インドミナス・レックス改

「大きなトカゲ」だなんて云ってると食べちゃうよ!


映画『ジュラシック・ワールド』を
衛星有料放送にて視聴したので
描いてみた




『ジュラシック・ワールド』は2015年公開のアメリカ映画。
『ジュラシック・パーク』
『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、
『ジュラシック・パークⅢ』から続くシリーズの第4作である。

映画のあらすじ・ストーリー
あの事件から22年後。
ついに“ジュラシック・ワールド”がオープンした。
そこへ、パークの運営責任者のクレアの甥、
ザックとグレイがやって来た。
2人は、お目付役の手を振り切ってパーク観光へ。
一方、パークでは遺伝子操作で生み出した
ハイブリット恐竜のインドミナス・レックスが誕生していた。

インドミナス・レックス Indominus Rex
本作に登場する架空の恐竜で、
以前はディアボルス・レックスとも示されていた。
ティラノサウルス、ヴェロキラプトル、アベリサウルス、
カルノタウルス、マジュンガサウルス、ルゴプス、
ギガノトサウルス等のDNAを加えて遺伝子組み換えによって
誕生させた新種の恐竜。全長12m。
カメレオンの様に体色を変える事が出来る。
なお、体色を変えるカモフラージュ能力を持つという特徴は、
小説版『ロスト・ワールド -ジュラシック・パーク2-』
に登場したカルノタウルスに影響を受けたとも言われている。

モササウルス Mosasaurus
歴代シリーズとしては初めて登場する海生爬虫類。
湖エリアではイルカショーのように
鮫に喰らい付くショーが催されている。


(関連記事引用)



私が今回の映画で
一番気に入ったのはやはりモササウルスだな
イルカショーを知っているので
そこにヒントを得た本作品の監督はスゴイと思う
出番は少ないけど本作品の主役である
インドミナス・レックスより目立っていた
なぜか映画の宣伝でも登場してたな…

『ジュラシック・パークⅢ』に登場した
スピノサウルスは今回は出ていない
好きだったんだけどな…

それと、今回は小型恐竜も出なかった
「かわいいね」と不用意に近づくと大変な目に!
小さいのに自分より大きな人間に襲いかかるシーンが
印象に残っている
恐怖映画でよくある演出だな
かつてのヴェロキラプトルの会話も恐かった印象がある
その辺を考慮するとなにか物足りなさを感じている方も
いるかも…
私は動いている恐竜が見れるだけで十分なので…


それにしても、モササウルス…海洋生物にしても
大きすぎるような…
史上最大の鮫メガロドン出んかったな
サメ映画やないからな~


ところで、
インドミナス・レックスは以前ブログでも
記事にしたコトがある
その時の絵と今回の絵の違いは
前肢と背中と体色
まあ、前回は100%想像で描いたものだから
しょうがないけど、今回も50%くらいは
私の好みが入っている

トカゲさんは恐竜の子孫なんて
聞いたコトがあるけど
私には、まるで別の生き物にしか見えない
現在、地球上に存在する生物で恐竜に似ているのは
どちらかというと哺乳類だな
実際、我々の知る恐竜の姿は人間の想像でしかないので
何を云っても事実ではない

昔見た恐竜映画に
恐竜としてトカゲさんが登場していた
さすがに『ジュラシック・パーク』シリーズに
それはないだろうけど…(CGやからな)

『ジュラシック・ワールド』の
感想はひと言、
映像は文句の付け所なし
演出もうまい
登場する恐竜もいい
ストーリーのテンポもいい
ただ、インドミナス・レックスの使い方が
少々物足りなかった(ちょっと疑問点もある)
悪人の最期がイマイチ


で、私の一番好きな恐竜は
ゴモラザウルス…なんて
スポンサーサイト
スーサイド・スクワッド改

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)


映画『スーサイド・スクワッド』
衛星有料放送にて視聴したので描いてみた




『スーサイド・スクワッド』とは、
アメリカ製作のスーパーヒーロー映画。
DCコミックスが刊行する同名の漫画シリーズの
実写映画化作品。

バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄された
ヴィランたち。死刑や終身刑となって服役していた彼らは
政府の秘密機関によって集められ、
減刑と引き換えに危険なミッションを遂行することを
余儀なくされる。


フロイド・ロートン / デッドショット
演 - ウィル・スミス
狙撃手であり、暗殺者。ウィル・スミスは
「ハーレイ・クインとは仲間の関係」と述べているが、
ほかのキャラクターとの関係は不明。

ハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン(英語版)
演 - マーゴット・ロビー
狂ったスーパーヴィランであり、元精神科医。
元々アーカム・アサイラムに勤めており、
落ち着いていて思いやりのある人間だった。
しかしジョーカーによって精神的・肉体的な改造や
ショック療法を経験してからは感情面が歪められて、
サディスティック・殺人的・子供のような
サイコパスになり目的達成のために
手段を選ばない性格になった。



(関連記事引用)




今回は『スーサイド・スクワッド』のイメージ

やはり主人公とヒロインだな…
カタナがカッコ良かった(登場シーンのみ)ので
描こうと思っていたけど活躍しなかったので
や~んぴ!って感じ

ハーレイ・クインは作中ではただのマスコットキャラ
だったけど私の絵では厳しかった表情を使用

デッドショットは
カッコ良過ぎてイメージ通りにイカンがっだ~

ヴィランといえば現在、放送されているアニメ
『ヒロアカ』の本来の目的…対ヴィラン!
主人公たちの所属する機関
なんだけど、体育祭を楽しんでいるな…
(この学校では体育祭は何週間もあるのだな…)
犯罪者はこの間は
悪いコトをせずに待ってくれているようだ
っと失礼…


で、『スーサイド・スクワッド』の感想だけど
ヒーロー物が好きでなければ見るに耐えん!

もはや、パターン化しているな…

私はヒーロー物が好きなので
テレビでの放送を待っていた
とはいえ、
『デッド○ール』はさすがに見るわけにはいかんな
「呼んだ?」
お前は『荒川アンダー~』か!


今回のジョーカーの吹き替えが子安さんだったので
ピッタリだと感じた
「ウリィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!」
やっぱDIOやな!



魔女…
フロイドたちの敵、『スーサイド・スクワッド』の
ラスボスだけど
あれはどう見ても魔女ではないな…
見た目は『スターウォーズ』のアミダラか、FF8のイデア
あ、魔女か…ン?




デッドショット
“プロの暗殺者
狙撃の射程 4キロ”
“銃器の達人”
“家族:娘・・・と、妻

このプロフィールでソッコーファンになったべ
「・・・と、妻」かい!
なんたって悪役バージョンのウィル・スミスやもんな~
お髭…結構たくわえてるな…
私の絵では少々少なめに描かれている
『パイレーツ・オブ・カリビアン』もそうだったっけ…


ちなみに私の今回の絵(ハーレイ・クイン)は
『攻殻機動隊』や
『ストライクウィッチーズ』の類ではないので…
なんつーファッションセンスや!意味分からん


私の絵の
デッドショットの銃は
原作のものとはまるで異なる
実際はプレデターの腕に装着されているものと
酷似している
まさに百発百中!(自爆装置もついているのだろうか)
ちなみにデッドショットは左利きらしい…
私と同じだ

私の描いたデッドショットのイメージは
以前、
映画『リディック』&『コブラ』(スタローンではない)の
コラボ(?)イラストを描いたけど
なんか思い出してしまった…

リディックのサイコガンは無敵だろうな
それにデッドショットの射程が加わると…
史上最強の殺し屋ゴルゴ13に勝てるかもしれん
いや、感情がある人間にはムリか…
デッドショット曰く「オレは女は撃たない」
お前はルパン三世か!
まあ、そんな主人公が絶対悪を討つのだから
面白いのだろうな
美女と野獣改

    (画像をクリックしてください。全体が見れます)



金曜ロードSHOW!にて、『美女と野獣』放送!
と云うコトで描いてみた…?




『美女と野獣』は、
2014年のフランス・ドイツ合作のファンタジー映画。
第64回ベルリン国際映画祭でコンペティション外上映され、
第27回ヨーロッパ映画賞(英語版)の
観客選考最優秀映画賞にノミネートされた。
また、第40回セザール賞(英語版)で3部門にノミネートされ、
プロダクション・デザイナー賞(英語版)を受賞している。


『美女と野獣』(2014年版)
  ベル - レア・セドゥ(渋谷はるか)
  野獣 / 王子 - ヴァンサン・カッセル(山路和弘)

『美女と野獣』 (2017年版)
ベル - エマ・ワトソン、昆夏美
野獣 - ダン・スティーヴンス、山崎育三郎



(関連記事引用)



今回の絵はチョコパイのパッケージイラストを
参考にしている…


今回『美女と野獣』が話題になっているのは
エマ・ワトソン主演の新作の影響かな?

『美女と野獣』は昔、見たコトがある…
なんか、どうでもいいお話だった記憶しか残っていない

結局、悪いのは父親じゃろーが!
違ったっけ?
映画観た感想はそこだけ後味ワル!!!
父親のアホ行動を正当化するコトのできる
裁判でも通じる犯行理由を10文字以内の文章で見てみたい
まず、ありえへん
人を犠牲にしてなんも思わんコトがすでに犯罪や
(人間社会に適用される法律上の)

魔法(?)で野獣になっていたヤツが元凶なんだけど
元々、悪いヤツではなかった…
理由があればどんな悪事を重ねても許される世界なんだ
日本以外がこんな国だから安心して住めんわけやな


で、最新作の話だけど、
エマ・ワトソンがハマリ役とか情報で知った…マジすか!?
ラドクリフ君は野獣役やないのねん
元々イケメンで、野獣の姿に変えられている???
彼には対岸の火事程度の出来事?

ディズニーの『美女と野獣』は視聴したコトがないけど
今回の『美女と野獣』はよかったな

『ライオンキング』のような、
私の描いた絵ではベルが白雪姫みたいで
野獣がイノシシ、クマ、オオカミ、ウシを融合させたデザイン
になっていない…
“融合”は私の得意分野なのでキメラの開発はおまかせあれ!

なにが悪いかというと、私の情報不足が原因なんだな


しかし、何度見てもパパと野獣の行動は常軌を逸している
そうでもしなければ物語(?)として成立しないわけだけど…
「なんの罪もない子供をなめんなよ!」
謝罪こそあれもう和解はありえない

いずれにせよ
今回の『美女と野獣』は以前
衛星有料放送にて視聴したもの
当時の感想は
「もう、わかった…許してやるよ親父」(ベル談)



気持ちを改めて、
エマのびじょやじゅ見たい!・・・
ゴーストバスターズ2016改

   「あたしの好みは…感じがよくって、キュートで、

         フレンドリーで、ちっちゃなゴースト」


        「なるほど!こーゆーヤツかな?」



『ゴーストバスターズ』2016年版を
衛星有料放送にて視聴した




『ゴーストバスターズ』は、
2016年のアメリカ合衆国の超常現象コメディー映画。
1984年の映画『ゴーストバスターズ』のリブート作品である。

元々は『ゴーストバスターズ2』に続くシリーズ第3作として、
前作の出演者たちを再登場させ女性を含む
新しい出演者に物語を継承させる脚本で予定されていたが、
オリジナルメンバーであるイゴン・スペングラー博士役の
ハロルド・ライミスが死去したことなどにより、
前2作で監督を務めたアイヴァン・ライトマンが降板。
のちに監督として就任したポール・フェイグの提案により、
主人公をすべて女性に変えてのリブート作品となった。
監督を降板したライトマンは本作では製作として参加、
オリジナルメンバーのレイモンド・スタンツ博士役を演じた
ダン・エイクロイドは製作総指揮を務める他、
タクシー運転手の役でカメオ出演している。
その他のオリジナルメンバーも死去したライミスと
既に俳優業を引退したリック・モラニスを除く全員が
カメオ出演している。

エリン・ギルバート
コロンビア大学で物理学者として勤務していたが、
旧友のアビーと共著した「過去からの幽霊」の存在が
ばれてしまい、学者として相応しく無いと
終身雇用契約を拒否されてしまう。
出版を差し止める為にアビー達の下に行くが
成り行きで幽霊屋敷の調査に付き合い、
幽霊を見たことで彼女の心境は変化してゆく。

アビー・イェーツ
高校の科学教師。自分の教室を勝手にラボに改造して
ジリアンと共に幽霊を研究していた。
高校時代は互いに幽霊の存在を信じるエリンと意気投合して
研究に明け暮れ共著もするほど仲が良かった。

ジリアン・ホルツマン
アビーの共同研究者で素粒子物理学者。
ゴーストバスターズの装備開発を担当している。
常にテンションが高く、突っ込みや他人をおちょくるのが得意。
アビーに会うまで友人がいなかったらしい。

パティ・トラン
ニューヨーク市地下鉄の職員。地下鉄の構内で幽霊を発見し、
ゴーストバスターズの調査に同行した後に、
幽霊退治に興味を持ちメンバーに加わる。

ケヴィン・ベックマン
ゴーストバスターズの事務員兼雑用。
写真モデルになる位のマッチョな肉体とハンサムな容姿以外は
何をやらせても残念な男で、変わり者揃いの
ゴーストバスターズのメンバーすら呆れるほど
マイペースかつおとぼけな性格の人物。


(関連記事引用)



カメオ出演か…
主人公ビルはマーティン役、
相棒のダンはタクシー運転手に格下げ、
ヒロイン役(?)シガニー・ウィーバーはレベッカ博士に…
あまりに有名な大御所たち
私の好きなゴーザ役、おらんな…
退職(ン?)されたのかな?


イラストは『ゴーストバスターズ』2016年版より
幽霊退治屋のイメージ(消防署員ではない)
左からパティ、エリン、アビー、ジリアン


今回のラスボスは『ゴーストバスターズ』でおなじみの
マスコットキャラ

前回のブログでは
ムーミンとマシュマロマンのコラボを描いた
今回、まさか、この子を描くコトになろうとは…
ちなみに、誰や?コイツ…変身すると鬼のような形相になる
魔人ブウか?


アグリー・リトル・スパッド(醜いちいさなジャガイモ)は
友情出演なのかな?
1984年版と同じ姿での登場
年は取らんらしい…うらやましい!なんちゃって…

霊界の女王=破壊の神ゴーザ(1984年版のラスボス)は
その、あまりのメイクぶりに
私の中ではホンモノとして処理している


日本語吹替版の声優さんだけど、
ジリアン役は朴さん!イケメンのケヴィン役は
『ジョジョの奇妙な冒険Ⅳ』ラスボス吉良役の森川さんや!
っしゃー!!声が聞けるだけでええんじゃー!!!!!
っと失礼・・・





ここからはひとり言

パティがなぜメンバーに入ったのか?
物語を通して理解できなかった
この映画を見た方はすべてそう思っているはず

フツー(正常な思考回路を持つ成人であれば)
幽霊退治の面接なんて受けんじゃろ
彼女はオバケの怖さを知っているので余計感じた…
他のキャラは流れでOK
エリンは不幸な女性…これで救済された?
ジリアンと私は似ている?
「アビーと知り合って初めて友だちができたよ」
私には友だちはおらんけど友だちごっこなら得意中の得意!
まあ、冗談はおいといて(?)
『ゴーストバスターズ』2016年版の続編はできるかな?
キャラ作りはよかったから、あとはラスボスさえ用意すれば
それだけで完成する
(基本的なストーリーはどれも同じ)
奇をてらうと外す可能性大なので
せめて、私の好きな
『ゴーストバスターズ』の名は汚すなよ…(トーン低めに)…
パイレーツ・オブ・カリビアン改

           「マナーを知れ」



『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』
2017年7月1日公開!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』より、ジャック・スパロウ
『アリス・イン・ワンダーランド2』を視聴したので…
ジョニー・デップつながりで描いてみた

『アリス・イン・ワンダーランド』は
説明するまでもなく
かの有名なルイス・キャロルの小説
『不思議の国のアリス』シリーズの映画版(?)である




『パイレーツ・オブ・カリビアン』 は、
ウォルト・ディズニーのテーマパーク、
「カリブの海賊」を元にしたファンタジー・冒険映画シリーズ。
シリーズは2003年に公開された
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
より始まった。

ジャック・スパロウ(Jack Sparrow)は、
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに登場する
架空の人物で、同作の主人公格である海賊。
映画では俳優ジョニー・デップが演じ、
日本語吹き替えは平田広明が担当している。


(関連記事引用)



今回は
『パイレーツ・オブ・カリビアン』より、
ジャック・スパロウのイメージ

ウチにある映画関連誌
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
の写真を参考にした
元の写真は暗くてよく見えんので
私好みにほとんど想像で描いた

目の下のくまとひげはあとで付け足した
(寝不足たたってんな~それと、ひげあったんや、この人)
つけないほうがイケメンなのに…
ディズニーの仕業やな
ティム監督か?ちがうようだ…ゴア監督って誰?
「カリブの海賊」知らんから好きなコト云ってんな

で、
日本語吹き替えの平田さんは現在ワンピのサンジ役で
活躍されている
今年始まったアニメだと『グラブル』の船長
やっぱ船長…サンジはいつ独立してν(ニュー)バラティエの
船長になるのやら…新○○○といえばエグゼイドのあの人
デンジャラスゾンビが見たいけど…
最初から命が99個ある(バグ技か?)ので
死んでもゲーム感覚のコンティニューで復活する
ま、いっかカッコイイし

と話が思い切り逸れてしまったけど、
なんで今回ジャック・スパロウかというと
私のお世話になっているブロガーさんが描かれた
彼のお姿で思い出したから…

以前もジャック・スパロウのイラストをブログでアップしたけど
ジャック・スパロウとして記事を書いていないので
気づかれた方はいないはず

あの頃は
『カッコイイ』の意味を
取り違えていたのかもしれない…

成人はカッコよく描く
逆に子供は可愛く
(あくまで人間が対象となる場合に限る)
怪獣や動物さん、宇宙人の時は私の好みによる(?)ものとする



最後に、
イラストに添えた
ジャックのセリフはサンジ(平田さん調)のものである
『パイレーツ・オブ・カリビアン』とは一切カンケーない
ジャック・スパロウファンの方ごめんなさい~
プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数