤンマガKCより全48巻。


原作あらすじ

藤原拓海(ふじわら たくみ)は一見ごく普通の高校生だが、
父が営む「藤原とうふ店」の配送を手伝い、
秋名山の峠道で日々AE86型(ハチロク)
スプリンタートレノを走らせるうちに、
非凡なドライビングテクニックを身に着けていた。
ある日、赤城山を本拠地とする走り屋チーム
「赤城レッドサンズ」のNo.2である
高橋啓介(たかはし けいすけ)に勝利したことで、
「秋名のハチロク」の噂は近隣に広まっていく。
当初は状況に流されるままバトルを受ける拓海だったが、
手練の走り屋たちの挑戦を経て、
次第に自分の才能と夢を見つめなおすようになっていった。


(関連記事引用)



イラストは『頭文字D』より、
ハチロクとなつきのイメージ

峠バトルとはまるで別世界のパート
拓海となつきのデートシーンを参考にした
新劇場版での服装は私服
サブタイトルとナンバーは原作には存在しないので…
(1307は悟飯の戦闘力で私の好きな数字)

3年前はハチロクと拓海のイラストを描いたけど
峠バトルのスピード感溢れるカットが表現できんかったな
漫画は描き文字とタッチと効果線とコマ割り、
アニメは音声と動画とカメラワーク、
では、イラストは?
動いているものを一枚絵で描くコトはムズイ…

という理由で今回は駐車姿のハチロク
停まっているとただの車だな
やっぱハチロクは動いてないとな



映画の感想としては、
ストーリーに変更はないのでテレビシリーズを見ていれば
劇場版を見る必要はない(総集編のような映画だった)
と思う
見たかったシーンがかなり省略されていたな~
デンジャラス慎吾とのバトルまでのいきさつ
(デート中のイツキのAE85が無残な姿にされるところ)や、
なつきのエンコーとか、真子・沙雪ペアとのバトル
(真子と沙雪がただの観客に…)

テレビアニメ版と声優陣が変わって
なんか違和感を感じたけど
見ているうちに慣れてはきた
とはいえ、やはり以前のままがよかったかな
拓海の声が一番最近見た
『亜人』の永井クンと重なって聞こえる
特徴あるな宮野さんは…

新劇場版を作る必要があったのだろうか


ところで、トヨタ86って
当時、人気があったのか
見た目にカッコイイとは思えないけど
同クラスの車と比較して性能がいいらしい
現在のハチロクは流線型のフォルムで
私の好きなデザイン
2ドアクーペとしては同じなんだけど
『頭文字D』を知る私としては
まるで別物に見える
見た目ではなく運動性能が似ているのかな
昔のハチロクを運転した人ならわかるのだろうな
ちなみに私は2ドアの車は運転したコトはない
Zかシルビアがいいなと思ったコトはある
でも私はトヨタ派なのでソアラかスープラか…
現在はあまり見かけんな
あ、もう生産してないのか!
猫忍改

       「父上のぬくもりを感じるでござる」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



テレビドラマ『猫忍』好評放送中!!
5月20日に劇場版も公開するらしい…
と云うコトで記事にしてみた
劇場版『猫侍』はそれなりによかったので
『猫忍』もギャグのレベルを保ちつつ
どうか、本筋は外さないで欲しい

『猫忍』はニンジャタートルズのように
ネコちゃんの姿をした忍者ではないので…
私としてはそのほうが好きかも??




『猫忍』(ねこにん)は、
2017年1月より放送中のテレビドラマ(時代劇)。
同年5月20日に劇場版映画作品としても公開予定。
東名阪ネット6が中心となって制作してきた
動物ドラマシリーズの第13弾。
『猫侍』とスタッフはほぼ共通しており、
撮影は日光江戸村で行われ、
日光江戸村の全面協力により制作されるのも同様である。

【ストーリー】
時は泰平。
幼き頃に尊敬する父と生き別れ、
以来、ひたすら修行に明け暮れてきた霧生忍者の陽炎太。
成長した陽炎太はいよいよ江戸詰めの任に。
忍び込んだ大名屋敷で偶然出逢ったのは、
ムッチリフクフク赤鼻の「父上」激似の「猫」だった…。


(関連記事引用)



イラストは
陽炎太と父上のイメージ
題字は少々アレンジしている


『猫忍』が1月より放送されている
最初見た時、『猫侍』の新作と勘違いした…
タイトル似てるからな
つーか、主人公の独り言も似ている
ボンビーなところもくりそつ
これだけ共通点があると、まるで兄弟のよう


ネコちゃんのコトを父上と信じきっている陽炎太は
ちょっとヘンなヤツだけど心優しい青年

里の仲間の忍者、燕と虎眼は
口は悪いが頼りになる存在

まあ、陽炎太がネコちゃんにこだわらなければ
なんでもない、ただの忍者のお話なんだけど…

修行を終え、江戸へ発つ霧生忍者たち
かつてそんなお話を結構見てる
(あずみ、アカメが斬る、とか…)
ストーリーが進むにつれて必ず不幸ごとで仲間が減っていく
『猫忍』はギャグだから、それはないだろうな


今回の動物ドラマシリーズは
陽炎太が主人公
で、
イマイチ、彼のキャラが弱いかな?
と感じている
これからの活躍に期待!



そういえば、
ソフトバンクの“お父さん”は元気にしているだろうか…
ネコちゃん、ワンちゃん、お父さん関連で気になる
種族の違う親子
なんか、鬼太郎のお父さんみたいな感じ
ある意味バカボンもそうなのかな?


『猫侍』『猫忍』とくれば
お次は当然…



『猫殿』………
『猫将軍』もありかな


ワンちゃんシリーズに変えると
『犬侍』『犬忍』『犬殿』『犬将軍』
なんかヘン!

今年は酉年なので
ニワトリさんだと
『鶏侍』『鶏忍』・・・お後がよろしいようで
ライダーエグゼイド・レベルX改

          「レベルエーックス!」



『仮面ライダーエグゼイド』毎週日曜日、好評放送中!




『仮面ライダーエグゼイド』は、
2016年10月2日からテレビ朝日系列で
毎週日曜8:00 - 8:30 (JST) に放送されている
特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身する
ヒーローの名称。
キャッチコピーは、
「ゲームスタート!」「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」

宝生 永夢(飯島寛騎) / 仮面ライダーエグゼイド
本作品の主人公。聖都大学附属病院のに勤務している
駆け出しの研修医で、第1話から第12話までは小児科を、
第13話から外科を担当。様々なゲームの達人で、
天才ゲーマー「M」の異名を持っている。
8歳のときに交通事故に遭い、
衛生省に来る前の恭太郎に命を救われたことから
「誰かを救いたい」と医師を目指すようになる。
仮面ライダーに変身するためには、
ライダーガシャットとゲーマドライバーに適合するための
手術を受けなければならないが、
永夢だけはその手術を受けずに変身できている。
さらには、通常の人間であれば
大量のバグスターウイルスに蝕まれ消滅してしまう
ガシャットに自身のデータを取り込ませることで
マイティブラザーズXXガシャットに変化させて使用している。
第14話で密かに血液を採取し検査した大我により、
ゲーム病に感染していることが判明する。

鏡 飛彩(瀬戸利樹) / 仮面ライダーブレイブ
聖都大学附属病院に勤務する外科医。
日本国外の大学を飛び級で卒業した天才外科医で
プライドは高く自信家。疲労回復の手段として
毎日決まった時間に糖分(スイーツなど)を摂取している。

花家 大我(松本享恭) / 仮面ライダースナイプ
医師免許を剥奪された闇ドクター。
5年前に仮面ライダーとして選ばれCRに所属し
仮面ライダーとして戦っていたが、
患者であった小姫の命を奪う結果となったことで
医師免許を剥奪された。外見や設定などについて
漫画『ブラック・ジャック』の主人公
ブラック・ジャックとの類似性が指摘されている。

九条 貴利矢(小野塚勇人) / 仮面ライダーレーザー
監察医務院に所属する監察医。
CRのライダー達の様子を伺っているなど食えない人物であり、
目的のためなら平気で嘘をつくことさえある。
実は、藍原淳吾という友人にゲーム病を告知したことで
彼を自暴自棄にさせてしまい、
適切な治療を施せず交通事故で亡くしてしまった過去がある。

檀 黎斗(岩永徹也) / 仮面ライダーゲンム
仮面ライダーシステムを開発したゲーム会社、
幻夢コーポレーションのCEO。
衛生省と協力し、CRを発足させた。
その正体は仮面ライダーゲンムの変身者であり、
バグスターのパラドやグラファイトと結託していた。
16年前の永夢と何らかの接点がある。


(関連記事引用)



イラストは
マイティブラザーズXXレベルXのイメージ
マイティブラザーズはその名のとおり
永夢がふたりに分裂して敵を攻撃できる
本人が理解していないところがなんか笑えた

それにしても…
永夢がゲーム病に感染していたとは…
ゲーム病自体がなにかよくわからない病気なので
彼が大変なのかどうかが問題である


倒されたように見えて復活する能力…
デンジャラスゾンビの力は最強だな
ライダーゲンムは好きくないけど
圧倒的な力には憧れる

今更だけど、
ライダーレーザーは残念だった

ライダースナイプも死亡フラグが立ったのかと
思ったけど大丈夫だろうか…

ライダーブレイブのクールさはカンペキなので
オペもカンペキ…?
彼のスイーツが気になっている私
メスでケーキを切る姿はひと言
「ヘンな人」っと、ごめんなさい

主人公以外は冷めたキャラばかりに見える
まあ、永夢が熱すぎるだけなんだろうな
熱血ヒーローは見ていて気持ちがいい
最近は戦隊物、仮面ライダーでしか見られんな
なんで人のためにそこまで本気になれるのか
さらに、裏切られる場合もある

死と迎え合わせの職業(?)仮面ライダー
なんか自由に悪者になっているけど
登場ライダーが全員悪に染まるとそこで
放送がゲームオーバーだな


これだけ自分勝手なキャラばかりというのも
ありえないけど現実的過ぎて子供には見せられんな~
私は子供だけど視聴している…

敵は悪ければ悪いほうが
改心した時に心に来る
それが狙いなんだろう…
そうなれば私の最も期待する展開だ


レベル1のライダーは私のイラストのような姿をしている
仮面ライダー史上、最も格好悪いデザインだと思う
ゲームキャラといえばそれまでだけど時代を感じさせるな…
ライダーゲンムのレベル1が見たい(ウソ)
ライダーブレイブのレベル1は存在自体ありえない
許せるのはライダーエグゼイドぐらいか…
レベル2とレベル3の違いが見た目にはよくわからないけど
能力は格段にあがるようだ
「オレの技は進化する!ギア○○」
とか、云って欲しかった(云ったらワンピのぱくりや!)

レベル1のライダーは4頭身
ファミコンキャラは2頭身(一部ゲームを除く)
いわゆるデフォルメキャラ
元は、かなり頭身のあったドラえもんや
錯乱坊が2頭身なのは連載が進んでからなので
体が退化したと云うコトなのだろう…

ライダーはやっぱカッコよくないとな
ライダーブラック、ライダーメテオ、ウィザード…
えがったな~
レベル1姿はありえん
ギアサードのあとのお子様ルフィの姿も然り
ゆるキャラ受け狙いなのか…
とにかく、最近特に、
立て続けにライダーのお姿がヘン!
石ノ森氏がデザインした伝統はいずこへ…
つーか、ライダーならそろそろバイク乗れよ!
まあ『仮面ライダーエグゼイド』は
飛彩が出てればそれだけでいいのだけど…
プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数