このすば2改

           「このすば~」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



冬の新番組テレビアニメ
『この素晴らしい世界に祝福を!』セカンドシーズン
1月より好評放送中!
「このすば!」




『この素晴らしい世界に祝福を!』は、
暁なつめによる日本のライトノベル。
イラストは三嶋くろねが担当。

テレビアニメ
この素晴らしい世界に祝福を!(第1期)2016年放送

佐藤和真(サトウ カズマ)
声 - 福島潤
本作の主人公。
初期は日本から持ち込んだジャージを普段着としていたが、
後に冒険者らしい軽装備に換装。職業は冒険者。
元は日本で引きこもりをしていたが、
トラクターに轢かれそうになったことを原因に死亡し
アクアとともにアクセルの街に降り立つことになる。
冒険者稼業を続けていくうちに
アクア、めぐみん、ダクネスの3人の仲間とともに
アクセルの街に暮らすようになり、
主に彼女らが原因で様々な波乱に巻き込まれて行く。

アクア
声 - 雨宮天
おかしな信者ばかり擁するアクシズ教の御神体にして、
水を司る女神。
パーティではヒーラーを担当しており、
回復、補助、蘇生、状態異常の治療など、
取得スキルはいずれも絶大な効果を発揮する。
知力が低いうえに幸運に至っては最低クラスであり、
カズマの幸運を相殺してしまっている。

めぐみん
声 - 高橋李依
紅魔族の少女。スピンオフ版の主人公。
職業はアークウィザード。使える魔法は爆裂魔法のみ。
しかも圧倒的な魔力不足で、撃つたびにぶっ倒れる
というおまけ付きである。

ダクネス
声 - 茅野愛衣
本名はダスティネス・フォード・ララティーナ。
一見するとクールな女騎士だが、その実態は真性のマゾヒスト。
職業はクルセイダー。一行における唯一の前衛として、
敵の攻撃を一手に引き受ける。


(関連記事引用)



イラストは
『この素晴らしい世界に祝福を!』より、
カズマのパーティーのイメージ
左から、カズマ、めぐみん、アクア、ダクネス
バックはファミコンの画面風にしてみた
それにしても…
漢字のないファミコンの世界は
漢字を知らない私にとってはまさに
『このすばらしいせかいにしゅくふくを』
だったのだな…
ホント、すばらしい
漢字のない世界に祝福を!「このすば…」


『このすば』テレビアニメ
第1期の時に第2期の情報は知っていたけど
まさか本当に制作されていたとは…

毎回ドタバタをやっているこのお話
アニメは第1期から見ているので
なんとなく今期も見始めたわけだけど
相変わらずバカやってんな~
ま、そこがいいとこなんだけど

この季節、
こたつでせんべいでもかじりながら
のんびりと見る…
そんな番組かな
「このすば!」


毎回いろんな形でクエストを達成(?)していく…

彼らがマジメにやっているように見えないのは
冒険者としてのレベルが低いのではなく
ギャグ漫画としての制限があるからだろう
私としては少々物足りないような気もするけど
強くなったカズマは調子に乗りそうなので
現状維持が正解かも…
成人になったカツオを見たくはないのと同じコトかな
「こ・の・す・ば」


ところで、
前から気になったいたコトがある
『この素晴らしい世界に祝福を!』のタイトルだけど
ライトノベルにありがちな意味不明のテキトーなもの?
なので気にしないコトが正しい付き合い方なのだろうな
作品タイトルにこだわる私の考えなので…
ちなみに自作漫画『霊少女ヒミコ』のタイトルは
『霊界ハンター』『エスパー・ナイト!』
『アマテラス』とか候補があったけど
なかなか決まらなかったな
主人公も原案の時点ではまるで別人だった
「こ~の~す~ば~」


『このすば』はタイトルが偉大すぎて
免疫のない方が視聴するとそのギャップに
驚くのでは・・・っと失礼
「こっのっすっば」


場面が変わる時に入る「このすば~」のセリフは好き
かつて『みつどもえ』のアニメ化で
場面が変わるときに「みつどもえ~」のセリフが
いろんなバージョンで入っていたのが大好きで
今回の『このすば』アニメ化が
そこだけでなんかうれしかった

まあ、なんにしても、とにかく、
永久に同じ時が繰り返される
『サザエさん』や『ドラえもん』『名探偵コナン』
そして…『このすば』(?)は
吉良吉影のバイツ・ザ・ダスト状態がいいのだ!
「こ、このすば…」


最近ダクネスが制御できない・・・
アクア、めぐみんが元々そんなキャラなので
ついにこの時が来たか、といったところだな
「そろそろルイーダの酒場※で…」
カズマの声が聞こえて来そう

※ルイーダの酒場
かの有名なゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズで
不要になった仲間と別れたり、パーティーに加えたりできる
現実にはありえない意味不明の場所


『勇者ヨシヒコ』では
まんま、ルイーダの酒場が実写で描かれていたが、
ヨシヒコが迎えに来るまで
酒代は誰が面倒を見ていたのだろうか…
『このすば』の世界でも存在しそうだけど
それだとヨシヒコとかぶってしまいそう
あ、ヨシヒコは立派な勇者としての資質を持っているので
カズマと一緒にしてはイカンな



『このすば』のまともなRPGゲームが出たら
ぜひプレイしたい!
(『女神天国』『おたくの星座』的なイメージを想像している)
まあ、ありえんけどな
スポンサーサイト
恋の花咲くバレンタイン改

         「みんな、誰かを愛してる…」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます) 
         

酉年だな…

と云うコトで今月も『たまこまーけっと』
第2弾は第2話、季節は2月で
バレンタインネタである




『たまこまーけっと』は、
京都アニメーションの制作による日本のテレビアニメ、
およびそのノベライズ作品。
テレビアニメは2013年1月より3月まで放送された。全12話。
2014年にはアニメ映画による続編
『たまこラブストーリー』が公開された。

デラ・モチマッヅィ
声 - 山崎たくみ
とある南の国から商店街にやってきた鳥。
オウムまたはインコのような風貌をしている。
鳥の本には載っていない。
国の王子のために后(きさき)を探しにきた王家の使い。
人間の言葉を理解し話せる。餅が大好物。
なお、一部の人間からはニワトリと呼ばれることもあるが、
ニワトリ扱いされると激怒する。

常盤 みどり(ときわ みどり)
声 - 金子有希
たまこの幼馴染で、同じ高校の同級生。
8月19日生まれ、血液型B型。
バトン部に所属。
祖父がうさぎ山商店街でおもちゃ屋を経営。
現在商店街には住んでいない。
サバけた性格で男女問わずに人気があるらしい。
金髪と常盤色の髪留めがトレードマーク。
ツッコミも含めてたまこにはなにかと世話を焼くことが多い。
「だね」と同意するのが口癖。
緑色のリボンがついたクマのぬいぐるみを
とても大切にしている。

第2話「恋の花咲くバレンタイン」
 色とりどりの花の中、ひそやかに咲く花もある。
どんな想いも花は花。心に咲いて、愛おしい。


(関連記事引用)



“あの子に好きって言われたい。”
銘菓ひよこみたいなうさぎの幟がよかったな
な、なんと、町じゅうがバレンタイン!
恋する商店街はハートだらけ…
「なんだこりゃ!?」

イラストは
第2話「恋の花咲くバレンタイン」より
みどりとデラのイメージ
喫茶店でのシーンがよかったので…

みどりは初描き

「胸が苦しいのであろう?」
彼女に気を遣って喫茶店に誘ったのかはわからないけど
ひまわりの種にがっつくデラ…


この回は、たまこが
うさぎ山商店街を盛り上げるために
バレンタイン企画を考えるお話なんだけど
お父さんは反対する

「はげ…!」些細なたまこの反応にお父さんは…
「まだ…はげてない」

それにしても、
さすが
うさぎ山商店街…
うさぎさんの着ぐるみ姿のたまこたちがいい!


ハート型の紅白もち(中にチョコが入っている)を
作ったと照れながらたまこに渡すお父さん
「ふたりで食べると気持ちが通じ合う…ラブラブハートもちだ」
「ぷ」思わず吹き出すたまこ
「ラブラブ~」

「ひまわりの種をもちに入れるとよいぞ」
とはデラの案…
ハムさんじゃないって~
実はデラの好物


結局、私にはみどりの気持ちがわからなかった…
「誰が誰を好きになってもいいんだよ」

「オレにホレるなよ」
カッコつけてるけど、デラの本音は…
「今日はバレンタインというのに…
  チョコがひとつも、もらえな~い!!」

たまこがチョコを渡す相手は…?
みどりは男性から告白…?


そういえば、
イラストにバレンタイン用(?)のハートを入れ忘れたな
バレンタインもとうに過ぎているので、ま、いっか


恋の花咲くバレンタイン(ハート)改

と思ったけど
やっぱハート描いてみた
「ふたりで食べると気持ちが通じ合う…ラブラブハートもちだ」
って、もうええねん!






あ、このふたりはそんなカンケーではないので…!
美樹本洋介(かまいたちの夜)改

       「こんや、12じ、だれかがしぬ」



毎年恒例の『かまいたちの夜』を描いてみた
曇りガラスの向うは凍てつく世界

スキーで疲れた体がホッと休まる宿でのひと時、
曇った窓を拭くと、そこには殺人鬼が…
身も心も凍りつきそうなストーリー展開と銀世界の美しさ的
ふしぎな魅力を持つこの物語は
この季節に自然と感じてしまう人間の本能のよう

凍えた体を湯船で温める…
たとえるなら、そんなお話

今年はPlayStation Vita用ゲームソフト
『かまいたちの夜 輪廻彩声』が2月16日に発売。
あの恐怖はまたいずこからやってくる

それは、まるで
終るコトのない冬…




『かまいたちの夜』は、
チュンソフトから発売されたゲームソフト。
『弟切草』に続く同社のサウンドノベルシリーズ第2弾である。
1994年11月25日にスーパーファミコン用ゲームソフトとして
発売され、その後数多くの機種に移植された。
背景の上に文章が表示され、
時折現れる選択肢を選んでいくことで様々な物語が展開する
サウンドノベル作品。
真冬の雪山のペンションを舞台に、
そこで起こる不可思議な殺人事件の謎を解くことが目的だが、
多数あるエンディングの関係から、
目的とずれた結末を迎えることがあるのも特徴の一つである。

美樹本洋介(みきもと ようすけ)
長身で髭をはやしたフリーカメラマン。人当たりが良い。

田中一郎(たなか いちろう)
スキー場に来てロングコートに帽子に
サングラスをつけている不審人物。


(関連記事引用)



「こんや、12じ、だれかがしぬ」
といえば『かまいたちの夜』
(漢字が入っていないのが特徴)

今年の『かまいたちの夜』イラストは
美樹本さんと田中さんのイメージ

このふたりがいたからこそ
この物語は成立する

ひとりでも欠けていたら
あのような惨劇は起こらなかったのに…

というわけで、セットで描いてみたわけだけど
このふたりが同時に現れるコトはありえない
イラストはあくまでイメージなので…

それと、
ゲームキャラがシルエットなので顔などは
毎度のコトだけど私の想像である

実は全登場人物の設定はあるので
それを参考にしているわけだけど
美樹本さんのグラサンバージョンがカッコイイと思う
(今回は田中さんのせいで外している)

田中さんについて気になっていたコトがある
それは、ペンションで夕食時にスープが出るが
それをどうやって飲んだのだろう?という疑問
髪の毛を含めて顔を見られないように食事を取るのは
不可能である
もしそれが可能だとすれば、それは田中さんが
よほど目立たない行動をとるしかない
そうすれば誰も気にするコトはないし
「そんな人いたっけ?」で済む
物語は田中さんが目立たなければ成立しないので
そこが矛盾しているかな…


犯人当てが面白い!
『かまいたちの夜』(スーファミ版)
シナリオは「ミステリー編」で始まる
ある条件を満たすコトで新しいシナリオが発生する
「スパイ編」「悪霊編」があるわけだけど
どのストーリーも登場人物が一緒なのに
「ミステリー編」とは別人となっているので
先入観で行動すると大変な勘違いとなってしまう



今月発売の新作『かまいたちの夜 輪廻彩声』は
スーファミ版『かまいたちの夜』を5pb.がリメイクした作品。
原作ではキャラクターが青いシルエットで表現されていたが、
本作では2010年代のライトノベル世代向けにイラストによって
表現されている…らしい
私にとっては、どうでもいいコトだけど
『かまいたちの夜』の新作はうれしいコトである
ヒロインの真理は私の好きな明坂さん
みどり役は仙台さんが声を担当している
“彩声”とはよくいったものだ
もはや、サウンドノベル(音付き小説)ではないな…
来年は『かまいたちの夜 輪廻彩声』のイラストでも
描いてみるか~♪
リトルウィッチアカデミア改

            「落ちこぼれ…」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



落ちこぼれ魔女の奮闘を描いた
『リトルウィッチアカデミア』
冬の新番組として、テレビアニメ好評放送中!




『リトルウィッチアカデミア』は、
TRIGGER制作による日本のアニメ作品。
2013年3月2日に『アニメミライ2013』の一作として
劇場公開された。

2015年10月9日には続編として
『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』
が2週間限定で劇場公開された。
こちらは『アニメミライ』作品ではなく、
単独企画作品となる。

2017年1月からは、
テレビシリーズ『リトルウィッチアカデミア』が放送中。
こちらはこれまでの続編ではなく、
改めて最初から描き下ろされた完全新作となる。

アツコ・カガリ(アッコ)
声 - 潘めぐみ
ヨーロッパの魔女育成名門校
『ルーナノヴァ魔法学校』の魔女見習い。
憧れの魔女シャイニィ・シャリオを目指す。
日本出身。性格は猪突猛進。
日本の一般家庭出身で魔女の家系ではない為、
他の生徒に遅れを取ることが多く、
ホウキにもまともに乗れない。
口癖は「どっきどきーのわっくわくー」。

アマンダ・オニール
声 - 志田有彩
魔女パレードでアッコ達と協力することになった
問題児三人組の一人。男勝りでメッシュの入った髪が特徴。
アイルランド系アメリカ人。

スーシィ・マンババラン
声 - 村瀬迪与
アッコのルームメイトで親友。歯に衣着せぬ毒舌家。
魔法薬の扱いが得意で、よくアッコを実験台にしている。
青白い肌と左目を隠した長い髪が特徴。
東南アジア出身らしいが詳細は不明。
毒物のマニアで、ルーナノヴァ魔法学校に来た目的も
猛毒であるコカトリスの羽根を採取し
自身のコレクションに加えるためであり、
手に入れた後はすぐ辞めるつもりだったが
学園に絶滅した毒キノコの標本があると聞いて残ることにした。
目的のためには手段を選ばない所がある。


(関連記事引用)



アッコと愉快な仲間たち
見習い魔女の日常は非日常
『リトルウィッチアカデミア』!!
なんて、ほのぼのとしたお話なんだ

魔法学校というより
魔法であそぼ!って感じィ~…っと失礼
アッコはマジメにやっているので


イラストは
アッコとアマンダ、スーシィ飛行魔法のイメージ

今回はこの3人
もうひとりのルームメイト、ロッテは次の機会に…


アッコの破天荒なキャラがいい!
そして、見た目が鬼太郎のお母さんのようなスーシィ
彼女の冷めた口調と毒舌が好き!

大魔女シャリオは凄いけど、過去を知ってビックリ
元はアッコのような(?)魔女だったんだ…

アマンダとのエピソードは
『ふたりはプリキュア』を思わせた…
ので、イラストはふたりがドラゴン相手に共闘した
第5話「ルーナノヴァと白い龍」の時のものを参考にした

結局、いつも
クラスの優等生ダイアナがひとりで解決しているのだけど
アッコはトラブルメーカーとしての
存在感では彼女に負けてはいない…

私としてはスーシィが好きなので
もっとメインで活躍させて欲しい
というか、もっと毒舌が聞きたいな
アッコの耳には届いてないけど…

我が道を行く
そんなキャラが多いような気もする


アッコ役の潘めぐみさんは
七色の声の持ち主である
『かみさまみならい ヒミツのここたま』の、らきたま
『双星の陰陽師』の紅緒
『ブブキ・ブランキ』の礼央子
『ハンター×ハンター』のゴン
など、他多数
同じ声優さんがあてているとは思えない
それぞれが、まるで違う魅力を持ったキャラ
アッコは紅緒に近いかな…
(七色の声といえば山寺宏一さんと桑島法子さんが有名)


それにしても、
ホーキに乗れない魔女…
アッコだけでなく、過去にもいたので
まあ、そこはご愛嬌

アッコよ
毎回、笑わせてくれてありがとう!
「密漁、ダメ、絶対」
この喋り方は紅緒かと思った…
第7話「オレンジサブマリナー」の半魚人姿サイコー!!
(『あたしンち』のお母さんを思い出してしまった)



「努力は大事。周りなんてカンケーない。あきらめるな!」
たとえ結果につながらなくても
私の気持ちは誰にも変えられない!

『リトルウィッチアカデミア』
徐々に成長していく未熟魔女の
どうしようもなくカッコ悪い姿が
見たい方はぜひご視聴あれ
こねこのチー改

           「ねぇ、あそぼ」



『こねこのチー ポンポンらー大冒険』
3DCGアニメ現在第3期が好評放送中!




『チーズスイートホーム』は、こなみかなたによる日本の漫画、
またこれを原作としたテレビアニメ。

テレビアニメ

第1期『チーズスイートホーム』2008年3月
第2期『チーズスイートホーム あたらしいおうち』2009年3月
第3期『こねこのチー ポンポンらー大冒険』2016年10月

チー
声 - こおろぎさとみ
公式にはキジトラとなってはいるものの、
作品内で描かれる体毛色は茶褐色のキジ色ではなく
灰色がかった色のため、サバトラの部類に入る。
家族とはぐれたところをヨウヘイとお母さんに拾われ、
動物病院の診断で生後2-3カ月の女の子と判明。
ヨウヘイがおしっこのことを「チー」と言っていたのを、
自分を呼んでいると勘違いしたことから、
「チー」と名付けられた。

クロいの
声 - 小山力也
大きな雄の黒猫でチーの初めての猫友達。
チーに犬からの身の守り方や木登りなどを教えた。
作中ではチーが、「クロいの」と呼ぶようになる。

主題歌(第3期)
オープニングテーマ「ねぇ」
作詞・作曲 - 中田ヤスタカ / 歌 - Perfume


(関連記事引用)



イラストはチーと鳥さんのイメージ
悪気のないチーのイタズラがほのぼのしていていいな

それと、
オープニングテーマが好き
なんかチーと散歩しているみたいな気分になる
どのカットを見てもカワイイ


そういえば、
ポン太のあんよを踏んづけてしまった時に
どれだけの痛さだったのだろうと考えてみた
人間の大きさからすると
自動車のタイヤに足を踏まれた感じかな?
私も引かれたコトはあるのでわかるけど
痛いというより「ウッ」って声が出るくらい
人間は靴を履いているからな

それにしても
イタズラ好きのチーにとってこの世界は
すべてが遊び場である
その一番の被害者(?)
イタズラをされ続けるお父さんは天然なのかな?
それとも、それを喜びとしているのだろうか?


私は『チーズスイートホーム』の原作を知らないので
テレビアニメの第1期、第2期、第3期の途中からしか
見れなかった…なんか残念

こなみかなたさん原作のチーはムッチャカワイイ!
アニメは声と動きがカワイイ!
クロいのが強面だから余計そう感じるのかも…



ところで、
今日は『猫の日』らしいけど
2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の
「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の
「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもの
趣旨は「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、
猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」
とか…

記念日を語呂合わせで決めるのはよくあるコトだけど
一体、最初に語呂合わせを使用したのは誰なんだ?
覚えやすいという点ではいいな
ちなみに『犬の日』は11月1日
1月11日ではないので…
        「雪女の怪」③
          (前回の続き)

35p16.jpg
35p17.jpg
35p18.jpg
35p19.jpg
35p20.jpg
35p21.jpg
35p22.jpg
35p23.jpg
35p24.jpg









皆様こんにちは。

漫画『霊少女ヒミコ』の

進行役を勤めさせていただいた

麻摩ソウシロウです。

『霊少女ヒミコ』中学生編も

引き続き、私が皆様とお付き合いさせていただきます。



 ―『霊少女ヒミコ』中学生編―




今回ヒミコはお友だちと、

渡部クンのおじさんの旅館へお泊りに行っています。


番外編とでも云うべきでしょうか…



もちろん彼女が渡部クンのおじさんの旅館へ

行くのは初めてのコトです。


ヒミコが旅館で披露(?)した怪談話は、

たしかに私も聞きました。

彼女のお父上の体験された実話だそうです。

ただ、ヒミコがみんなの前で披露した内容は少々

脚色が入っていたそうで…

まあ、怪談なんてそんなものでしょう。

なぜ怪談話を始めたのかはわかりませんが、

ヒミコのコトですから自然とそのような流れに

なったのでしょう。



そういえば、

旅行先は雪が積もっていたそうですね。


雪を見るとあの時のイヤな出来事を思い出すので

今回の旅行に私が誘われなくてよかったです。

ちなみに雪がキライというわけではありませんので…



というわけで

第三十五話 「完」


機会があれば、また

お会いいたしましょう!



    (ナビゲーター:麻摩ソウシロウ)



        「雪女の怪」②

(前回の続き)

35p10.jpg
35p11.jpg
35p12.jpg
35p13.jpg
35p14.jpg
35p15.jpg







霊少女ヒミコ 第三十五話「雪女の怪」の登場人物

天照 秘巫(あまでら ひみこ)
 主人公。中学生(連載当初は小5)。六命市六命町、
鳳命寺のお隣の六命神社に住んでいる。
誕生日が12月24日なので、誕生祝いとクリスマスの
ケーキやごちそう、プレゼントが一回で済まされるコトが
不幸だと思っている。
本人も理解していないが、
彼女の体は霊界への入り口になっているらしく、
霊を自分の体に封印する能力を持つ。
彼女の見た初夢(夢の中で特定の人物を食べる)
が現実になる能力を持つらしい。
五年生の時は同級生の順平、今年は優理華…
その年に起こる悲しい出来事をあらかじめ知っていれば、
その連鎖を止めるコトも可能なのかもしれない。
好物は塩せんべいと総士郎が入れたお茶(?)。
とにかく食いしん坊。
基本的にイヤなコトはしない(お手伝いや勉強とか)。
テレビゲーム好きで時々、渡部と勝負している。
「来世招来(らいせしょうらい)」は秘巫の大技。
この力によって現世と霊界をつなげるコトができる。
十種神宝(とくさのかんだから)の力を使うコトもできるが、
本人もその用途を熟知していないため、本来の使い方とは
異なるようだ。
秘巫がたまに着用する正装。
彼女が正装になるのは自身が本気になった時と、
父親のお客に挨拶する時であるが、生まれた時に
この装束を身につけていたらしい。
成長して体の大きくなった秘巫が今でも
着るコトができるのは、彼女の成長に合わせて
服も成長しているのでは、と考えられている。
自分にわからない外来語を極端に嫌う。
秘巫の霊術「色、唯識(しき、ゆいしき)」は、
本来あるべきものすべてが
一般人にも見えるようにする高度な術である。
霊術「護法開眼(ごほうかいげん)」は
悪と感じる存在を探し出すと同時に
低級の悪霊なら調伏させるコトができる術。
霊術「十悪滅相(じゅうあくめっそう)」は
「護法開眼(ごほうかいげん)」の上位術で、
業火により霊を成仏ではなく消滅させる。
秘巫が封印した霊はこの世に
魂の霊玉(いのちのたま)を遺す。
ビー玉ほどのサイズで青い玉は喜び、
赤い玉は悲しみを表しているらしい。
なお彼女の数珠はこの霊玉を繋いだものである。
泳ぐコトは好きなようだが、現代人とは感覚が違う。
水泳というものは、生活のために自然に身についた能力だろう。
魚を素手で捕らえるのも彼女にとっては当たり前のコトである。
秘巫の前世は謎だが、彼女には本人にすら解りえない
能力がある。自然の植物のコトを熟知しているのは、おそらく
彼女が前世において生活していく上で必要としていた
最低限の知識なのだろう。
絵を描くのは好きだが絵心はない。
秘巫が好きな人が本編でそれとなく知らされたが、
おそらく一番は優理華。次に総士郎。
自分に利益をもたらす者が優先されている。
持ち物を大事にする心は持ち合わせていない。
ただ、優理華に撮ってもらったお気に入りの写真は
大事にしているようだが…

渡部 恭一(わたらべ きょういち)
 秘巫のご近所の友人で幼なじみ。身長180㎝以上の長身。
秘巫より、ふたつ年上の中学二年生。誕生日は11月29日。
心臓に持病を持っているため、生まれつき体が弱く
過激な運動ができない。

荒巻 瑞絵(あらまき みずえ)
 小学生の時秘巫に出会い、
同じ塾に秘巫が来たコトで友だちになった。
そのコトがあり
わざわざ秘巫と同じ中学を選んだ。
成績優秀でクラス副委員長も務める。
本番で実力を発揮できないタイプ。
そのコトもあって塾では最下位の成績だった。
オバケが大の苦手。かなづち。ヒミコ曰く「耳がでかい」
現在はヒミコの下僕のような存在…

勝呂 秀流(すぐろ ひずる)
 優等生。秘巫のクラスメートで級長。
おっとりとした性格。
秘巫に好意を持ってはいるが、霊の存在は信じていない。
ごくフツーの人間。

おじさん
 渡部のおじさん。田舎で旅館を経営している。
名前はおなじく渡部なので旅館の名前も“わたらべ旅館”




今回の『霊少女ヒミコ』は番外編
『霊少女ヒミコ』小学生編より以前に制作したもので
現在、連載されているものと関連性はない
第三十五話に組み込んでいるのは、ここに入れるのが
妥当かと思われたためである
(この時点で渡部の姉ユリカの設定はまだなかった)
本編との大きな相違点はキャラ設定
ヒミコがかなり大人びているところが特に目立っている
(小学生になる前の彼女なので…)
霊に関心を持っているように見えるひずるは、
本編でのオカルト好きの江西に受け継がれた

        「雪女の怪」①

35p1.jpg
35p2.jpg
35p3.jpg
35p4.jpg
35p5.jpg
35p6.jpg
35p7.jpg
35p8.jpg
35p9.jpg






『霊少女ヒミコ』の登場人物


主要人物

天照 秘巫(あまでら ひみこ)
 主人公。中学生(連載当初は小5)。六命市六命町、
鳳命寺のお隣の六命神社に住んでいる。
誕生日が12月24日なので、誕生祝いとクリスマスの
ケーキやごちそう、プレゼントが一回で済まされるコトが
不幸だと思っている。
本人も理解していないが、
彼女の体は霊界への入り口になっているらしく、
霊を自分の体に封印する能力を持つ。
彼女の見た初夢(夢の中で特定の人物を食べる)
が現実になる能力を持つらしい。
五年生の時は同級生の順平、今年は優理華…
その年に起こる悲しい出来事をあらかじめ知っていれば、
その連鎖を止めるコトも可能なのかもしれない。
好物は塩せんべいと総士郎が入れたお茶(?)。
とにかく食いしん坊。
基本的にイヤなコトはしない(お手伝いや勉強とか)。
テレビゲーム好きで時々、渡部と勝負している。
「来世招来(らいせしょうらい)」は秘巫の大技。
この力によって現世と霊界をつなげるコトができる。
十種神宝(とくさのかんだから)の力を使うコトもできるが、
本人もその用途を熟知していないため、本来の使い方とは
異なるようだ。
秘巫がたまに着用する正装。
彼女が正装になるのは自身が本気になった時と、
父親のお客に挨拶する時であるが、生まれた時に
この装束を身につけていたらしい。
成長して体の大きくなった秘巫が今でも
着るコトができるのは、彼女の成長に合わせて
服も成長しているのでは、と考えられている。
自分にわからない外来語を極端に嫌う。
秘巫の霊術「色、唯識(しき、ゆいしき)」は、
本来あるべきものすべてが
一般人にも見えるようにする高度な術である。
霊術「護法開眼(ごほうかいげん)」は
悪と感じる存在を探し出すと同時に
低級の悪霊なら調伏させるコトができる術。
霊術「十悪滅相(じゅうあくめっそう)」は
「護法開眼(ごほうかいげん)」の上位術で、
業火により霊を成仏ではなく消滅させる。
秘巫が封印した霊はこの世に
魂の霊玉(いのちのたま)を遺す。
ビー玉ほどのサイズで青い玉は喜び、
赤い玉は悲しみを表しているらしい。
なお彼女の数珠はこの霊玉を繋いだものである。
泳ぐコトは好きなようだが、現代人とは感覚が違う。
水泳というものは、生活のために自然に身についた能力だろう。
魚を素手で捕らえるのも彼女にとっては当たり前のコトである。
秘巫の前世は謎だが、彼女には本人にすら解りえない
能力がある。自然の植物のコトを熟知しているのは、おそらく
彼女が前世において生活していく上で必要としていた
最低限の知識なのだろう。
絵を描くのは好きだが絵心はない。
秘巫が好きな人が本編でそれとなく知らされたが、
おそらく一番は優理華。次に総士郎。
自分に利益をもたらす者が優先されている。
持ち物を大事にする心は持ち合わせていない。
ただ、優理華に撮ってもらったお気に入りの写真は
大事にしているようだが…


麻摩 総士郎(あさま そうしろう)
 六命神社の宮司だが、普段それらしい行動はしていない。
秘巫の家に居候している。秘巫のよき理解者。
雪にイヤな想い出があるらしい。
天照家の家事全般を引き受けている。
この漫画のブログ進行役も務める。

天照 我王(あまでら がおう)
 秘巫の父親。鳳命寺の住職。
高僧らしく、陰陽術をはじめ
様々な術を使いこなす。
秘巫の誕生日には必ず呪詛の贈り物をする。
その真意は…

渡部 恭一(わたらべ きょういち)
 秘巫のご近所の友人で幼なじみ。身長180㎝以上の長身。
秘巫より、ふたつ年上の中学二年生。誕生日は11月29日。
心臓に持病を持っているため、生まれつき体が弱く
過激な運動ができない。

渡部 優理華(わたらべ ゆりか)
 恭一の姉。料理が得意。写真家になるのが夢。
総士郎に淡い想いを抱いている。
秘巫の誕生日(12月24日)には
必ずお誕生会の料理を作ってくれている。
トンネル事故の際、秘巫を庇い帰らぬ人となる。
その心の清らかさから霊獣孔雀が宿っていた。
いつも身につけているヘアバンドは、今は亡き母親の形見。

荒巻 瑞絵(あらまき みずえ)
 小学生の時秘巫に出会い、
同じ塾に秘巫が来たコトで友だちになった。
そのコトがあり
わざわざ秘巫と同じ中学を選んだ。
成績優秀でクラス副委員長も務める。
本番で実力を発揮できないタイプ。
そのコトもあって塾では最下位の成績だった。
オバケが大の苦手。かなづち。ヒミコ曰く「耳がでかい」
現在はヒミコの下僕のような存在…

勝呂 秀流(すぐろ ひずる)
 優等生。秘巫のクラスメートで級長。
おっとりとした性格。
秘巫に好意を持ってはいるが、霊の存在は信じていない。
ごくフツーの人間。

江西 薫(えにし かおる)
 秘巫のクラスメート。
オカルト好きで心霊写真を集めている。
秘巫の能力を知るひとり。
悪霊に憑かれた時に秘巫に命を救われた。

九尾(キュービ)
 いわゆる九尾のキツネ。
霊獣の一種で常人には見えない。
以前の宿主ナツの魂が秘巫に封印されてからは
秘巫の守護霊として一緒に生活している。
寝床は秘巫の部屋の屋根裏らしい。

麒麟(キリン)
 霊獣の一種で常人には見えない。
秘巫の守護霊として彼女の体の中にいるらしい。
韋駄天足と呼ばれる駿足が能力だが、殆ど眠って過ごしている。


今回の登場人物

おじさん
 渡部のおじさん。田舎で旅館を経営している。
名前はおなじく渡部なので旅館の名前も“わたらべ旅館”




漫画『霊少女ヒミコ』は
かつて漫画用紙に描いていたものを
ブログにアップするために
パソコンのCGソフトで編集したものである

なお、セリフは原作のものと変えている




―扉絵の解説―

今回は漫画の内容とはまったくカンケーないので…
いつものキュービとヒミコである
ルパン三世(旧)ディスコ改

       「ルパン~、ルパン~、ルパン♪」



ルパン三世 (TV第1シリーズ)
衛星での一挙放送があったので
描いてみたけど…




ルパン三世 (TV第1シリーズ)

放送期間 1971年-1972年
全23話

ルパン三世
声 - 山田康雄
次元大介
声 - 小林清志
石川五ヱ門
声 - 大塚周夫
峰不二子
声 - 二階堂有希子
銭形警部
声 - 納谷悟朗


(関連記事引用)




さすがに23話を一気には見れないので
とりあえず、10話まで視聴


イラストはルパンと不二子、TV第1シリーズ
ディスコでフィーバーのイメージ
(行ったコトはないので想像)

仲がいいのか悪いのか
このふたりのカンケーがよくわからないけど
その微妙さがいいのだろうな

不二子は過去に、ある組織にいたらしい
その辺の設定があまり深く語られていないので
ルパンと初めて出会った部分はない
まあ、ルパンと次元が幼なじみという設定も出てこないけど
そこは納得できる
子供の頃の生活が想像できんからな…
フツーに学校に通って一緒に遊んで
「ただいま」と、それぞれの家へ帰るなんてあり得ん



さて、ルパン三世 (TV第1シリーズ)で
私の印象に残ったのは
第2話「魔術師と呼ばれた男」
不死身の男パイカルの謎、そして種明かし、ルパンの反撃
ただ、宙に浮く魔術だけは納得いかなかった…

五ヱ門がルパン一味に加わるまでのエピソードは
力と力の勝負というより化かしあいだな


フツーに考えると死ぬようなアクションだけど
そこはギャグ漫画なのか
怪我だけで済んでいる
とはいえ、名のないキャラやゲストキャラは
確実に息の根を止められている

それにしても、ルパン…よくやられるな


ところで、
銭形は本気でルパンを捕まえようとしているのだろうか?
単に追いかけっこを楽しんでいるような気がする
ルパンを捕まえておいて
いざルパンの死刑が決まると脱獄して欲しいような
そぶりを見せる
ルパンにとって銭形は格下のような発言があるので
ライバル(?)ではないようだ


それと、
気になる当時のファッションだけど
ルパンのジャケットの色は『カリ城』のものと同色で
TV第2シリーズの赤色とまるで違うイメージ
私の好きなのはこっちだな(この色が好き)
不二子の服装は殆ど毎回変わる
(ちなみにイラストはオープニングのカットを参考にしている)
次元、五ヱ門、銭形が同じ服を着ているのと
『ワンピ』のサンジ、ゾロ、スモーカーが似ていると思った
普段着というより、もはや制服やな…
まあ時代のわかる服は不二子くらいだし紅一点だから
華やかさの面など考慮して不可欠なキャラといえる


そういえば、
オープニングテーマ「ルパン・ザ・サードの歌」は
第3話までしか放送されなかった
気に入っていたのだけど第4話から
キャラ紹介のパイロットフィルムに代わってしまった…
エンディングテーマともに
チャーリィ・コーセイさんの声がいいな
そして、“ルパン・ザ・サード”をしきりに繰り返す
「ルパン~、ルパン~、ルパン♪ルルル、ルパン」
「ルパン」と何回云った?的な、ふしぎな歌詞がなんかいい!



薬師坊の奥座敷改

「今朝起きたら急にクジラの尻尾が引っ張ってみたくなったの」


『有頂天家族』テレビアニメ第1期放送中!
第2期が4月に放送予定!





『有頂天家族』は、森見登美彦による日本の小説。
森見作品の中で「五男」、「毛深い子」と呼ばれる。
幻冬舎より2007年9月25日に刊行された。
森見作品初の、動物が主人公の小説。
3部作となる予定の「たぬきシリーズ」の第1部に当たる。
2015年2月26日に第2部に当たる『有頂天家族 二代目の帰朝』
が刊行された。巻末に第3部の予告がなされている。
2013年にテレビアニメ化された。

下鴨矢三郎
声 - 櫻井孝宏、能登麻美子(幼少期)
主人公。下鴨家三男。父の残した
「面白きことは良きことなり!」の言葉を身上に
勝手気ままに暮らしている。
父の近年まれに見る化け力をもっとも受け継いでおり、
女子高生から達磨まで様々なものに化けることができ、
普段は男子大学生に化けている。

下鴨矢四郎
声 - 中原麻衣
下鴨家四男。普段は少年姿に化けているが、
化け力を悉く兄に取られたと言われるほど
化けるのが苦手で気が弱く、恐怖を感じると
すぐ狸の姿に戻ってしまう。

弁天(鈴木聡美)
声 - 能登麻美子
「金曜倶楽部」のメンバーの一人。
本名は鈴木聡美といい、弁天という名は
金曜倶楽部に加入した時に授かった。赤玉先生に一目惚れされ、
琵琶湖湖畔から攫われて天狗の術を教え込まれた。
そのため人間でありながら空を飛んだり
天候を操ったりすることができる。


金曜倶楽部
京都に大正時代から存在するといわれる秘密結社。
席数は常に7つと決まっていて、メンバーはそれぞれ
七福神の名を持っている。
活動自体は月に1回寄り集まって宴会を開くだけだが、
伝統的に忘年会では必ず狸鍋を食べるため、
狸たちの間では非常に恐れられ、嫌われている。

風神雷神の扇
表に風神、裏に雷神が描かれた扇。風神の面で仰げば大風を、
雷神の面で仰げば雷雨を引き起こせるが、加減がかなり難しい。
もとは赤玉先生の持ち物であったが、弁天にあげてしまった。

薬師坊の奥座敷
小さな茶室の形をした天狗の乗り物。
真ん中に配置された茶釜がエンジンであり、
赤玉ポートワインを燃料にして空を飛べるが、
ポートワイン以外は受け付けない。
もとは赤玉先生の持ち物であったが、弁天にあげてしまった。


(関連記事引用)



イラストは第三話「薬師坊の奥座敷」より、
矢三郎、矢四郎、弁天のイメージ
セリフは弁天のもの
(云っているコトは意味不明だが元々そんなキャラなので…)

左が弁天、右上が矢三郎、右下が矢四郎
弁天が右手に持っているのは風神雷神の扇
(扇の雷神様は私の好きなワンピの某キャラに変えてある)
左手には赤玉ポートワインが握られている
クジラさんは残念ながらこの時点では水の中…


タヌキさんが人間に化けるというより
全編を通して殆ど人間の姿をしている
人間の中に同化して生きているお話は結構あるが
別に悪さをするわけでもなく
のんびりしたお話だな…

ただ、人間に食べられたタヌキさんのお話が
各所に出てくるので
そーゆーのがキライな方にはムリだな

そもそも狸鍋なんて現実にあるのか?
きつねうどんにはキツネさんのお肉は入っていない
なぜか油揚げが入っている
要はキツネさんの好物の油をかけているのだろう
と云うコトは狸鍋にはタヌキさんの好物が入っている…はず


私の好きな
エンディングのカットは
鈴木さんだった頃の弁天が赤玉先生と知り合い
大人になり徐々に壊れていく姿を描いたもの

そして、それを生かす
エンディングテーマ「ケセラセラ」
作詞 - 林英樹 / 作曲 - 佐藤純一 / 編曲・歌 - fhana

が好きだな~

私の好きなテレビアニメ
『河合荘』のオープニングテーマもfhanaである

ちなみに4月放送予定の
第2期のエンディングテーマもfhanaらしい…

ところで、
四年も間を空けて第2期の放送とは
どう云うコトかな
まあ、放送があれば絶対に見るけど…


薬師坊の奥座敷
ワインが燃料とは…
なんとしたコトだろう
片Pという名前の
タヌキさんが化けているのかと思ったではないか
赤玉ワインは甘口ワインだな
飲んだコトはあるけど飲みやすくて
あまり好みではない(?)
私は安酒で慣れているので…フフフ


「もし それがまだ 手遅れでなくば

     今からでは もう やり直しは 効かぬのか…?」



「安ケレバ買イ 高ケレバ見ヌ」

赤玉ワイン…
好ミデハナイト云ッタケド
ホントハ美味シカッタンダ

ホントハ美味シ…

(るろ剣ファンの方ごめんなさい~)

貧乏が悪いんじゃ~!(あたる調)
お後がよろしいようで




オマケのひと言

妙に落ち着いた矢三郎と未熟な矢四郎
井の中の矢二郎(カエルさん)
頼りになるのかならないのかよくわからない
長男の矢一郎…
なぜ人間の姿をしているのか
マジメに考えてもしょーがないけど
タヌキさん(特にお母さん)がカワイイから
それだけで見る価値あり!
それと、
弁天様の“天下無敵”は伊達じゃない!!
(…弁天様の扇子、欲しい)
残虐姫改

         よくこんなに食えるな…

 てゆーか、さりげなく空の皿押し付けるのやめてくれ~(汗)



冬の新番組
『政宗くんのリベンジ』テレビアニメ放送中!
「残虐姫」のドカ食いが面白い!




『政宗くんのリベンジ』は、原作:竹岡葉月、
漫画:Tivによる日本の漫画作品。
『月刊ComicREX』(一迅社刊)にて
創刊号(2012年12月号)より連載開始。

真壁 政宗(まかべ まさむね)
声 - 花江夏樹
本作の主人公。編入試験満点の頭脳、
体育のサッカーではハットトリックを決める運動神経、
行く先々で女性が振り向くほど美少年と三拍子揃った
完璧少年だが、8年前は太っており「デブ宗」「ブタ宗」
と呼ばれ苛められていた。愛姫から
「豚足」と酷いあだ名をつけられてしまったことから、
彼女への復讐のためだけに「早瀬政宗」を捨て
祖父の元で苗字を変え新しい人間へと生まれ変わる。

安達垣 愛姫(あだがき あき)
声 - 大橋彩香
本作のヒロイン。8年前、政宗を「豚足」と命名した本人。
映画館を貸し切りにできるほどの金持ちで入試トップ、
学園一の美少女で取り巻きも多い。
吉乃に騙されアニメの魔法少女のコスプレで街に繰り出すなど
世間知らずの一面がある。
幼い頃は両親が不仲だったことから悪戯っ子で
政宗ともその頃に知り合ったが、
政宗を振ってからは努めてまじめに振る舞う一方で
大の男嫌いになった上にドカ食いの習慣が身についた。
このため今でも男子生徒から多数の告白をされるが、
その度に告白相手の身辺などを調査して、
短所や欠点を見つけては酷評して酷いあだ名を付けて振るため
「残虐姫」と呼ばれている。

小岩井 吉乃(こいわい よしの)
声 - 水瀬いのり
安達垣家の家令の家系で愛姫の使用人。
常に横にいるが愛姫の我儘に付き合わされ毎日
昼食のパシリに使われたりお使いに使わされたり
酷い扱いを受けている。
それゆえに表向きは小動物系を演じているが、
裏では愛姫に振り回されて苦労している自分のために
政宗の復讐を手伝うなどの腹黒の顔をみせる。
政宗が自分の過去を知られている唯一の生徒で、
愛姫に復讐したいと言う政宗に
「(愛姫が)フラれて謙虚になってくれるならメリットがある」
と協力を申し出る。


(関連記事引用)




イラストは第3話「吉乃のマジックショー」より
愛姫のコスプレ姿のイメージ
魔法少女ホワイトニングがファミレスでドカ食い?

「おねえちゃん、なんで、そんなヘンな格好してるの?」

「初デートの時は、お互いが打ち解けるために必ず仮装して…」

幼い少女に聞かれてマジメに答える愛姫がよかった


ふたりが貸し切りの映画館で
愛姫の隣に座る政宗
「ちょっと!…近すぎ」
間に3つ空席をつくって座り直す
「なんで、そんな遠いのよ!」
(あ~、めんどくせ…!)

基本的にラブコメは視聴するコトはないけど
これは面白いかな

何話か進むとストーリーやネタが
たいていパターン化して
吉良吉影のバイツ・ザ・ダスト…なんだけど
ここというタイミングでの新展開が飽きさせない

とにかく、
愛姫のドカ食いがいい!
ギャル曽根さん、元気にしているだろうか・・・

食べても太らないというのが
うらやましいな
いわゆる生まれもっての体質というヤツ
私の場合、食べた量だけ肥えているので
ダイエットせねば!といつも思っている
まあ、食事時には忘れているけど…


過去の愛姫と政宗は
『鉄血』第23話のマクギリスとカルタの過去に似ている(?)
「もっと強くなりなさいよ!」愛姫のセリフ
「堂々となさい!」カルタのセリフ
マクギリスと政宗のキャラ設定もなんか似ている…


それにしても、
残虐姫のドカ食いは見ててなんか気持ちいい!
食後のギャル曽根さんみたく
お腹出てないな…
漫画だからだろうか
かつて、『うる星』のサクラさんがドカ食い後
体型は変わらないのにプールで沈んでしまう
なんてオチもあったな
そんなさりげないギャグがよかった

というわけで、
テレビアニメ版
第3話「吉乃のマジックショー」が
これまでで一番のお気に入りのエピソードである
(ちなみに原作は未読)
これからの展開に期待している


ところで、
ホワイトニングって誰?
ショコラ・ノワールへようこそ改

        「ショコラノワールへようこそ」
 
       あなたの願い、かなえて・あ・げ・る



『ショコラの魔法』より、ショコラとカカオ




『ショコラの魔法』は、みづほ梨乃による日本の漫画作品。
『ちゃお』(小学館)および、『ちゃおデラックス』(同)
にて連載。

哀川 ショコラ(あいかわ ショコラ)
声 - ゆかな
食べると願いのかなう魔法のチョコレートを作る
ショコラティエ。
漆黒のゴスロリ調のファッションを身にまとう美少女。
彼女の店『ショコラ・ノワール』の元には
願いを持つ多くの客がやってくる。
過去に父を亡くしており(母は不明)、
その際にカカオから父に与えるはずであった
「人の心を抽出する力」をもらい、
「黒き魔女・ショコラノワール」となった。

カカオ・テオブロマ
声 - 宮田幸季
ショコラの父・秀我が呼び出したチョコレートの悪魔。
どことなく冷たい目つきの美青年だが、普段は黒猫の姿で、
秀我の契約を継いだショコラと共に暮らしている。
何かとショコラに執着している所があり、色々と謎が多い男。


(関連記事引用)



イラストは『ショコラの魔法』ショコラとカカオの
「あなたの願いかなえてあげる」的なイメージ
(こんなキャラではないけど、あくまでイメージなので…)
カカオはネコちゃんバージョン


願いをかなえる対価として頂くのはお金ではなく物でもない
お客によってそれは変わる
ある意味、代償と云ってもいい
(ホリックだっけ?かつて、そんなお店もあったな)

魔法をかけたチョコによって願いがかなっているとすれば
チョコでなくてクッキーやケーキでも
いいのではないかと思うけど…

時にはきつく、時には甘い
ショコラの魔法

甘くて、ほろ苦く、口の中でやさしく溶けていく
そんなお菓子だからチョコなのかも?


ちなみに私はトリュフが好きだな
銭形と桂馬(メッセージなし)改

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)


金曜ロードSHOW!
日テレ×WOWOW×Hulu共同製作ドラマ
『銭形警部』の放送が先日あった

ルパンを追いかけてない時の銭形は普段なにをしている?




銭形警部は『ルパン三世』の登場人物。
『ルパン三世』は、モンキー・パンチ(原作)の漫画
(1967年 - )および、その主人公の名前。
怪盗ルパンの孫、ルパン三世を主人公に置いた、
ナンセンス、コメディー、スラップスティックの要素を
多分に含んだアクション作品である。

ルパン三世 
本作の主人公。アルセーヌ・ルパンを祖父に持つ
神出鬼没の大泥棒。

次元大介
ルパンの第一の相棒にして、幼馴染み。
凄腕の早撃ち拳銃使い。

石川五ェ門
古の大泥棒石川五右衛門を先祖に持つ剣士(当代は13代目)。
仕込み刀を武器にあらゆるものを斬り落とす。

峰不二子
ルパン一味の紅一点。
誰もが惚れる美貌の持ち主だが、
自分の欲望に忠実でルパン一味とは時には味方、
時には敵となる。

銭形幸一(銭形警部)
銭形平次の子孫であり、
ルパン一味逮捕(主にルパン)を宿願とする敏腕警部。
ルパンとはライバル関係でしばしば敏腕警部とは言い難い
コミックリリーフ的な役割だがいざという時、
有能な刑事として活躍することもあり、
ルパン一味からは手強い相手と認識されながらも
お互い信頼しあい、時折、協力し合うこともある。


(関連記事引用)



今回のスペシャルドラマでは
銭形警部を鈴木亮平さんが演じている
ルパン三世の声優さんでおなじみの栗田さんが
声のみで出演!
もちろんルパン役
爆弾作りの天才役の山寺宏一さんは
アニメ『ルパン三世』の銭形役なので
鈴木さんの演じる銭形警部の声をあてれば…
と思ったけど
そこは、さすが鈴木さん
どう見ても銭形警部になりきっていた
大声張り上げてばかりの役なので
のどを痛めただろうな…


犯人の出すクイズの答えが
仕掛けられた爆弾を探すヒントとなる

なぞなぞと爆弾のカンケーが
サウンドノベル『街』の
雨宮桂馬編「オタク刑事走る!」に似ていたので
思い出してしまった…


こちらは、そのゲーム画面のイメージ

銭形と桂馬改



     PSP版はLボタンを押せばこんな画面になる
   (サターン版はRボタンだった…なぜ位置を変える?)


メッセージの内容は『街』と『銭形警部』の文章を
合体させてみた
どちらのお話も同じコトをやっているので…
『街』の爆弾は街を消滅させるほどの威力があった
(映像からすると、核爆弾の威力だな)けど
そんなものは個人には作れん(組織なら別)


それにしても、
銭形警部は初めて描いたな
鈴木さんに似せようと思ったけど
似そうにないので原作を参考にした

しかし、どーして銭形が主人公なのだろうか
アルセーヌ・ルパンと銭形平次の子孫同士…宿命のカンケー?
銭形がルパンを追う理由らしいが
実在の人物ではないからなぁ~


今回のドラマ『銭形警部』は総合的に考えてよかったと云える
私の好きな俳優さんが出ているからだろうか…
いや、それだけではない
単純な思考回路しか持っていない私から見ると
これは成功だと思う

銭形警部が単なる筋肉バカではなく(?)
その殆どが刑事の勘で行動しているという点が
いかにも漫画チックでいい

で、WOWOWで今月19日から
ドラマ『銭形警部』全4話の放送がある

銭形警部…なんか刑事というより熱血教師って感じ
そこは、やっぱ鈴木さんの人柄によるものなんだろうな
こんな人が身近にいて、
鬱陶しいと感じるかためになるなと感じるかはその人次第
ルパン曰く「さ~すが~!昭和一桁ぁ」
ちなみに今何歳?

視聴する前は
ドラマ『銭形警部』は
ルパンと会う前のお話だと思っていた
でも、それだと、ルパンとはなんのカンケーもない
まったく別物になってしまうな…
昭和元禄落語心中改

           「姐さん、笑顔!」

「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ
ふうらいまつ くうねるところにすむところ
やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽ ぱいぽ
ぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい
ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ」

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『昭和元禄落語心中』テレビアニメ第2期好評放送中!
私が知る落語に出会ったので記事にしてみた

有名な落語“寿限無”
私も幼い頃に聞かされたもの…

その頃は落語とは思わなんだ
単なるジョーク?




『昭和元禄落語心中』は、雲田はるこによる日本の漫画で
『ITAN』(講談社)2010年零号(創刊号)から
2016年32号まで連載。
2014年12月にテレビアニメ化が発表され、
まず第1期が2016年1月から3月にかけて放送され、
第2期が2017年1月より放送中。

与太郎(よたろう)
声 - 関智一
主人公の元チンピラ。本名は強次(きょうじ)。
お調子者で人懐っこく、自他ともに認める単純な性格だが、
他者に強く共感する優しさを持っており、涙もろい所もある。
刑務所で服役中に聴いた八代目八雲の死神に感動し
「出所後の行くべき所」と決め、「昭和最後の大名人」
と称せられていた8代目八雲に弟子入りを志願。
それまで1人の弟子も取ってこなかった八代目八雲が
気まぐれでこれを許し、入門となる。
入門後はしばらく師匠・八雲から稽古を
つけてもらえない日々が続く一方、
小夏が肌身離さず持っていた彼女の亡父・二代目助六の
ネタ帳やレコードから二代目助六と
自身との気質の近しさを感じ、
小夏の教えも受けつつその芸風を取り入れる。
結果的にこれが三代目助六襲名のきっかけとなる。
年齢は入門直後で22歳。

小夏(こなつ)
声 - 小林ゆう
かつて稀代の天才と謳われながら早逝した落語家
二代目助六のひとり娘。
両親を失い、父の兄弟弟子だった八雲の養女となる。
亡き実父を敬愛し、その落語を「最高」だったと言って
憚らない一方、実父と因縁深い養父・八雲のことは
「おっさん」呼ばわりし、「父ちゃんを殺した」
と逆恨みに近い感情を抱いている。


(関連記事引用)



イラストは与太郎と小夏
寄席のイメージ

「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ
ふうらいまつ くうねるところにすむところ
やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽ ぱいぽ
ぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい
ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ」

落語“寿限無”
生まれた子供がいつまでも元気で長生きできるようにと考えて
とにかく「長い」ものが良いととんでもない名前を付けた、
という笑い話。縁起のいい言葉を幾つか紹介され、
どれにするか迷った末に全部付けてしまった、
という筋の場合もある。
“子供が川に落ちた”という言葉を人々がやり取りするうちに、
その長い名前が災いして助けが間に合わず溺れ死ぬ…

誰もが知る長い名前のお話は…


ふたりとも第1期の設定を参考にした
第2期では髪型が変化している
ふたりとも髪を短く切っている

そういえば落語は漫才と違って
ふたりや3人が並ぶなんて
イラストでの姿は現実にはない
(笑点は漫才でも落語でもないから何人並んでもいいわけだ)


私は与太郎(ボケ)と小夏(ツッコミ)の
夫婦漫才のような姿が好きで
第1期を見始めたくち
ところが八代目の長い昔語りが始まり…

与太郎には
なんか久々に会えたような気がする


雲田先生の絵はなんか奇妙に美しい
私の絵はアニメのほうを参考にしているので…
(毎度のコトではあるけど)
その方が簡単に描けるからな

落語が面白いと感じるようになったのは
このアニメが始まってからだな
落語ブログを訪問したりするようになったのも
それなんだけど…

私にはせいぜい子供向けの落語が合っているな…

「じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ…」
って、
もうええねん!

人として当たり前の改

       「なに?この子………目つきワル!」


『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
テレビアニメ好評放送中!
第2期、第16話「人として当たり前の」(1月29日放送)
より、ラフタと昭弘
別れ際にふたりが交わした最後のセリフ
ラフタの
「じゃーね!」に対して
無口(?)口下手(?)寡黙(?)単細胞(?)世間知らずで
鈍くて、ヒューマンデブリ(差別用語)の昭弘の返事は
「ン………」(そんだけかい!)
今生の別れではないから
まあ、そんなものか…

未来なんてわからない
「また今度会えたらいいね!」のような感覚で別れたふたり
しかし…

このあと、ふたりがもう会うコトはない…




『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』は、
日本のテレビアニメ。「ガンダムシリーズ」に属する
ロボットアニメ作品であり、長井龍雪が監督を務める。
2015年10月から2016年3月まで第1期が放送され、
同年10月より第2期が放送中。
キャッチコピーは「いのちの糧は、戦場にある。」。


ラフタ・フランクランド
声 - 日笠陽子
タービンズ所属のパイロット。漢字名は「浪蓋 布蘭宮嵐人」。
快活な性格で、名瀬を「だーりん」と呼んでいる。
パイロットとしての実力は高く、
乗機である百里の特性を活かした高機動戦闘を得意とする。
自分たちと渡り合った三日月や昭弘の実力を認め、
以降はシミュレーターでの戦闘訓練につきあうなど
交流を深めていく。
地球圏到達後は名瀬の頼みで漏影を駆り鉄華団に同行する。
エドモントンの戦闘ではグレイズ・アインに
乗機を大破させられるが、辛うじて生き延びる。
エドモントン戦後はMS戦教官として
火星の鉄華団本部に出向する。

昭弘・アルトランド(あきひろ・アルトランド)
声 - 内匠靖明、村中知(幼少期)
CGSのヒューマンデブリのリーダー格。太い眉毛が特徴。
周囲から「ガチムチ」と評される鍛え抜かれた肉体に加えて、
豊富な戦闘経験と三日月に次ぐ操縦技術を持つ。
幼少期は商船団を経営する両親や弟の昌弘と共に
各地を渡り歩いていたが、宇宙海賊の襲撃で両親を殺され
ヒューマンデブリとなり、弟と生き別れた過去を持つ。
その経験から参番組時代は無愛想かつ自虐的な言動が多く、
ほかのメンバーとはなれ合わずに
トレーニングに勤しむことが多かった。
鉄華団の旗揚げ後は所有物ではなく
仲間として迎え入れられたことで心を開いていく。


(関連記事引用)



ショッピングのラフタとアジー
「あっ…買い忘れ…さっきの店だ。ちょっと待ってて」
「私も行こーか?アジー」
「いや、すぐだから」

通りで一人取り残され、ふと目に入ったお店
BEAR FACTORY…

「へぇ~、カワイイじゃん」
そこはクマさんのぬいぐるみに囲まれた楽園

「あ…」

気になるアイツのそっくりさん(?)に
ひとめぼれ…

「なんか…(アイツに)似てるかも」
クマさんの太い眉をなぞる

昭弘をクマさんに重ね合わせて
胸をときめかせる

「すみませーん、これ下さい」

最後の至福の時…


死亡フラグ…出ていたのか?
第1期ではアインとの戦いで九死に一生を得た
といえば聞こえはいいが、アニメ界で云うところの
いわば死なないキャラである
だからこそ信じられない…

6発の乾いた銃声が夜の店に空しく鳴る

通行人おらんのか?
1発目で頭部を貫通しているから助からないのだろうけど
2発目からはすでに彼女には当たっていない
(筈だけど、倒れた彼女の体の数箇所に弾痕がある???)
初弾が急所を外れていれば
怪我で済んでいただろうに…
ストーリー上、決まっていたコトとはいえ残念である
アジーが悪いわけではないけど
結果的にそうなったのが
アジー本人にとっても
この先なんらかの障害になるだろう

あまりにもショッキングで
イラストを描くつもりはなかったけど
気持ちも少しは落ち着いたので
録画していた画像を参考に今回の絵を描いてみたわけやな



ところで、ラフタは
昭弘クマさんを買って
どうするつもりだったのだろうか?

昭弘本人のコトが好きなのはわかるが
そっくりさんのクマさんの顔を見れば
元気が出る…程度の好意なのかな?
それは単なる危ない恋では…
(人のコトは云えんけど)


結局、この回はなにが云いたかったのか?
それは、戦争を描いたお話でありながら
これはもう戦争ではない!
ラフタが狙われたのは戦略でもなく個人的な感情によるもの

そして、たまたま彼女が選ばれた
云っちゃ悪いけど、他のキャラなら
私はここまで干渉しない
ラフタだけに残念だ
(兄貴や姐さんの死にも特に動じるコトはなかったので…)

もし、この後
どなたかが不幸ごとに見舞われても
私の心は動かないであろう
(アトラ以外の話だけど)


最後に…
「諸君らが愛してくれたラフタ・フランクランドは死んだ!
なぜだ!あのクマさんを作ったのは誰だ!?
眉毛が太いのはなぜだ!(昭弘だからさ)
そのせいで今回の悲劇は起きた!我々はこの悲しみを
忘れてはならない!
悲しみを怒りに変えて、立てよ団員!鉄華団は諸君らの力を
欲しているのだ!ジーク鉄華団!」
(オルガ総帥の演説より)
…っと失礼、お遊びが過ぎたようで…ファンの方ごめんなさい




純粋な恋は実らない
ただ、ラフタが最後まで握り締めていたクマさん…
昭弘への気持ち
その想いだけは届いて欲しい

独りで旅立った彼女
いつの日か
せめて、天国で彼に会えるといいね
なにより伝えたかった言葉


「昭弘…好きだよ」

幼女戦記改

          「すべてを殲滅する」



空中戦が面白い!
『幼女戦記』テレビアニメ好評放送中!




『幼女戦記』は、カルロ・ゼンによる小説。
日本の小説投稿サイト「Arcadia」にて2011年から連載された。
書籍版はイラストを篠月しのぶが担当し、
エンターブレイン(KADOKAWA)より
2013年10月から刊行されている。

ターニャ・フォン・デグレチャフ
声 - 悠木碧
本作の主人公。9歳(物語開始時)。帝国軍の航空魔導師士官。
階級は少尉。帝国軍内での二つ名は「白銀」。
元は日本に住むサラリーマンで管理職に勤めていたが、
職務に忠実な上に上昇志向の持ち主で、
情のないその行動が原因で勘違いの逆恨みにより命を落とし、
「存在X」に苦境の中で反省しろと
異世界でターニャという幼女へ転生させられ、
帝国の魔導師として戦っていくことになる。
幼いながらも魔導師としての戦闘技術や指揮能力は超一流。
部下には厳しいが使えると判断すれば指揮をまかせるなど
面倒見は良い。反対に組織を乱す無能者は毛嫌いし、
命を落とそうが気にも留めない。
前世(地球の歴史)と「存在X」と逢った記憶を持っている。


(関連記事引用)



イラストはターニャのイメージ
テレビアニメ第弐話「プロローグ」でのドレス姿
「演算宝珠」は省略している(その装置が好みではない)


『幼女戦記』そのタイトルどおり
主人公は幼い少女である
見た目が幼女というコトで
周りから子ども扱いされる
中身は大人なのに…

なぜ幼女の姿でなくてはならなかったのかは
私にはわからないけど、ターニャの心の声は鳥海さんが
務めたほうがよかったのでは?
『名探偵コナン』を思わせる設定なのでその辺
オリジナリティが増すと思う

「存在X」の存在はいわゆるこのありえない世界を
作るためのあくまで“手段”なのだろう
その設定さえなければまだ私好みの作品になっていたと
云えるが・・・


なんだかんだ云っても
この異質の主人公のおかげでお話が面白くなっている
目で表情をつくる方法が用いられているので
そこは一番のお気に入りだな

まあ、
戦争が背景なので明るいお話ではないが
たまに出てくる華やかな衣装などが逆に目だって
メリハリがつく

それもあって今回のイラストは
滅多にない服装にしてみたわけやな
いつもこんな格好しとったら戦場ナメとるで

あ、私がこのイラストで使用した演算宝珠システム改は
機械などの装置に頼らず本人の魔力が気孔のように
見えない力となって作用している…的な
足下の輪っかは魔力が目に見えたほうがビジュアル的に
面白いと思って描いてみた
水面を歩くと波紋ができるように
一歩踏み出すごと、なにもないはずの空間に
こんな形が浮かび上がる
かつてそんな作品があったような気もするけど思い出せん

それにしても
空中戦にこだわるな・・・

魔法使えるなら他のコトに使えんのか?
などと思われた方もいるのでは?


こんな世界では魔力が多い人間のほうが役に立つ
主人公の願望「できるだけ楽な人生を送りたい」
と願うのは至極当たり前のコト
お国のため、前線で活躍したいのも己の願望に過ぎない
そんな人間の欲がもっともわかりやすく描かれている
こんなヤツにはなりたくないな
といって結局そうなっている自分がイヤになる作品…っと失礼

ターニャという立場に不満を感じてのストレス解消か?
ケンシロウ(北斗の拳)のように容赦なく敵を殲滅する少尉
食事時に見れんな…
とにかく、『幼女戦記』は空中戦や!
それと、見かけに騙されるな!
カミーユとファ改

       「カミーユ…カミーユ?カミーユ!」


『機動戦士Ζガンダム』放送開始!
第1話「黒いガンダム」よりカミーユとファ




『機動戦士Ζガンダム』は、日本サンライズが制作した
『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。
名古屋テレビを制作局として、
テレビ朝日系列で1985年(昭和60年)3月2日から
1986年(昭和61年)2月22日まで、
毎週土曜日17:30 - 18:00の時間帯にて全50話が放送された。
物語は1979年 - 1980年に放送された
『機動戦士ガンダム』の続編にあたるが、
設定はその劇場映画版3部作から連なるものとなっている。
略称は「Ζ(ゼータ)」。


(関連記事引用)



しょっぱなでマスクもつけずにいきなり登場のシャア
本人はクワトロと名乗っているが…
まあ前作では素顔を晒していないので
視聴者以外は誰もシャアだとは気づかんだろう
シャアはマスクをつけてこそのシャアだから
クワトロで正解なのかもしれない
やはりシャアは前作で死んでいたのか…


主人公が爪を噛むクセは先代譲り?
アムロが爪を噛んでいるところを幼なじみのフラウ・ボウに
注意される
「そのくせ、やめなさい。」
カミーユもまた…
「よくないわ、そのくせ…やめなさいよ!」
幼なじみのファに叱られる

イラストはカミーユとファが走っているシーンのイメージ
この時は、まだハロはいない
(エンディングでは走るファのそばでずっと跳ねている)

それにしても
ファはカミーユが自分の名前を嫌っているのを知らんのか?
呼びすぎや!
「カミーユってのがオレだって誰にだってわかってしまうだろ」
ちなみに“カミーユ”はフランスの女性の名前らしい
私も自分の名前がキライなので彼の気持ちがよくわかる
名字は変えられても名前は変えるコトができんからな

好敵手(?)ジェリド
「カミーユ?なんだ……男か」
初登場時からイヤなヤツだったな
3対1の勝負で「男らしく扱ってやる」はないだろ
声が男らしい井上さんなので合わんような気はしたけど…
ファ「カミーユ、カミーユ」…だから呼ぶなって
この回だけで何回呼んだ?

それにしても
主人公を始めとして登場人物みんな血の気が多いな
本気のどつき合いしすぎやろ!
富野監督の趣味だからしょうがないんやけど…

第1話「黒いガンダム」
黒いガンダムは
なぜ黒いのだろうか?
第1話「白いガンダム」では冴えんから…
つーかガンダムは白くて当たり前や!
とにかくなんか新しいもののような気がしたから
黒にしたような気がするけど
やっぱガンダムは白がいい

それと、
『機動戦士Ζガンダム』のタイトルにある
Ζガンダムは当分登場しない…

ところで、Zをつけたのはなぜ
いきなり最後の作品にする気だったのだろうか?
(後の作品にガンダムWとガンダムXがあるがガンダムYはない)


さて、
この回の登場モビルスーツ
ガンダムMk-Ⅱのデザインはあまり好きくない
リックディアスの造型は好きだな
なんか体型がリックドムに似ている
そこがいいわけだけど搭乗するキャラがいいというのも
理由のひとつ
ガンダムMk-Ⅱにはジェリドが乗っている
ビジュアルはイイのに操縦がヘタレ…

第1話「黒いガンダム」
作画監督が北爪氏なのでやや冷たい印象を感じる
当時のスタッフの中ではトップレベルのアニメーターなので
第1話の作画を手がけたのは当然ではあるけど…
キュアップ・ラパパ!未来(あした)もいい日になあれ!!改

     「一年間、どうもありがとうございました」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



『魔法つかいプリキュア!』最終回(1月29日放送)
「キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!!」より
世界を救った魔法つかいたち…



『魔法つかいプリキュア!』は、
2016年(平成28年)2月7日からABC・テレビ朝日系列で
毎週日曜8:30 - 9:00(JST)に放送された、
東映アニメーション制作のテレビアニメ。
「プリキュアシリーズ」の通算13作目にして、
11代目のプリキュアに当たる。通称「まほプリ」。
キャッチコピーは、「魔法のことば『キュアップ・ラパパ!』で
ふたつの世界がいまつながる!」。


(関連記事引用)



イラストは『魔法つかいプリキュア!』より
世界を救った魔法つかい
左からみらい、はーちゃん、リコ
はーちゃんのひざにはモフルン

オープニングアニメーションの法衣を参考にした
今回の魔法円は…フフフ
魔法つかいの必需品、杖とホーキは省略…


それにしても、
『魔法プリ』ついに終ってしまったな…
あっという間の1年だった

まだ描きたいものが山ほどあったのだけど
再放送に期待して
その時に描くとするか…

『魔法つかいプリキュア!』最終回
「キュアップ・ラパパ!未来もいい日になあれ!!」
この回のストーリーは次回へのつなぎになっている

そして、
新番組『キラキラ☆プリキュアアラモード』が
先日、2月5日(日)に始まった!

スイーツのお話といえば
『ドキプリ』の再放送も
今回が丁度、お菓子の家の回(?)だったな

『魔法つかいプリキュア!』は
タイトルに魔法つかいがついている
なぜだろう?
歴代プリキュアはみんな魔法を使うのに…
それと、
変身後のコスチュームが魔法つかいの服に見えなかったのは
私だけだろうか…

とんがり帽子は欠かせない
なので締めのイラストはこうなったモフ~…的な
モフルンのとんがり帽子…最後まで描けんかった~
いつか機会があるといいね


それでは、
「キュアップ・ラパパ!あしたもいい日になあれ!!」
殺せんせー福と鬼改

            「ヌルフフフ」


「おには~そと!ふくは~うち」

この冬、黒豆による豆まきが行なわれた(ウソ)

衛星放送にて映画『暗殺教室』2部作
『暗殺教室』(第1作)2015年3月21日公開
『暗殺教室~卒業編~』(第2作)2016年3月25日公開
一挙放送を視聴したので…





『暗殺教室』は、松井優征による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて
2012年31号から2016年16号まで連載された。

殺せんせー(ころせんせー)
演・声 - 二宮和也
本作の主人公。本人は「名乗るような名前はない」
と語っており、「殺すことができない先生」という意味で、
茅野が「殺せんせー」とニックネームをつけたことから、
生徒からそう呼ばれるようになった。
月の7割を爆破して常時三日月の状態にしたと自ら語った上で、
「1年後に地球を爆破する」と宣言している。
ある女性との約束で
椚ヶ丘中学校3年E組の担任と授業を受け持つことになり、
英会話(イリーナ)と体育(烏丸)を除く全教科を担当。
正体は、様々なスキルを駆使して多くの暗殺をこなしてきた
「死神」という通り名を持つ殺し屋で、人間の男性。

潮田 渚(しおた なぎさ)
演 - 山田涼介
本作の語り部であり、もう一人の主人公
(実写映画版では彼が主人公となっている)。
E組の生徒。ド草食で人当たりの良い性格の持ち主。
殺せんせーを追い詰めて暗殺する過程で観察力を養い、
常に殺せんせーの特徴や弱点をメモしている。
実写映画版では短髪で
ナヨナヨした言動をとる少年になっており、
B組に幼馴染の斎藤綾香がいる設定が追加されている。


(関連記事引用)



イラストは『暗殺教室』より
殺せんせー(フツーと怒!!)のイメージ
黄色い福と黒い鬼
ふたりの後頭部はきびだんごと梅干だな
渚、描けんかった~(山田さんは似せる自信がない…)

手前の黒いつぶつぶは豆まきの豆ではない
すべては殺せんせーを狙う銃弾である

まあセンセーには弾丸が止まって見えるので
喰らうコトはないのだけど・・・
(マトリックス?)

なんか、怒!センセーの顔が梅干に見えてしまう
フツーセンセーはパックマンかな?

それにしても、
なぜこのような顔になってしまったのだろうか?

その辺は特に理由はない
いわゆる、ギャップを楽しむという設定だけど
物語の過程でこの顔になった説明を知らないので・・・

かつて、
テレビアニメも視聴したけど途中でやめてしまった
基本的にギャグ漫画を受け付けない体質なので
原作を知る方なら納得いただけると思う

ただ、映画ははしょっているので
かなり早いペースで本題に入れたのがよかった


殺せんせーのCGキャラは正解だな
ニノミーがなぜ殺せんせー役なのかは理解できないけど
映画『ガンツ』があったから松山さんと共演ならとか
考えてみた
松山さんが殺せんせーを演じるとしたら
CGではなく、ご本人が整形して・・・
それほどの役者さんなので想像したら怖くなる


『暗殺教室』の原作を知らないので
あまり深くは語れないけど
当初は完全なギャグ路線でいくつもりだったようだな
私には、
映画『暗殺教室』で、物語の前半と後半が
まるで異なるお話に見えた

センセーの過去が語られるシーンはよかったけど
なぜ、暗殺しなければならないのかは謎だな
私はそのナンセンスさが大好きではあるけど…
(霊少女ヒミコもそんな感じなので)

複数の触手を使ったセンセーとイトナの戦闘シーンが
映画『寄生獣』を思わせたがそれは私の錯覚だったのだろう

それと、
どうでもいいコトだけど、
私のイラストに添えた笑い声…
『ワンピ』の黒髭海賊団のあの人の笑い声に似ている
ちょっと気になったので…

あ、屋根の上で戦うシーンは
映画『ひぐらしのなく頃に』を思い出した


映画『暗殺教室』で私が一番感動したところは
真怒MAXだな!(マッドマックスと読む)
イラストに描いたのもそれが理由
ベイマックスの体についている、あれ
感情、体の状態を表す心のバロメーターのようなもの
センセーの顔がいつもニコちゃんなのは
そーゆーコト・・・?

ニノミーと桐谷さんの実らない恋は
私にとってはムカつくところ
なんだかわからない権力に抑えつけられて…
結局、そこがあったからクライマックスは
盛り上がったのだろうけど忘れてはならない出来事

全編を通してダークなお話(タイトルからして)ではあるけど
うまくまとめてある
原作本の表紙は、私が日頃
お世話になっているブロガーさんの紹介で知った
あの表紙絵からは中身が想像もつかん
児童向けの絵本の表紙かと思った
センセーの顔のアップだからな~


さて、
暗殺者からの弾丸をお箸でつかむシーンは欲しかったな
(ギャグが基本のお話だから非常識が常識じゃろーが!)
北斗二指真空・・・
敵が放ったボウガンの矢を人差し指と中指の二本ではさむ
高度な技、良い子のみなさんは真似をしないでください的な
要は真剣白刃取りのコト
宮本武蔵の逸話などで現代に語り継がれている
(『タイムボカン24』の“真歴史”ではない)


最後に、
“殺せんせー”って
なんてカワイイネーミングなんだ!
(正体はワンちゃんかと思った)
そこが人気の秘密なのだろうな・・・
きびだんご三昧改

           「おには~そと!」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)


明日は年に一度の節分!
こういう行事はなぜ年に一度なのだろうか…
まあ、『霊少女ヒミコ』のなかで出てくる
ヒミコへの行事も年に一度(クリスマス)である
要はそういった効果は一年が目安といったところなのか?
家電品メーカーの保証期間みたい…




岡山銘菓
「元祖きびだんご三昧」

元祖・抹茶・ゆず・きなこの4種類の味が楽しめる!

内容量:16個
製造者:株式会社 廣榮堂武田(安政三年創業)

(関連記事引用)



節分といえばオニ退治!
オニ退治といえば桃太郎
桃太郎といえば…

岡山銘菓
「元祖きびだんご三昧」
私がお世話になっている方に頂いたので
描いてみた



イラストの説明

「元祖きびだんご三昧」のキャラを参考に
節分のイメージにしてみた
ひだりから、ニワトリさん(上)お猿さん(中)
ワンちゃん(下)
桃太郎、右は赤鬼、青鬼

桃太郎が撒いているのは豆?それともきびだんご?

包装のイラストでは
6人の顔のみが描かれている
上から桃太郎、赤鬼、ワンちゃん、お猿さん、青鬼、きじさん

私のイラストではきじさんがニワトリさんになっている
というか、桃太郎が
『霊少女ヒミコ』第18話の鬼退治(?)ヒミコに…!

ニワトリさん、お猿さん、ワンちゃんを描いたのは
昨年は申年、今年は酉年、そして来年は…戌年!的な
気分だったから・・・


さて、
きびだんごのお味のほうは…
それぞれの持つ風味の特徴が生かされていて
これ以上の完成品はない

梅・夏みかんも合うかも・・・

牛タン・エビマヨ・キムチ味など(うまい棒?)は
さすがにありえんか・・・


ところで、
桃太郎の時代のきびだんごは
私たちが食べているものとは違っていたはず
現実のお話ではないけど
『ドラえもん』に出てきた“桃太郎印のきびだんご”を
食べてみたいな~


お店の大豆についてくるお面
気にはなっていたけど
赤鬼と青鬼…
なんで赤と青なのだろうか?
私は青緑(エメラルドグリーン)が好きなので
そんなオニがいたらな
なんて思っている
白鬼は神聖なイメージ
豆をぶつけるとばちが当たるな
黒鬼なんてカッコよさそー
黄鬼は赤鬼と青鬼の間に並んで信号みたい
戦隊物だと5人(5色)揃えんとイカンな
などと本気で考えてしまった・・・
豆をぶつけてもらって邪気を祓ってもらわねば
ならんのは鬼よりも私のほうか
焼き出前一丁改

         「あ~らよ、出前一丁♪」



夏季限定 「焼出前一丁カップ」として
2016年7月25日(月)に発売された
日清食品「焼出前一丁カップ」
昨年買ったものが賞味期限切れになっていた・・・




日清食品「焼出前一丁カップ」(2016年7月)

「出前一丁」 が焼そばになりました!
特製「ごまラー油」で仕上げるカップ焼そば!
1968年に誕生した「出前一丁」は、
焙煎したごまの風味が香ばしい「ごまラー油」が
特徴のロングセラーブランドです。
今回発売する「焼出前一丁カップ」は、2014年の発売以来、
夏季限定の焼そばタイプの「出前一丁」として
毎年ご好評いただいています。

商品特徴
1. 麺
コシのある中細ウェーブ麺。
2. ソース
出前一丁の味をイメージしたしょうゆ味の粉末ソース。
3. オイル
食欲をそそる特製「ごまラー油」。
4. 具材
キャベツ、チャーシュー、ナルト、炒りごま。


(関連記事引用)



イラストは「焼出前一丁カップ」の
パッケージを参考に描いたもの

お味のほうは・・・

焼きそばだけど「出前一丁」の味だな
かやくがラーメンの具なのが面白いけど
やっぱ私はラーメンのほうがいい

ごま好きな私としてはそれだけで十分ではある


それにしても、
「出前一丁」でおなじみのキャラ
出前坊やカワイイ!
下駄好きの私にはたまらん

別バージョンも見てみたいな


さて、
今年はどんな焼きそばが登場する?
プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数