金田一少年の事件簿・青髭ファイル2改



リク絵!

『金田一少年の事件簿』より、青ひげ編ファイル3!




『金田一少年の事件簿』は、少年マガジンに連載された漫画。

七瀬美雪(ななせ みゆき)
声 - 中川亜紀子
本作のメインヒロイン。一(はじめ)の幼馴染み。
私立不動高校2年。ミステリー研究会・演劇部所属。
ミス研部長になってからはミステリー小説を3日に
一冊のペースで読んでいる。
美人でスタイルが良く、成績優秀であり、
生徒会長の役目もこなす。几帳面で面倒見のいい性格。
一に好意を抱いているが、表面上は「友達以上、恋人未満」
のような関係である。本心は一のことを大切に想っている。

金田一 二三(きんだいち ふみ)
 声 - 池澤 春奈
9歳。主人公、金田一 一(きんだいち はじめ)の従妹で、
金田一 丙助(きんだいち へいすけ)の一人娘。
猫を被ったり、現金なところもあるが、
一(はじめ)と同じく正義感が強い。
クラスメートの青柳君の事が好き。
チビ金、ちょんまげ女と呼ばれる。得意技=陰口。


(関連記事引用)



今回のイラストは
「七瀬美雪 誘拐事件 ファイル3」より、
はじめ、囚われの美雪とフミのイメージ


(これまでのあらすじ?)

本屋で立ち読みをしていた美雪
その雑誌にはフミの写真が載せられていた
いや、正確には、フミにそっくりの石膏像…
「なによ、これ…フミちゃんにそっくり…」

なにより気になったのが、その記事である
新聞の活字を一文字ずつ切って、張り合わせて
文章を綴っている…
それは、犯人からのメッセージのようにも見える

『今夜なな時美術館1階少女像へ来ひ。』

「は…はじめちゃんに連絡しなくちゃ!」

その時の美雪には
これから起こる忌まわしい事件を知る由もなかった…


「七瀬美雪 誘拐事件 ファイル1」

振り向くはじめ、そこには佐木がいる

「どうしたんですか?金田一先輩」

「あ、ああ…なんか美雪の声がしたような…」

「なに云ってるんですか…七瀬先輩がいるわけないですよ」

佐木があきれたような顔で答えた

「は…じめ…ちゃ…」

今まさに、誘拐されようとしている美雪

「美雪!?」

「先輩…?」


「七瀬美雪 誘拐事件 ファイル2」

犯人“青ひげ”は金田一はじめを前にして
笑みを浮かべた
(私の正体を暴くコトはできない)
大富豪が招待したのは、はじめだけではなかった
数人の客、その中にはテレビなどで知る
政治家や芸能人の姿もある
「この中に美雪をさらった誘拐犯“青ひげ”がいる!」
憤るはじめ
そんな彼の前に映し出されるモニター越しの美雪
「美雪ィィ!!」
拳を握り締め怒りをあらわにするはじめ


そして、今回のシナリオは…


「七瀬美雪 誘拐事件 ファイル3」

大富豪の懐に、単身乗り込んできたはじめの勇気に
大富豪は敬意を表し、ある提案を出す
女神像コレクションの中から1人だけ蘇生して、
解放してやると…
照明の少ない展示室に案内されるはじめの目の前には
鑑賞用の強化ガラス製の大窓が
その向こう側にはコールドスリープされて作られた
数十体の女神像が飾られており、その最前列には…
美雪とフミの像が!!
そう、解放が許され、はじめの元に帰れるのは、
美雪かフミの、どちらか1人だけ…!

究極の選択を強いられたはじめ
(考えろ、はじめ…きっと、ふたりとも救う方法が
あるはずだ…イヤ、全員を助ける方法が!)

「なあ、青ひげ…ひとつ提案がある」

はじめの瞳はモニター越しの
見えない相手の顔をにらみすえている
それは苦肉の策なのか、はたまた
絶対的な自信によるものなのか…



次回「七瀬美雪 誘拐事件 ファイル4」
美雪!フミ!お前たちは
必ずオレが助けてやる!
名探偵と云われた、
じっちゃんの、名に懸けて!
スポンサーサイト
傲慢の罪・エスカノール改

「自分より弱い者に、“憎しみ”を抱くはずがないでしょう?

             抱くのは、“憐れみ”」


『七つの大罪』テレビアニメ第2期、好評放送中!




『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。

エスカノール
声 - 杉田智和
闘級:15(魔力5/武力5/気力5)~測定不可能
〈七つの大罪〉の一員で、通称
「〈傲慢の罪(ライオン・シン)〉のエスカノール」。
ピーク時の闘級は他の〈七つの大罪〉の闘級の合計を
軽く凌駕する。

(関連記事引用)


イラストは
傲慢の罪エスカノール(様)のイメージ

団長のメリオダスですら勝てなかった
〈十戒〉「慈愛」のエスタロッサは
憎しみを抱くと傷つけるコトができない戒禁を持つ

要は倒すコトを目的とする者は
彼に触れるコトすらかなわない
と云うコトだな
なるほど、誰も勝てんわけや!
と思っていたら…

エスカノール(様)のセリフはいつも傲慢だけど
そこがしびれる
「エスカノール…様だ」
自己紹介に様をつけるのも
やはり傲慢なせいだろうか?
とにかく強すぎて
“傲慢”という言葉があてはまるとも思えない
単なるうぬぼれじゃなくて本当に実力があるからな

なるほど、憎しみとは己より立場がつよいものに
たいして感じる感情だものな
自分より弱い相手に憎しみを抱く人はおらんわな

「慈愛」のエスタロッサを倒せるのは真昼の彼しかいないか…
あ、エスカノール(様)は夜と昼とで別人と化す
夜はジキルで昼はハイド…的な
まあ、悪人になるわけではないけど性格が凶暴になるからな
で、真昼の彼は強すぎてゲームでいうとカンスト(?)状態
本気を出せば一撃で〈十戒〉を倒せるのに
なぜだろう?
それが傲慢の罪なのだろうな
「キミ弱いから、ボクがラスボスになるよ」
なんて云いそう!



そして…
劇場版『七つの大罪』
「天空の囚われ人」8月18日(土)公開予定!
「悪意の矛先」ルイス改



衛星無料放送にて、
『機動戦士ガンダム00』テレビアニメ好評放送中!




『機動戦士ガンダム00』(ダブルオー)は、
日本のテレビアニメ、およびそれを原作とした
メディアミックス作品群。ハイビジョン制作。
作品タイトルの「ダブルオー」の正式表記は
「00(数字のゼロ2つ)」で
「OO(アルファベットのオー2つ)」は誤りである。
キャッチコピーは
「ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する」

(関連記事引用)



家族を失い
ルイスは無駄死にといったところか…
沙慈が可愛そうだな

民間人を攻撃したガンダムに対する刹那の行動は
あまりに感情的過ぎる
とはいえ、そういったお話は好きだな

ガンダム対ガンダムという構図が実現するとは…

すぐに収まってしまったけど…
ただ、一時の感情で変わるのが人間なので
これが自然な形か

戦争ではなく、一方的な暴力行為によって
失った命…
報復はあらたな憎しみを生む

ガンダムマイスターのネーナが
「幸せな人を見ると許せない」という理由で
結婚式の会場を血の海にしたところに
同意できる私はガンダムに乗る資格はないだろう…
とはいえ、
その圧倒的な力を使うのは、所詮、人間なので…

「私…ガンダムがないと何もできない…」
『南海奇皇』の長女のセリフをもじってみた
ネーナもそうだろう
他を圧倒する力が目立つ作品が
この『機動戦士ガンダム00』の世界なのだと思う

結婚式場を破壊したネーナに対して
刹那の


刹那改



「すべての巨人を駆逐する!」じゃないけど、

「武力介入を開始する」

は、一時の感情だった…
演出はうまくまとめたな!と感じた
全面戦争になるといきなり最終回やからな~
まあ、政治ってそんなもんやけどね
地球の最終回は見たくない
世界の終末
“テンペスト”(魔法少女サイト)は来るのだろうか…
ウマ娘・スペシャルウィーク改

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)


『ウマ娘 プリティーダービー』テレビアニメ好評放送中!




『ウマ娘 プリティーダービー』はCygamesによる
スマートフォン向けゲームアプリ、および
それを中心としたメディアミックスコンテンツ。
略称は『ウマ娘』。

(関連記事引用)


イラストは、トレーナーとスぺちゃんのイメージ

熱血スポコンを思わせる…
トレーナーとはコーチなのだろうか
私はスポーツを知らないので疑問に思う

人間がウマさんの…いや、
ウマさんが人間の姿をしている
という作品なのだろうな

なぜ女性しか存在しないのかわからないけど
深く考えない人類のための…
私も酔った時間に視聴しているので
楽しませていただいている
その本気のレースは、まるで
『ドラゴンボール』の界王拳、
『ワンピ』のギア2の世界だな
『ナイトライダー』のキットや
『サイボーグ009』の加速装置も思い出すな…
早送りやろ!…っと失礼


そして、こちらが
準主役のスズカさん



約束改



スペシャルウィークが最も慕っている先輩…


このお話は史実に基づいて作られたらしいけど
私は競馬とか知らないので
最後まで視聴して真偽を確認したいと思っている


トレーナーが終始銜えているのは一体…
どうでもいいところが気になって
しょうがなかった
タ○コではなく、飴である…のが事実
とはいえ、『ワンピ』のサンジのコトもあるし…
まあ、『ウマ娘』は視聴年齢制限のある内容なので
飴にする必要もないような…
神聖な職場で
ガムをかむ野球選手のようなものなのだろうな
赤信号、みんなで渡れば怖くないし…
右に倣え!的な


「調子に乗んな!」
スペちゃん、ノッてるね~
オスカル様相手に・・・
もっとフランス語勉強しとくべきだったか
そんな天然だからこそ面白い!
熱血スポコンアニメだ
お蝶婦人はスズカさんなんやろな
シャーロット・リンリン改

        「お菓子を持って来ーい!」


『ONE PIECE』テレビアニメ版
「ホールケーキアイランド編」好評放送中!




『ONE PIECE』(ワンピース)は、
尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。
略称は「OP」「ワンピ」。

(関連記事引用)


いまさら紹介するまでもないが
海賊が主人公の珍しいお話『ワンピース』

“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”
そして、「海賊王」なんだけど、
このお話は現在の主人公ルフィの次世代まで続くのだろうか

イラストは
海賊シャーロット・リンリンのイメージ
というか、私の姿だな
髪の色は黒だけど
あ、ソフトクリームは原作では持っていないので…

それにしても、とんでもない過去を持っているな
一番大好きなお菓子よりも、さらに大事な
マザー・カルメル…
偉大なる母親

のろわれた子供として親に捨てられたリンリンを
育ててくれたカルメルは彼女にとって
神のような存在なのだろうな
なんかサンジの過去に似ているけど…
世の中、悪い親、多すぎる!
そんな不幸な方が多い『ワンピ』だからこそ
感動するのだろうな

結局、幸せなのは今のところルフィのみか
好きなコトをして生きるなんて理想だな
まるで私でもあるけど…

みんなが幸せの絶頂にあった
お茶会が最悪の事態に…
マザーが悪人でよかったな


マザー・カルメル改


こちらはその悪人マザー・カルメルのイメージ
ちなみに、原作にこのようなシーンはない…
マザーの声優さんは平野文さん
私のなかでのイメージは『うる星』のラムなんだけど、
カルメルはそんなお色気キャラではないので
私の絵では、平野さん的な服に変えている
(元はシスターの格好なので肌の露出はない)
あ、タバコは銜えている
『ブラクラ』の暴力教会だっけ?
あれは子供を育てているわけではないので問題ないけど
マザーは子供と生活しているからな~
プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数