FC2ブログ
宝島2019改

 「ベンボーったら、リリーのコトがよっぽど好きなんだ!」


『宝島』放送中!!




『宝島』は、日本テレビ系列局ほかで放送されていた
東京ムービー新社製作のテレビアニメである。全26話。
日本テレビでは1978年10月8日から1979年4月1日まで、
毎週日曜 18:30 - 19:00 (日本標準時)に放送。

(関連記事引用)


原作はスティーブンスン!
音楽は、羽田健太郎氏!
作画スタッフは『家なき子』!
とくれば、シャーセの最高形ってヤツだな

海賊を嫌う少年ジム・ホーキンズ
彼の夢は、父親のような船乗りになるコト
親は大変だな…悪いコトはできん

ジムは、海に出るコトができた!
ついに夢が叶ったのだ!
その船に片足のコックが船員としてやってくる
私も好きなシルバー(船長)である
彼のいいところは、お宝よりも、ジムのコトを
気にかけている…実は○○

オウムのフリントは、シルバーの相棒
大海賊フリントは名前しか出てこないが、
もう『ワンピ』の海賊王ロジャーの感覚だな

かもめのパピーがお気に入りのキャラだが、
悪人なんて、そうそういないもの
お酒に逃げていた副船長なんて、まるで私だ
幽霊船は見たコトはないけど、果敢にも幽霊に
向かっていくシルバーの行動は、勇気と云うよりも断罪?
死に場所を求めている…そんな風に見えた

イラストは、ジムとその相棒ベンボー、
そして幼馴染リリーのイメージ
ジムの手には、リリーから渡された銃が見える

ジムの住む町の一番のお金持ち
トレローニおじさんの船での船旅も、終わりを告げた
目的の島“宝島”に到着したのだ!

ジムの気がかりは、大好きなシルバー…
物語前半のクライマックス!

「ただ~ひとつの~あこがれだけは~♪」

羽健センセーのOP・EDテーマもそのままで
後半へ突入や!!
スポンサーサイト



エンジェルビーツ(ガルデモ)改

     「無限に生きたい♪無限に生きられたら♪」

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)



来年10周年!!
『Angel Beats!』テレビアニメ再放送、放送中!




『Angel Beats!』は、P.A.WORKS制作による
日本のオリジナルテレビアニメ作品。全13話+特別編2話。
略称は「AB!」、「AB」など。
キャッチコピーは「――神への復讐。その最前線」。

(関連記事引用)


ゾンビものが好きな私にはたまらん
『Angel Beats!』
心臓を撃たれても生き返る世界…
まあ、死んでいるからな
そして、主人公たちの敵は天使…
すでに意味不明なお話
そこがええんやろうな~

イラストは、
EPISODE.03「My Song」より、ガルデモライブのイメージ
ボーカルの岩沢の歌は、沢城みゆきさんではないらしい…
最近見たアニメ『キャロ&チュー』でも、
そうだったが、流行なのか…残念でならない
『バンドリ』のようなユニットに憧れる

アニメ本編でのカットをそのまま参考にした
今回のイラスト、
左から、関根、入江、岩沢、ひさ子
衣装は私の好みで変えている

このライブのあと、岩沢は成仏する…

私が最も好きな回だ

夢を叶えたら、終わる人生は
それはそれでよいのではないかな?

そうすると、夢を叶えられない人は永遠の
苦しみを味わうコトになる

エンディングでは、天使以外の登場人物が並んでいるが
第3話のエンディングでは彼女が消えている…
『進撃』の単行本の裏表紙もそうだが、
なにか切なさを感じる演出だな


私のイラストでは、マイクを省略している
楽器も細部を省略しているな…ドラム適当過ぎ!
で、そんな楽器の話だが、
気になっているのは、楽器をどこから持ち込んだのだろう
銃とかもプログラムするだけで
作れるようだが、ガルデモのそんなシーンはない

第4話以降も、岩沢のようなキャラがでてくる
夢を持っていて、成仏するのかと思っていたら、
見事に期待を裏切られた…
私にとっては、この第3話が最終回である

私は、ただ無限に生きたくはない
よほど毎日が楽しいのだろうな
岩沢は、成仏したあとも
大好きな歌を歌い続けているのだろうか…
聖戦士ダーナ・オシー改



今回は、
『聖戦士ダンバイン』より、
ダーナ・オシーと聖戦士マーベル

私のお世話になっているブロガーさんが
記事にされていたので描いてみた
特にイベントがあるわけではないので…




『聖戦士ダンバイン』は、1983年(昭和58年)2月5日から
1984年(昭和59年)1月21日まで
名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系列で、
毎週土曜日17:30 ‐18:00に全49話が放映された
日本サンライズ制作のロボットアニメである。

(関連記事引用)


イラストはメインヒロインのマーベルと
その搭乗メカのイメージ

マーベルは陽気なアメリカンではなく
らしくないキャラである
彼女の操るオーラバトラー「ダーナ・オシー」も
最初のシリーズなのでデザイン的には甘いところがある
同時期に開発されたアの国の「ドラムロ」の場合
量産モデルなので、その辺はしっかりしている

オーラバトラーは昆虫をイメージしたメカである
それなのに、
「ダーナ・オシー」の悪魔のような頭部はおもしろい
まあ、、虫が剣を持って戦うんやからな~

イラストでダーナ・オシーと対峙しているのは
主人公のショウ・ザマ
物語上ありえない場面である…
『ゼノギアス』ならメカ対人だけどね

ダーナ・オシー以外のオーラバトラーは
すべて描いたので、これで最後やな

処刑ライダー(ターボ・インターセプター)改

   (画像をクリックしてください。全体が見れます)


映画『処刑ライダー』を
久しぶりに視聴したので描いてみた




『処刑ライダー』(原題: The Wraith, 「生霊」)は、
1986年製作のアメリカのカーアクション、サスペンス映画。

(関連記事引用)


悪の親玉パッカードは、己の目的の為なら
手段を選ばない、典型的な悪役!
暴走族「ロード・パイレーツ」のリーダーでもある

そのキャラが、印象的で、自作ストーリーの
登場人物に選んだコトもある(使用したのは名前のみ)

ターボ・インターセプターが、あまりにカッコ良すぎて、
そのデザインも、他には類を見ない形状
黒のスポーツカーはめずらしくもないのに、
この車が一般道を走っていると目立つだろうな

パッカードの愛車コルベットも、私の好きな車だ
コルベットは、やはり白だな
主人公の車は、黒がいい
『ナイトライダー』のナイト2000は、
黒光りしているゴキブリのようでカッコイイ!

暴走族の車に衝突して爆発させる
バラバラになった主人公の車は元の形に戻る…
なんか、せこい勝ち方だな
主人公とは思えん
とはいえ、ひどい目に遭わされたから、
暴走族連中も、彼のコトは非難できないだろう

宇宙からの光によって蘇った主人公が、
第2の人生を歩むお話にしては暗すぎる
復讐の為に再び生を宿ったなんて、あんまりだ
が、しかし、それだから面白いのだろうな
パッカードの見せ場もあったし、
ラストは不思議なハッピーエンド(?)である

ま、私としてはターボ・インターセプターの
姿をもっと見たかったけど、まさか実在する車とは
思わんかったな…
『バロム1』のマッハロッドなんて、公道を走る時だけ
ナンバーがついてたっけ
プロペラがついていても行動は走れるんだ!と思った
ベースになった車はなんだろう?
もはや原型をとどめていないな…
ターボ・インターセプターは、
1984年に発表されたコンセプトカーらしいが、
衝突すれば、もちろん壊れる
弾丸も弾き返せない…
まあ、見た目やな
ゴキブリはキライだけど、そのフォルムはいい

『処刑ライダー』という邦題は、原題よりピッタリだと思う
けど、その響きは気持ちのいいものではない
『ゴーストライダー』という映画もあったような…??
サザエさん50th改



『サザエさん』テレビアニメ放送50周年!!





『サザエさん』は、漫画家長谷川町子の代表作
『サザエさん』を原作とするテレビアニメ。

2019年で放送50周年を迎える、
世界で最も長く放映されているテレビアニメ番組として
ギネス世界記録を保持している番組である。

(関連記事引用)


『サザエさん』を50年間欠かさず視聴している方は
いらっしゃるのだろうか…
制作者の方でも、50年間続けられている方は
いらっしゃらないだろう

私が一番気になるのは声優さんだ
主人公のサザエさんと、タラちゃん以外は
声優さんが代わってしまった
50年間続けるコトだけでも大変なのに、
その声を変えるコトなく演じるのは神業とも云える
ところで、タマの声優さんは誰だろう?
イクラちゃんも似たようなものだが…

イラストは、サザエさん一家のイメージ
原作絵はアニメ絵とは、まるで違うので
その中間をとった
サザエの服は、私の好みが入っている
アニメでは、いつも同じ服を着ている印象があるが
原作では、いろんな衣装があるようだ
タラちゃんの前掛けのワンポイントは
好みでクマさん(プーさん)に変更している

それにしても、サザエの髪型は『男塾』の松尾でも
使われていたが、くせがありすぎて
現実でこのような髪型の人を見かけたコトがない
50年間この髪型が変わらなかったのもスゴイと思う
変えたら誰か判別できんからかも…

そしてなにより、50年前とおなじ年齢を続ける
『サザエさん』の登場人物たち
これが現実なら、タラちゃんも波平の年に、
波平は100歳越えた長寿になってしまう
波平の声優さん(永井一郎)が、100歳になった時の
お話をしていたコトがあったっけ

云ってはならないコトかもしれないけど、
波平の頭のてっぺんの髪の毛は
なんのためについているのだろうか気になる
おなじく『男塾』で塾長のネタに使われたコトもある

いまどき丸坊主の小学生はおらんな
カツオも50年間バリカンで刈りつづけたのだろうか…
ワカメも女の子なのに、かりあげでかわいそう

『サザエさん』の番組の内容は、サザエ一家の日常で、
まるで変化のない平凡な毎日を送っているように見えるのだが
私の書いている日記の内容とはまるで違う
“面白い生活”“不幸ごとの一切ない世界”

それだけ現実的ではないと云うコトか…
ネバーランドや、竜宮城から帰還した
カツオのセリフを聞いてみたい
「ねーさん、冬休みにまた行ってくるね」
な感じだろうな…
プロフィール

片P

Author:片P
ヲタ番長の片Pっス!

只今、ブロとも、ヲタ友募集中なり。
全国の猛者ヲタよ、ここに集え!!

みんなよろしくーー☆

最新トラックバック
訪問者数