Pちゃん改



部屋の仲間たちシリーズ
今回は
『らんま1/2』の「Pちゃん」




『らんま1/2』(らんまにぶんのいち)は、
高橋留美子による漫画作品。
および、それを原作とするテレビアニメ作品。
1987年36号 - 1996年12号まで小学館「週刊少年サンデー」
に連載され、単行本は全38巻刊行。
2002年から2003年にかけて新装版が出版された。
劇場版やオリジナルビデオアニメ(OVA)版、また、
オリジナルストーリーで実写テレビドラマ化もされた。

水をかぶると女になってしまう高校生格闘家・早乙女乱馬と、
その許婚・天道あかねの交流を軸に、
家族・友人を巻き込んだドタバタ騒動の日常を描いた
格闘ラブコメ作品。


響良牙(ひびき りょうが)
声 - 山寺宏一
乱馬の転校前の学校時代の同級生で、ライバル。
我流の武闘家。水をかぶると黒い子ブタになる。
あかねに片想いをしている。
子ブタの姿の時はあかねに「Pちゃん」と呼ばれる。
後に雲竜あかりがガールフレンドとなるが、
あかねへの想いは捨てきれていない。極度の方向音痴。


(関連記事引用)



私の部屋の本棚でいつも横になっているPちゃん
どんぐり眼はぱっちりと開いている

時々目が合うPちゃん
私のハンドルネームが片Pなので
P仲間だな

かなり前から一緒に暮らしているけど
描いたコトがなかったので
モデルになってもらった
イラストの“手”は私
この形で描き上げた

ブタさんだったんだ…
イノシシかと勘違いしていた

鳥サンが人間に名前をつけられる時
「P子」とか「P助」になるコトが多いらしい

私は「ピーピー」云っているからPというわけではないし
酉年だからPでもない…
ただ…


Pちゃんも、目が接着剤だけでついているのかな?
と思って触ってみたら縫いこんであるっぽい
鼻は接着なので外れかけてるけど…
スポンサーサイト
          ご訪問の皆様方

        本年もよろしくお願いいたします


ともだちいっぱい1改




今年は申年なので
イラストは
『ともだちいっぱい』より、お猿のモンタくん


『ともだちいっぱい』は、
1990年4月から1995年3月までにおけるNHK教育テレビの
幼児向け番組ゾーンの総称。

モンタくん(声:田中真弓)、
『やっぱりヤンチャー』からスピンオフ登場の
双子の猿のキャラクター。
『なかよくあそぼ』を中心に登場する。
やんちゃだが少々泣き虫、
モンタくんの名前は猿の呼び方の「モンキー」からきているが、
“みのもんた”からという説もある。

『やっぱりヤンチャー』
1989年度に放送されていた幼児向け番組

(関連記事より)



モンタくんは
やっぱりカワイイ!!

着ぐるみだけに大きいイメージはあるけど…

ちなみに
ウチのモンタくんは体長15センチなので…
可愛すぎる!!!



今年のキャラクターにしていいものか
悩んでいる…

候補には孫悟空、アメデオ、ルパン(?)
ハクション大魔王2

     「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン」



今回は私の部屋の仲間たち
『ハクション大魔王』



『ハクション大魔王』
(ハクションだいまおう、英語表記:The Genie Family)は、
タツノコプロによるギャグテレビアニメ
およびその主人公である。
1969年10月5日から1970年9月27日まで、
フジテレビ系で全52回放送されている。
1回あたり2話放映されたので、話数は全104話。
基本的に1話完結だが、
まれにAパートとBパートの話がリンクすることもあった。

漫画化されて、タツノコプロによる漫画版が、
『たのしい幼稚園』、『週刊ぼくらマガジン』で連載された
(当初はオープニングにクレジットされていなかったが、
オープニングが変更されてからクレジットが入った)。
「吉田竜夫とタツノコプロ」と内山まもる、
案・天馬正人と絵・内山まもる、
案・天馬正人と絵・太田じろうにより作成された。


ハクション大魔王
声:大平透
カンちゃんが発見した壷から現れた。
壷の近くでくしゃみをした人をご主人とし
言うことを何でも聞く。
再び主人がくしゃみをすると壷の中に戻る
ブルドッグのブル公と算数が苦手で、
数字を見ると蕁麻疹が出る。
ハンバーグが大好物で
大量のハンバーグをあっという間に平らげる。
語尾に「~でごじゃる」、「~でごじゃりまするよ」と話す。
体はいわゆる関取体型
(一度大相撲で優勝したこともある)で
貫禄があるがカナヅチで全く泳ぐことができない
壷の中以外では与田山家の屋根裏で生活し、
普段は「魔王」や「魔王さん」と呼ばれている
(ブル公だけは「ハクちゃん」と呼ぶ)。
年齢は300歳。
壷の中(魔法の世界)では落ちこぼれらしく、
階級も一番下らしい。

それからおじさん
声:愛川欽也
「マジックハンドの話」(第27回Aパート)で初登場。
サブタイトルに登場しタイトルコールの後に
「ハックション、ウゥーッ!」と
合いの手を入れる謎のキャラクター。
その後はCM前のアイキャッチや場面転換の際に
頻繁に登場するようになる。
サブタイトル以外では黒い背景に
その話の内容に合わせた白い線画で登場する。
「それからどうした」「それからそれから、コマーシャル」
等の台詞をしゃべったり、くしゃみをしたりする。
唯一色の付いた赤い帽子が特徴。
右手に傘を持っていることが多い。



(関連記事引用)






それからそれから3

         「それからそれから」





今回は『ハクション大魔王』より
“ハクション大魔王”と“それからおじさん”のイメージ

私がお世話になっているブロガーさんの
ブログで毎回見かける“ハクション大魔王”を
ついに描いてみた

そういえば
ウチの“ハクション大魔王”の
ズボンにツギハギはない

それとアニメ版ではないので…


ワンちゃんは怖いので
どちらかというと(?)
私も苦手だ



“それからおじさん”…
そんなキャラだったんだ!

ウチの“それからおじさん”の
体長は約7センチ
後ろから見ると帽子を被った卵みたい…


カンちゃんとアクビちゃんも同じ本棚に住んでいるけど
機会があればお見せしたいな
(部屋にいるはずの“魔法の壺”は行方不明…)

ルパン三世改



衛星有料放送にて
『ルパン三世』実写映画を視聴した
今回が初見



イラストは
部屋の仲間たちシリーズより
ルパンのぬいぐるみ

おなじみの赤いジャケット
愛銃のワルサー
我ながらそっくりに描けたな…
誰が描いても変わらんだろうけど



『ルパン三世』(ルパンさんせい)は、
2014年8月30日に全国東宝系で公開された日本映画。
モンキー・パンチの同名漫画を原作とした
オリジナルストーリーの実写作品。監督は北村龍平、主演は小栗旬。

『ルパン三世』の実写映画は、
1974年に公開された『ルパン三世 念力珍作戦』以来40年振りとなる。
また、『念力珍作戦』では登場しなかった石川五ェ門も、
本作で実写映画に初登場する。
制作には4年以上の歳月がかけられ、
日本・タイ・香港・フィリピン・シンガポールで撮影が行われた。


(関連記事引用)




こちらは
同じく部屋の仲間たち
ルパンとはまるでカンケーないので…


おやすみメリーさん改



以前ブログで紹介した3人
(無造作に置かれているようで実は計算された配置…?)

ルパンひとりではさみしいので
友情出演(次元、五右衛門の代わり?)



映画の感想としては
原作でモンキー面のルパンが
イケメンなので
私のイメージと異なるものはあったけど
通して見ればさほど気にならない

ルパンの得意な変装や不二子の色気
人間くさい銭形…
次元の早撃ち、五右衛門の斬鉄剣の
アクションは忠実に再現されているので


ただ、原作より抑え目の
各キャラの特技は
アニメのルパンファンにとっては
少々物足りないかも?
(私はすべてをリセットして見るので問題ないけど)

私が一番気なるところはガンアクションなので
気になるシーンをいえばきりがない

とにかく
実写化とかいうコトを考えずに
娯楽映画として楽しめる作品だな



カップガンプラ7改

          「認めたくないものだな…」




今回は部屋の仲間たちのひとり
日清 カップガンプラより
シャア専用ザク カップヌードルオリジナルカラーver.



日清 カップヌードル発売40周年記念
カップガンプラ&カップヌードル 1/200スケール

カップヌードル誕生40周年を記念して発売された
1/200スケール ガンプラ付きのカップヌードル。
当商品は全4種
「RX-78ガンダム(ノーマルカラー)」
「RX-78ガンダム(オリジナルカラー)」
「シャア専用ザク(ノーマルカラー)」
「シャア専用ザク(オリジナルカラー)」が存在。
オリジナルカラーver.は成型色が
カップヌードルのパッケージをイメージした
赤と白のツートンに変更されており、
シャアザクの赤い部分もノーマルとオリジナルでは色味が異なる。
価格はオープン価格となっているが、
だいたい1個700~800円程度で販売されている。
ただし当商品は数量限定生産で、
発売日は2011年9月20日、
ラーメンの賞味期限が2012年1月24日。


(関連記事引用)



私の部屋の
シャア専用ザク カップヌードルオリジナルカラーver.
実はまだカップに入ったままで
外の世界を知らない…
(ラーメンはすでに食べているので…)

イラストは
これに搭乗するシャアのイメージ…
なんだけど
コックピットのハッチが閉じているな
どうやって乗るんだ?
(胸の白い部分の内側が操縦席で
    Tの字の向かって右下の四角い部分がハッチ
     ちなみに整備する時は白い部分がボンネットのように開く)


カップヌードルのデカールは派手だな
まるでF1だ…
(ジオン軍のスポンサーは日清だったのか…)
これにシャアが搭乗して戦うとは想像もつかん

「見せてもらおうか。連邦軍のモビルスーツの性能とやらを!」

シャアのテレビでのガンダムとの初戦でのセリフ
ビームライフルでシャアザクに狙いを定めるアムロ
スコープに“カップヌードル”のロゴが!
やっぱりヘンだ…(どんな文字でもヘン!たとえば“シャア”とか)

「認めたくないものだな…自分自身の若さゆえの過ちというものを」

(ガンダムネタわからない方、意味不明でごめんなさい)



ザクの白兵戦での装備は
基本的にヒートホークだったけど
イラストではドムのサーベルを使用
立ちポーズも
私の崇める
偉大なるメカニックデザイナー
大河原先生のメカ設定
“大河原立ち”を
イメージしたつもりではあるけど
先生の足下にも及ばんな…


プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数